音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙 ~ 親愛なる子供たちへ
2011年04月20日 (水) | 編集 |
手紙 ~ 親愛なる子供たちへ(詠み人知らず)

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうか そのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話す時に 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいてほしい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本の暖かな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
悲しいことではないんだ
消え去ってゆくように見える私の心へと
励ましの眼差しを向けてほしい
楽しいひとときに 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを嫌がるときには思い出してほしい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
悲しいことではないんだ
旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げてほしい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえできなくなるかもしれない
足も衰えて立ち上がることすらできなくなったら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせてほしい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないでほしい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのは辛いことだけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていてほしい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気が湧いてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添ってほしい
あなたが生まれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい
私の子供たちへ
愛する子供たちへ


☆歌誕生の軌跡☆
2年ほど前。一通のメールが、樋口了一の友人である角智織の元に届いた。それは、ポルトガル語で書かれた散文のような詩であった。角はその詠み人知らずの詩に感銘を受け、訳し、樋口に見せた。樋口は故郷に両親を、そして子を持つ父親として、圧倒的なリアリティを感じる。
数日後、樋口は「あの詩を歌にしたい」との思いを角に伝え、言葉に導かれるままに曲をつけ歌にした。「この歌は、この言葉を必要としている人に、自ら歩いていくような曲」と樋口は言う。
昨年、こころのポストに届く手紙(うた)と信じて、ライブで歌い始める。
『手紙 ~親愛なる子供たちへ~』は、今年日本人の心を最も動かす歌として、聞く人の心に響き、届き、感動の涙を誘っている。

..........................................................................

お久しぶりです。
知人から上記の素敵な詩を送っていただいたので、是非、皆さんにも読んでいただきたいと思い、更新してみました。
日本で流行っているそうなので、もうご存知かもしれませんが♪

先月の災害以来、いつも、日本の明るい未来と、被害に合われた方が一日も早く立ち直れるよう、お祈りさせていただいています。
心から、皆さまの幸せを願っています。
大好きな皆さんへ。
愛を込めて・・・。

おまけ
この記事をアップしたあとで、Youtubeで演奏も見つけました。
日本ではもう、ヒットソングなのですね♪

スポンサーサイト
約束
2010年04月19日 (月) | 編集 |
私はこの世に生まれてきた
ただ、あなたに出逢うために

いつか交わした
永遠の約束

「必ず君を見つけるから」

あれから
どれほどの時が
流れていったのだろう

一人ぼっちで膝を抱え
寂さに震えていたあの日

道に迷って空を見上げると
月が優しく輝いていた

そっと目を閉じて立ち止まると
風が優しく頬を撫でていった

忘れかけていたこの感覚
何だろう
この温かさ

きっとこれは
あなたからの合図

そっと振り返ると・・・
懐かしい眼差し

そこにたたずみ
微笑むあなた

「やっと会えたね」

どんな時も
私はずっとあなたに守られていた

いつの日も
私はずっとあなたに愛されていた

ありがとう
愛を

ありがとう
見つけてくれて

[READ MORE...]
ちょっとだけ・・・
2009年08月04日 (火) | 編集 |

明日から、1ヶ月の夏季日本語講習会が始まります。
これは、「ホリデーのための日本語」とサブタイトルがついていて、重点は旅先での会話になるので、また、新たに授業を準備しなくてはいけません。おもちゃのお金を作ったり、レストランのメニューを作ったりして、楽しくできるといいなって思ってます♪
秋からはまた普通に授業が始まりますが、懐かしい生徒さんたちに会えるのが
とっても楽しみです^^

それに加え、6月からまた全く違った新しい課題というか、使命をいただきました。
これまた初挑戦の分野なので、今のところ、「やったるで~!」という希望と、
「私にできるだろうか」という不安が心の中でぐるぐると渦巻いています。
何かが心の中でガラガラと変わっていっている感触があります。またしても自己変革です。
もっともっと不動心や強い信念の力を鍛えていかなくてはならないようです。

