音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッポロエベツ!?
2009年07月25日 (土) | 編集 |
日本語のクラスに、日本人の奥さまを持つ若者が一人いるんですが、なんと、その奥様のご出身は北海道なんです!そんな訳で、旦那様である彼も、毎年一度は北海道に行くそうなので、ある日、休み時間にちょっと聞いてみました。

「ねぇ、北海道に行ったらどこかに観光に行くの?」
「うん、そうだよ、小樽とか、洞爺湖とか・・・、あっ!ノッポロエベツにも行ったよ!」
「えっ?ノッポロエベツ???」

実は、私の実家がある街は江別市といい、野幌という地区もあるんですよ。でも、観光地でもなんでもない普通の住宅地。え~~~!何見に行ったんだろう???強いて言うと、100年記念塔と、大きな原生林があるので、そこに行ったのかと聞いてみると・・・。

「う~ん、違うなぁ。ほら、鬼がいる温泉だよ。地獄もあるところ」

鬼がいる温泉・・・・。地獄のある有名な観光地・・・。
さんざん頭を悩ませたあげく・・・。ハッ!

「それって、もしかして・・・、ノ・ボ・リ・べ・ツ、のぼりべつ、登別!?」
「そう、そうだよ。ほら、入り口に鬼が立ってるでしょ!」

は~っ、これで納得です。登別なら、別府、草津と並ぶ日本最大温泉地の一つで超有名ですものね~。ホッ。
それにしても、どうしても「ノ」の後に、小さい「ッ」が聞こえてしまって、中々分かりませんでした。主人曰く、江別市民の私しか間違えない聞き違いだろう、と言ってました。確かにそうかもね(笑)。

・・・という前置きがあったからって訳でもないのですが、せっかく主人も今回北海道に来てくれたので、ちょこっと登別に行ってきました。入り口の鬼は、車で通り過ぎたため、写真が撮れませんでしたが、地獄谷はいっぱい撮ってきましたので、もしよかったらご覧下さい。


CIMG6126.jpg
ここは、登別の観光地、「地獄谷」と呼ばれている所ですが、確かに、岩肌がむきだしで、
あこちから湯気がたっていて、ちょっと異質な雰囲気です。

CIMG6132.jpg CIMG6130.jpg
でも、その岩も、色がピンクっぽかったり、紫っぽかったりで、なんだか綺麗です♪
石灰分を含んだ小川も青白くて、こちらも好きな色です。
なんと言っても、そこら辺中に漂っている石灰の匂いが温泉地っぽくってとってもいい匂い。
くんくん

CIMG6111.jpg
おやっ、なんだか可愛いトイレが!
中に入ってみましたが、鬼はいませんでした(笑)。
それとも、ここに入る人が鬼なのか!???

CIMG6116.jpg
敷地内の山を登れるのですが、これが上から見た裏側の大湯沼。

CIMG6118.jpg CIMG6120.jpg
こちらが、↑の一番目の写真の渡し橋です。

CIMG6119.jpg 
山の途中。

CIMG6128.jpg CIMG6131.jpg
あちこちから煙が噴出しています。

CIMG6136.jpg CIMG6134.jpg
これは、源泉を掘ったもののようです。
最初は静かなのですが、数分おきにこのお湯がものすごい勢いでぼこぼこ音をたてて沸騰します。それは確かに、地獄の鬼の釜に見えなくもない(笑)。

CIMG6133.jpg

CIMG6144.jpg
車で、反対側の大湯沼に来ました。

CIMG6147.jpg CIMG6151.jpg
ここの源泉は、一番熱いところだと、130度もあるそうな。

CIMG6152.jpg
「奥の湯」、という響きが、なんだか秘境~!って感じでいいですね♪

CIMG6156.jpg CIMG6157.jpg
下の煙は湯の煙、上の煙は雲です(笑)。

CIMG6036.jpg
登別へいく前の日は、支笏湖に行きました。

CIMG6037.jpg CIMG6049.jpg
お天気はいまいちでしたが、なんだか神秘的な顔を見せてくれました。
ちょこっと天使の梯子が見えたのですが、うまく撮れなかった・・・。

