音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また見た♪
2013年04月24日 (水) | 編集 |
またみいちゃんの夢見た♪
わ~~~~~~~い!!!!!

どこかのカフェにいて、みいちゃんはずっと私のお膝の上に。
あ~、可愛かった~。

スポンサーサイト
みいちゃんの夢
2013年03月08日 (金) | 編集 |
今日の明け方、みいちゃんの夢を見ました。
私がどこかのおうちの猫シッターに行くのですが、我が家の3ニャンも一緒に連れていっていました。
どんな夢だったかはっきりとは覚えていないのですが、みいちゃんの可愛いひょうきんさ満開だった感覚は残っています。
色んなことして遊んでました♪

実は、2月28日の明け方にも一度みいちゃんの夢を見ているんです。
その時は、みいちゃんは、大きなお城みたいなお家で飼われていて、もう一匹、私が知らない他の猫ちゃんもいたのですが、すごく仲良さそうでした。
それは、みいちゃんのお空のお家なのか、もう生まれ変わっているという合図なのかよく分からないけど、その時は、「あ~、みいちゃん元気なんだぁ」と思いました^^

夢で会えることを待ち焦がれていたので、どちらの夢も本当に嬉しくて・・・。

RIMG0050.jpg
(↑クリックで大きくなります)

しばらく、ブログを放置していました。
以前、ブログを再開したのは、みいちゃんの具合が悪くなってからで、それ以来みいちゃんの思い出を綴るブログみたいになっていたのですが、去年の12月に1周忌も過ぎ、私なりに自分の思いにそろそろ区切りをつけなくてはと思い、意識して書くのをやめていました。
いつもへたれ記事が多かったですしね・・・^^;。

でもなんとなく、私の場合は、書くのを休んだことが功を奏したような気がします。
みいちゃんはクールで前向きなな性格でしたから、「ママ、早く立ち直って前に進みなさい!」って思ってたと思います。
思い出すときはやはりいつも心に痛みを伴っていたので、みいちゃんも出てきてくれなかったのかなぁ。
厳しい教育的指導です(笑)。

今でも毎日思い出していますが、私の気持ちも前向きになってきました。
そうしたら立て続けに2回も出てきてくれて、「あたしは元気だよ」ってサインを送ってくれたような気がします。
みいちゃんはやっぱりすごいなぁ。
しっかり私の思いを見てくれているんだね^^
どこにいても、たとえ今は会えなくても、魂的にはしっかりつながっているって確信できたので、必ずいつか会えるって信じてまた頑張ろうっ。

みいちゃ~ん、心の中ではずっと一緒だね~^^
色んなこと教えてくれてありがとうね。
世界中で誰よりもみいちゃんのこと大好きだよ~♪

飾りつけ♪
2012年12月22日 (土) | 編集 |
あと2つ寝るとクリスマスですね♪

・・・ということで、我が家もみいちゃんに、クリスマスの飾り付けをしてもらいました~

mi211212.jpg
「よいしょっと・・・。ここはしっかりと留めて~」

mi2112121.jpg
「まぁ~、キレイに出来たわ~ これで、ママも大喜びね。ウフッ♪」
(みいちゃん、まだ数ヶ月くらいの頃の写真です)


mi2112122.jpg
「テーブルの上もキレイにしないとね。
せっせ、せっせ ・・・・・。
あ~っ、この時計は、サンタさんからあたしへのプレゼントだ!!!
ここに、「みいちゃんへ」って書いてある~~~♪」

mi2112123.jpg
「ママ~、クリスマスのチーズクッキーくださ~い!スミラちゃんの分もお願いね~!」
(左側にちらっと、お隣の仲良しスミラちゃんのお鼻が見えてます^^)

mi2112124.jpg
「さっ、これで完璧よ! 皆さんも、楽しくてステキなクリスマスをお過ごし下さいね~♪」
(みいちゃん、1歳半くらいの写真です)

みいちゃんありがとう。
2012年12月08日 (土) | 編集 |
一日遅れてしまいましたが、昨日はみいちゃんの一周忌でした。

mi0712122.jpg

1年前の9月7日にみいちゃんの発病が分かった訳ですが、今年も、その日にちが始まってからは、実はみいちゃんのことは考えないようにしていました。
いえ、正確に言うと、毎日みいちゃんのことは考えていたんですが、例えば、去年の今頃はどうしてたとか、どういう状態だったとかいうことは、意識して頭の中から追い出していました。
まだまだ去年の出来事を追うのはとっても辛かったのです。
たまたまある日、去年のメモを見たら、これもたまたま一番具合の悪い日で、みいちゃんが4回も吐いてしまったという記録を目にしてしまい、その時の姿が目に浮かび、たまらない気持ちになりました。

mi0712121.jpg

その気持ちがまだ痛かったので、思い出すことは避けていましたが、でも昨日は、去年と同じように、寝室ではなく別の部屋にお布団を敷いて寝ました。
去年の12月6日、もう末期症状に近かったみいちゃんを見て、病院の先生より強く安楽死を勧められ(結果論ですが、そのお陰でみいちゃんを看取ってあげることができました・・・)、大泣きしながら承諾し、最後の夜だったのでどうしてもみいちゃんと一緒に寝たかった。
でも、ベッドだとみいちゃんが上り下りするにの高すぎるので床の上で寝たのです。