そんな訳で、今、頭の中がバタバタしていますので(笑)、少しブログをお休みしようかと
思います。ここでできた皆さんとのつながりは、私にとって、とっても大切なので、
また復活はしたいと思っています。
秋くらいには新しい事にも慣れて、また皆さんとおしゃべりできたらいいなぁ・・・。
うっ、寂しい・・・
ブログ自体は頻繁に覗きますので、コメントできないかもしれませんが、
皆さんのところには遊びにいかせていただきたいと思っています。
気がむいて、ひょこっと更新するかもしれませんし^^
(スポンサーサイトが上にでるのも嫌なので(笑))

休もうかどうかもすごく悩んだのですが、色んなこと一度にたくさんすると、不器用な私は、虻蜂取らずになってしまうだろうと思ったので、これもある意味で勇気を持って決めました。
今年の始めに、「勇気とチャレンジの年」と抱負を決めましたが、まさしくその方向に動いているようです。 勇気を出すためには、「まず、自分の苦手なことに挑戦し、克服すること」と、学びました。今からしなければいけないことも、決して得意な分野ではないのですが、もう一回り大きな自分になれるように頑張りたいです!得意ではないけれども、多分、やってみるとすごく好きなことのような予感がすごくしているので、この流れに少し身を任せていきます。

皆さんのところには遊びにいかせていただきますので、その時はよろしくお願いいたしますね♪
北海道で出会ったお花たちをアップして、爽やかに、See You~

RIMG0134.jpg

RIMG0136.jpg RIMG0133.jpg

RIMG0073.jpg

RIMG0071.jpg RIMG0069.jpg

RIMG0185.jpg

RIMG0180.jpg RIMG0183.jpg

RIMG0179.jpg

RIMG0187.jpg

私自身はいつでもオープンですので、もし何か用事などがありましたら、
いつでも遠慮なく、メールでもコメントでもしてくださいね~♪
素晴らしい皆さんに出会えたことに、心から、ありがとう~
(お別れじゃないけどね、この機会に、いつもの優しさにお礼です^^)


幸福宣言!
2009年07月06日 (月) | 編集 |
私は、今日
たった今
この瞬間から
幸せになることを
ここに誓います!

過去の出来事
ありがとう
もう充分学んだよ

他人の中傷
ありがとう
もう色々気づいたよ

だからもう
笑顔で
さようなら

私は今
未来に向けて
幸せの種を蒔くから

私は今
光に向かって
飛び立つから

asahi.jpg

*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪


風が吹いたら・・
2009年07月03日 (金) | 編集 |

君が悲しいとき
吹き抜ける風のように
僕はさりげなくやってきて
君に気づかれないように
君の涙を拭いている

tenshi5s.jpg


君が苦しいとき
吹き抜ける風のように
僕はさりげなくやってきて
君に気づかれないように
僕の羽で君を包みこむ

tenshi.jpg


そして
君が幸せなとき
吹き抜ける風のように
僕はさりげなくやってきて
君に気づかれないように
愛の種を蒔いてゆく

tenshi4s.jpg

僕の声は君には聞こえない
僕の存在は君には見えない

それでも
僕はひたすら君を守り続ける
僕はひたすら君を愛し続ける

気が付いてくれなくていい
ただ君の笑顔が僕の喜び
ただ君の幸せが僕の喜び

もし暖かい風を頬に感じたら
それは僕からのメッセージ

もし温かい愛を心に感じたら
それは僕からのプレゼント


小高い丘にのぼってごらん
輝く海を見つめてごらん
果てしなく広がる君の舞台

無私なる愛の風に吹かれる時
限りない幸せをそこに感じる時

その僕の想いを
君からも無限に飛ばせてほしい

君の幸せを祈っているよ

sougen2.jpg

いつだって
愛の翼は
爽やかな風に乗って
世界中を吹き渡っている



ブログ友達のミッチョンさんのイラストをお借りしました。
ミッチョンさん、ありがとう~!!!