CIMG6069.jpg
私の両親と、主人と家族で1泊旅行をしたのですが、泊まったのは、登別ではなく、
そこから車で1時間くらいの「北湯沢温泉」というところでした。

CIMG6078.jpg CIMG6081.jpg
ホテルの裏山を散策しました。山の中のチャペルがステキです♪

CIMG6082.jpg
えっ!茶色い川?底の石が赤茶けています。

CIMG6085.jpg CIMG6087.jpg

CIMG6091.jpg

CIMG6094.jpg CIMG6098.jpg
こんな可愛いモニュメントがたくさんありました。
ツツジはもう、散る時期だったようです。

CIMG6102.jpg 
北湯沢からオロフレ峠を越えて、登別へと向いました。

CIMG6100.jpg CIMG6104.jpg
峠の風景。

CIMG6178.jpg CIMG6179.jpg
最後は、白老という街にあるアイヌ村に寄ってきました。
短い家族旅行でしたが、自由きままに好きなところへ行き、美味しいものをいっぱい食べて、
とっても楽しい旅でした♪


スポンサーサイト
帰ってきました!
2009年07月12日 (日) | 編集 |
日本から帰ってきました~!
・・・と言っても、実はもう、5日ほど経つんですが・・・(汗)。
時差ぼけやら、片付けやらで更新がこんなに遅れてしまいました。

日本は、とっても楽しかったです♪
美味しいものいっぱい食べすぎてかなりの体重増・・・
また、少し制限しないと(笑)。

今、主人が音楽祭の仕事でザルツブルクに行っており、私のPCを持っていっています。
なので、写真などのアップができないので、また改めて日本の様子をレポートしたいと思います。
色んなこと経験でき、素晴らしい人たちに出会え、感動や刺激をたくさん受けた本当に実り多い、楽しい滞在でした。
信念を持つことの大切さ、そして、夢や希望に向って突き進んでいく勇気。
そこにあるのは、多くの人の幸せという理想。
そんなことを学んだ日々でした。
あ~、生きてるって素晴らしいですね!
ワクワクします^^

帰ってきたら、ネコたちが甘えまくりでした^^
寝ても覚めても、ずっと側を離れないって感じです。
ホント、癒されます♪

なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、取り急ぎ、帰国(ん?何か変だ(笑))のお知らせでした♪

近況報告
2009年03月14日 (土) | 編集 |

またまた更新が滞ってしまいました・・・ もしかして、元気かなぁって気にかけて下さっている方もいらっしゃるかもしれませんので、ちょっと近況報告です♪
日本語の授業が週2回になり、その準備で気持ちだけバタバタしています(笑)。あと、ちょっとしたセミナーを企画してみたり、旅に出てみたりと楽しい毎日を送っています♪

そうなんです。先週末、ドイツに行ってきました!
目的地はこちら↓↓↓(これだけじゃ、分かりませんね(笑))。
CIMG5079.jpg
デュッセルドルフです。ここは、ケーニッヒス・アレー(王様の並木道)と言って、
デュッセルでは一番有名な通りだそうです。

ここにも、セミナーを受けにいったので、ほとんど観光はできませんでしたが、
2日目の午後に駆け足で1時間ちょっと、友人達と旧市街を回りました。

CIMG5074.jpg
お天気が今一だったので、写真が暗い~!!!こちらは、旧市街の中心にある
「マーティン・ルター教会」。あの有名な宗教改革者ですね♪

CIMG5076.jpg
教会の前には、お祈り中の天使さん

CIMG5084.jpg
旧市街の歩行者天国から、先ほどの教会を眺める。

CIMG5089.jpg
素敵な看板、見~っけ♪ ビール屋さん?

CIMG5090.jpg
さすがビールの本場ドイツです。3月と言えどまだまだ寒い気温ですが、
こうしてしっかり、外で、冷た~いビールを飲んでいますよ~!!!

CIMG5101.jpg
そこで私たちも早速実地体験!さすがに外は寒いので、中でビールを楽しみました
どうやら黒ビールが主流のようですが、ちょっと苦味があってとっても美味しかったです♪
中もすごい人でした!日曜の昼からよく飲みますね~^^ それも、みんなおつまみもなしで、
ビールだけ飲んでいるんですから、ホントすごいです!

CIMG5102.jpg
CIMG5103.jpg
はい、こちら「ライン川」で~す!ドナウ川ではありませんのでご注意を(笑)!

ということで、駆け足でデュッセルドルフの街をご紹介いたしました~!
ご存知の方も多いかと思いますが、この街はドイツの中でも日本企業が一番多く入っていて、街の中には日本のお店などもたくさんあります。私は、ここに来たら、絶対、日本の「ラーメン」を食べて帰りたい~!という夢を抱いていたのですが、なんと!昼に行っても夜に行っても、ラーメン屋さんは長蛇の列!友達もたくさん一緒だったし、これではちょっと入れません。
う~ん、残念!きっとまたちょくちょく来ると思うので、次は絶対に食べるぞ~!!!!!


セミナーの内容に興味のある方は、追記からどうぞ♪

[READ MORE...]
日本の思い出^^
2008年11月27日 (木) | 編集 |
またまた久しぶりの更新になってしまいました~!
どうも私は不器用で、たくさんのことが一度にできないようです(笑)。

順番が全く逆になってしまったのですが、10月の帰国の思い出を少し書き残しておきたいと思います。2週間分を一気にいっちゃいます(笑)。
今回は、ブログで知り合った方たちとコンタクトさせていただけたことが、本当に何より嬉しかったです^^。きっと、ずっとずっとお友達だったのかもしれないなぁ・・なんて思いました^^


[READ MORE...]
ただいま~!
2008年11月02日 (日) | 編集 |
みなさん、お久しぶりでした~!
お元気でしたか?

私は、一昨日の夕方頃、無事にウィーンに戻ってきました。
まだ時差ぼけで、ちょっとぼ~っとしています(笑)。

今回の帰国では、3人ものブログのお友達に会うことができました~!
みなさん、想像したとおり素敵な方たちばかりで、本当に嬉しかったです^^
こうして、インターネットを通して、日本中に、いえ、世界中にお友達ができるって、とっても素敵!
友達の輪が広がりますね^^

実家では、実は母が入院していたので、病院と家の往復、合間を縫ってお買い物、というような生活をしていたので、結局、今回はどこにも行けませんでした。
本当は、母ももう少し長く入院しているはずだったのですが、術後の経過がよく、かなり無理矢理ではありましたが、私が帰る2日前に退院。
少しではありましたが、家でも楽しい時を過ごすことができました。
その母の、入院中の一言。
「幸せって、本当に些細なことなのね。
夜、あまり眠れず、まんじりとしていても、夜が明けて、朝日が射してくると本当に幸せを感じる。
そして、廊下から、若い看護士さんたちの「お早うございま~す!」という明るい声が聞こえてくると、本当に元気が出る」
う~ん、これは実感がこもってましたよ!
幸せって、それに気づけば、本当に小さな出来事の一つ一つの中に隠れているものなのですね!


[READ MORE...]
ザ・番外編
2008年08月30日 (土) | 編集 |
前回で「ザ・シリーズ」終わりかと思われたかもしれませんが、実はもう1回あります(笑)。
今まで、お付き合い下さってありがとうございました~!!!
最後は、番外編。日常のお散歩や、自然をお届けいたします^^

CIMG3259.jpg
ザルツブルクに着いて初日に見た雲。鳥が羽ばたいているような、ハートのような・・・。
あまりに可愛い雲なので、マリーの散歩に出ていたのですが、
慌てて家に引き返し、カメラを取ってきました^^


[READ MORE...]
ザ・旧市街探索編
2008年08月27日 (水) | 編集 |
それでは、旧市街に入りますね~^^
ミラベル庭園を抜けると、すぐにザルツブルクの中心を流れるザルツァッハ川にぶつかります。
sazCIMG3347.jpg
その川を渡る橋の上から見える風景がこれ!ここも私のお気に入りスポットです^^
ザルツブルクを直訳すると、「塩の城」という意味になりますが、
ここは、昔、岩塩の取引で栄えた街だそうです。
1996年には、世界遺産にも登録されています。