*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪

無限の力
2009年06月30日 (火) | 編集 |
君の存在の意味は
なんて大きいのだろう
君の存在の価値は
なんて尊いのだろう

目を閉じて
そっと胸に手を当ててみる
深く自分の内に穿ちいる

感じるだろうか
無限大の自分の存在を
自由自在の自分の存在を

君の思いはどんどん広がって
そして宇宙まで到達する

そこには壁もなく
そこには天井もなく

君の夢をさえぎるものは
何もない
君の理想をさえぎるものは
何もない

大いなる愛と調和の思いが
そこにあるだけ
大いなる智慧と勇気の思いが
そこにあるだけ

自分で自分を限定するのは
もうやめよう
無限界の自分を発見しよう
自分の光を思い切り放とう

大いなる存在と同じ能力が
君には宿っている
大いなる存在と同じ愛が
君には宿っている

そう心から信じた時
無限の力がまた漲ってくる
無限の未来が現れてくる


*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪


大地と空に
2009年06月27日 (土) | 編集 |
今、私がたたずむ
この大地の上で
どれだけの命のドラマが
展開されてきたのだろう

今、私がたたずむ
この空の下で
どれだけの命の想いが
駆け抜けていったのだろう

遥かに過ぎ去った過去にも

笑顔があった
涙もあった

喜びがあった
悲しみもあった

愛があった
憎しみもあっただろう

過去から未来へと流れ行く
様々な想い
今も確かに息づいている

その想いの上に
私たちの現在が成り立っている

そして、今この瞬間にも
私の想いは
未来へ向けての
遺産を創造している

果てしない過去から
現在を抜け
遠い未来へと渡ってゆく
様々な想い

それは全く別個のように見えながら
全ては一本の糸でつながっている
全ての思いが互いに絡み合っている

その思いを
大地はずっと受け止めてきてくれた
空はずっと見守ってきてくれた
大地と空だけが知っている
幾千万の命の想い

この想いが
未来に何かを残せるのなら
たとえその姿を
見ることができなくとも

せめて私は
この大地に優しい花を植えて歩こう
この道を通る人が
みな幸せであるように

せめて私は
この空に愛の羽を飛ばしていこう
この空を見上げる人が
みな幸せであるように

限りない
永遠の祈りを込めて・・・


*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪

安らぎの瞬間
2009年06月24日 (水) | 編集 |
そんなに急いでどこへ行くの?
君はとても疲れてるように見えるよ

そんなに急いで何を探しているの?
まだそれは見つかっていないようだね

あんまり慌てて歩いていると
大切なものを見失ってしまうよ

ちょっと立ち止まってごらん

ほら、道端の可憐な花が
君に挨拶しているよ
ほら、木の枝で小鳥が
君のために歌っているよ

そよ風が優しく
君の頬をなでているね
太陽が暖かく
君の心を照らしているね

見渡せば
空を流れる白い雲
風に揺れる木々の葉
小川のせせらぎ

全てが光を映しキラキラ輝いている
全てが自らの命を謳歌している

時がゆっくりと流れていく

ずっと忘れていた
この安らぎ
この幸福感

ここは魂の故郷だろうか・・・

そして
ずっと君を見守ってきた
たくさんの瞳が
君にむかって微笑んでいる

両手を広げて
君を待っている
君を迎えている
やっと気が付いてくれたねって

だから
ほら、少しお休みなさい
温かい愛にたっぷり包まれて


*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪
朝の天使 夜の天使
2009年06月21日 (日) | 編集 |
明けの明星瞬いて
空に薄明かりが広がり始める。

穢れのない冷たい空気。
穢れのない人の心。

立ち込める静けさ。

まだみんな眠っている。
もうすぐ始まる躍動の時。

天使がそっとやってきて、
世界に愛をまきちらす。

今日もみんな幸せであれと。
今日もみんな優しくあれと。

そして光輝く時を祈る。


夜の帳(とばり)が降りてきて
空に一番星が光るとき
天使がそっとやってくる。

家路を急ぐ君を見つけて
優しく肩を包み込む。

今日も愛を与えることができたね。
今日も優しくすることができたね。
今日も許すことができたね。

そして
今日も多くの人の愛に包まれていた。
感謝の想いが溢れていた。

躍動する空気を
躍動する命を
再び聖なるものに。
祈りの時のように。

愛と光に包まれて
再び静けさがよみがえる。

君は自然とひざまずき
そして頭(こうべ)を垂れる。
報恩の瞬間。
至福の時。


君も会えるよ。
ほら、目を閉じて
心を澄ませてごらん。
僕はいつもここにいるよ。



*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪

永遠の旅人
2009年05月02日 (土) | 編集 |
永遠の時をつらぬいて
流れ続ける真理
駆け抜ける愛

滔々と流れる黄金の大河のように
キラキラと輝く無私の風のように

永遠の時の中に投げ出された
ちっぽけな私

遠い過去から
果てしない未来へ
この大河の中を漕ぎ渡ってゆく
この風の中を吹き渡ってゆく

たとえちっぽけな私でも
宇宙と同じ想いが宿っている
宇宙と同じ価値が宿っている

私の中に宿る永遠
それは私の心
それは私の愛
悠久の時をかけて
ずっと育んできた

今、またこの時を生きている
あなたと共に生きることができる
かけがいのない時間
輝ける一瞬
溢れ出る喜びと感謝

この瞬間を光に変えて
愛を振りまいていこう
永遠の旅人よ!




[READ MORE...]
間もなく復活
2009年01月03日 (土) | 編集 |
↓の記事に、たくさんのコメントをいただき、本当にありがとうございました!
とっても嬉しかったです^^
実は、不覚ながら、元旦の早朝より熱を出してダウンしていました。
そんな訳で、コメントのお返事が遅れていてごめんなさい。
38度~最高39,5度の間をいったりきたり・・・。
前に熱を出した記憶があるのは大学生の時だから、かれこれ20年以上振りで・・・。
これぞ正に、鬼の撹乱です(笑)。
体はだるいのですが、意識はしっかりしていますので大丈夫です。
それに、こんなに優しくしてもらっていいの?と思うくらい、旦那さまが面倒をみてくれているので、とっても幸せ
昨日、病院で出してもらった抗生物質がかなり効き始め、今日は37度代に落ちました。
Megiさん、間もなく復活しま~す
ありがとう~!!!
2008年11月18日 (火) | 編集 |
前の記事にたくさんのコメントをいただき、本当にありがとうございました~!!!
長い記事にもかかわらずしっかり読んでくださったうえ、励ましやアドバイスなどを下さり、本当に感謝の思いでいっぱいです。
お一人お一人のコメント、しっかり読ませていただき、胸に深く刻みました。
皆さんの温かいお言葉に、ウルウルっとなってしまったこともしばしば・・・
本当に嬉しかったです。

今、ちょと色んなことが重なってバタバタしています。
少し遅くなってしまうかもしれませんが、皆さんからただいたコメントには必ずお返事させていただきますので、少しお時間をくださいね~!

ブログやっていて本当によかった^^
元気や勇気、いっぱいいただきました。
優しい言葉と愛を、本当にありがとう~!!!
私ってやっぱりすごい幸せ者だっ 

CIMG3952.jpg
実家で咲いていた小菊です。
お詫び
2008年11月06日 (木) | 編集 |
たくさんコメントをいただいているのに、お返事が遅れていて申し訳ありません。
ちょっとインターネットの調子がいまいちで、重いというか、1回1回開くのにものすごい時間がかかってしまっています。
メールも、何度も「送れません」「開けません」と出てきます。
しばらく放っておいたので、ストライキでしょうか・・・?

申し訳ありませんが、PC君がもう少しご機嫌よくなるまで待ってくださいね~!
合間を縫って、つながりがいい時にはなるべく、ご訪問やお返事をさせてただきますね。
本当にすみません。

みなさんの温かい言葉に感謝しています。
本当にありがとうございます!


いじめから子供を守ろう!
2008年10月08日 (水) | 編集 |
ブログ友達のうにょごろーさんのところへご訪問したところ、とても大切なことについて書かれた記事に触れました。
「いじめ問題」についてです。
先日開かれた、「いじめから子供を守ろう!シンポジウムin広島」へ行かれたそうで、その時の内容を完結にまとめてくださっています。興味のある方は、是非、この記事を読まれてください。

oka.jpg


[READ MORE...]
Spring Out
2008年10月04日 (土) | 編集 |
ブログ友達、「湧いてます」のミッチョンさん(時々私がお借りしている可愛い天使のイラストを描いている方です)が、今、『Spring Out』という連載小説を書かれています。
tenshi.jpg tenshi5s.jpg
最近、初めてそれを公表され、私も読ませていただいたのですが、これが面白い!!!
美しい言葉、美しい描写で、とても神秘的な世界へと誘ってくれます。
まだまだこれからも続きます。ワクワク、ドキドキですよ~!
興味のある方は、是非是非、遊びに行ってみてくださいね~^^(小説は、別ブログに掲載されていますので、上記URLから、飛んでくださいね)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。