[READ MORE...]
ザ・フッシュル湖散策編
2008年08月27日 (水) | 編集 |
フッシュル湖は、ザルツカンマーグート(湖水地方)の入り口。ザルツブルク市内から、一番近い湖です。
ここをかわきりに、ヴォルフガング湖、モント湖、ハルシュタット湖など、
息を呑むような美しい湖と雄大な山の景色が延々と続きます。
ここ、フッシュル湖は、市内に近いため、主人がいつも仕事の合間に訪れる憩いの場所でした。
今回は、私も長く滞在できたため、初めて一緒に連れてきてもらったのですが・・・
とにかくその美しさに魅了されてしまいました~!!!

fuCIMG3297.jpg
車を降りて、山の上から眺めた風景。この一瞬で、もう私は一目惚れです^^
この水の色!これをエメラルド色、と呼ぶのでしょうか・・・。
う~ん、神秘的。

[READ MORE...]
ザ・マリア・プライン編
2008年08月21日 (木) | 編集 |
前回はザルツブルクの街の中をご案内したので、今日は少し郊外へ!
マリア・プラインへ行きましょ~!!!
ここは、市内ではないのですが、主人が借りているアパートから歩いて1時間ちょっとでした。
3キロくらいの距離だったのかな。
それでは、レッツゴ~

CIMG3385.jpg
ウィーンでも思っていたのですが、どうもうちの主人は、素敵な散歩道を発見するのの天才のようです!
ここでも、ほら、こんな綺麗なコースを見つけていました!!!


[READ MORE...]
ザ・ミラベル庭園とサウンド・オブ・ミュージック
2008年08月18日 (月) | 編集 |
では、「ザ(ザルツブルク)シリーズ」始めま~す。
1回目は、前評判の高かった「ザ・ミラベル庭園とサウンド・オブ・ミュージック編」からいきますね^^。


ミラベル庭園

miCIMG3329.jpg
駅からバスに乗って、ミラベル庭園で前で降り、横の入り口から入っていくと、
こんな可愛い「小鳥と少女」の噴水が迎えてくれます。


[READ MORE...]
天使の湾
2008年08月10日 (日) | 編集 |
夏のヨーロッパというと、バカンス~!って感じなのですが、ザルツの記事がまだアップできそうにないので、昔の旅行から私のお気に入りの街ををご紹介します^^
20代の時は、確か1万円くらいで、期間限定ではありますが、列車の旅が何処へでも行き放題でした。そこで、南はギリシャ、北は北欧4カ国、西はポルトガル、東はまだ当時ビザなとが必要だったため、チェコ、東ドイツくらいでしたが、まさか住み着いてしまうとは思っていなかったので、貪欲な旅の虫になっていました(笑)。
色々行った中で、特に好きだった場所ベスト3をあげるとするならば、
3ば~ん、ギリシャの島、エーゲ海が神秘的でたまらない(笑)。
2ば~ん、エジンバラ(スコットランド)、古びた感じにはまりまくりました。
そして、1ば~ん!それが、南フランス!コートダジュールと、その近郊の小さな村が大好きでした。
この3つの場所は、何故だかとても郷愁を誘います。
ず~っと昔、暮らしていたことがあるのかな(笑)???

今日の写真は、3年前に両親が来たときに一緒に旅行した時のものです。
爽やかな地中海の風を送ります^^

nice14_convert_20080810061739.jpg
ニースの海岸線


[READ MORE...]
ザルツブルク予告編
2008年08月05日 (火) | 編集 |
ザルツブルクから帰ってきました~!!!
私は、普段のザルツブルクも大好きなのですが、夏のザルツブルクは、特に大大大好きなんです!
ザルツァッハ川が街を静かに流れ、旧市街の中心の丘の上には、ホーエンザルツブルク城というお城があります。モーツァルトの時代には、「ザルツブルク大司教国」という小さな国だっただけあって、大きなドームや、教会もたくさんあり、古い町並みは、中世の雰囲気を漂わせています。
そして、周りを見ると、アルプスの山が連なり、車で1時間も走ると、あのサウンド・オブ・ミュージックの舞台となった「ザルツカンマーグート」という、山と湖が続く宝石のような美しい景色が現れてきます。


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。