色んな思いが交差します。
お布団に入るとやっぱり涙が出てしまいました。
みいちゃんの最後の苦しそうな姿を思い出してしまって・・・。
そして、結局はこの3ヶ月間のことをあれこれ考えて・・・。
でも、それでよかったと思っています。
それがみいちゃんの生きた証。
それを見届けてあげられたのは私だけだから。
そしてその事に、感謝の想いがいっぱいです。
看病させてもらえてよかった。
最後まで一緒にいさせてもらえてよかった・・・。

結局、その日はほぼ一睡も出来ず、ぼ~っとみいちゃんのこと考えながら横になっていました。
そして、みいちゃんが息を引き取った5時10分に起き、お香を焚いて優しい音楽をかけてお祈りをしました。

去年の昨日までの3ヶ月間、みいちゃんも私もそして主人もみんな本当に頑張りました。
発病があまりにも突然で、そして発覚した時点で腫瘍はもうすごく大きくて・・・。
お別れまでの時間があまりに早すぎました。

mi0712123.jpg
(2001年7月21日撮影)

みいちゃん、本当に可愛かった。
こんな可愛い仔は他にはいないって本気で思ってた超親ばかでした(笑)。

mi0712124.jpg
(2009年2月14日撮影)
お花が大好きだったみいちゃん^^

mi0712125.jpg
(2009年2月14日撮影)
観賞する、というより・・・

mi0712126.jpg
(2009年2月14日撮影)
食べるほうですけれどね(笑)。

mi0712127.jpg

去年、みいちゃんの事きちんと記録に残しておきたくて、みいちゃんがお空に還ったあと、いっぱいブログに書き綴りました。
それはやっぱり今はまだ実は読めません・・・。
きっともう少し時間が経って私の気持ちもしっかり癒えたら、正面からもう1回向き合えるようになると思います。

でも、あの時に起こった色んな出来事を思い出すにつけても、全てはこう決まっていたんだろうなって思えます。
偶然とは思えない不思議なことがたくさんあった。
だから、みいちゃんは自分の猫生をこの長さで決めてきてたんだって思うことができます。
そのみいちゃんの猫生に私を選んでくれて(多分・・・)、そして、一緒にたくさんのステキな幸せな時間を過ごさせてもらえて、心から感謝しています。

mi071212.jpg

みいちゃん、だから本当に本当にありがとう。
みいちゃん、大好きだよ。

可愛いみいちゃんへ。
みいちゃんを誰よりも愛するママより。

みいちゃんCMシリーズ
2012年11月07日 (水) | 編集 |
前の記事で、みいちゃんは、ひょうきん女王様と書きましたので、今日は、ひょうきんな一面をご紹介♪
CMに出演した(!?)つもりのみいちゃんです(笑)。

Catsan(ネコ砂のメーカー)
mi0711121.jpg
「みんな~、Catsanなら、最後の一粒まで清潔安心で、ニコニコ笑顔よ~^^」

mi0711122.jpg
「ほらっ、おしりもこんなに可愛くなるの~♪」
あの~、いくら何でも袋をぐちゃぐちゃにしちゃって、何の袋か分からないんだけど・・・^^;


Whiskas。日本ではカルカンっていうのかな。
mi0711126.jpg
「ニャ~ハッハ。みんな、Whiskas食べてハッピーになろうニャン♪」


Billa(こちらのスーパー)
mi0711128.jpg
「Billaで買い物をすると、もれなく可愛いあたしがおまけでもらえるよ♪
ちょっと重いけどね・・・。」


飴とキャラメル
mi0711127.jpg
「ニャンズのみんな~!みんなのママにもたくさん飴とキャラメル買わせてね。
ねこじゃらしより面白いよ~~~!」
あの~・・・^^;

みいちゃんがいると、いつも笑いがたえませんでした♪

女王様風
2012年10月07日 (日) | 編集 |
今日は、みいちゃんの日なので、みいちゃんの可愛い写真をアップしま~す♪

みいちゃんの性格は、基本ひょうきんでしたが、結構、女王様的な面もありましたので、その一面を^^

mi0710.jpg
「オ~ホッホッホッ。あたくし、女王ミミですのよ。
今日のあたくしの衣装は如何なものでしょう。
この白黒のデザイン、斬新で素敵でございましょ~。
世界に一着しかございませんの~♪ オホホホ」


mi07102.jpg
「下僕よ、何か用か?苦しゅうない。近う寄れ。
今、あたくしは、いちごバニラアイスを食している最中ですの。
ンベンべ。美味でありまする~♪」


あ~、この我がままさがたまらなく可愛かったです~♪
結婚記念日とみいちゃんの日
2012年09月08日 (土) | 編集 |
昨日はバタバタしていて書けませんでしたが、昨日、9月7日は私たちの17回目の結婚記念日でした。
今日の夜食事に出かける予定ですが、実は去年は、計画していた外食をキャンセルしました。

mi07091.jpg

去年の7日に、みいちゃんの病気が分かったんです。
前日に血液検査を頼み、結果を聞いた日と言ったほうが正しいでしょうか。
その日は、仕事先に主人を迎えに行き、そのまま食事に行く予定でしたが、みいちゃんの結果を聞いた私は、すっかり落ち込んでしまって、もう何もする気がおきませんでした。

その時は腎不全と言われました。
「治療すれば治るんですよね」
「いや、腎臓は一度壊れたら、もう元に戻らないんだよ。
それでも、何年も生きるネコもいるから大丈夫だよ」

その時はこう言われて、かすかに希望は持っていました。
でも、やっぱりお薬もらっても食欲戻らないし、おかしいと思って違う病院に行ったらエコー検査をしてくれて、リンパ腫ということが分かりました。
病院へ連れて行くだけで、みいちゃんはキャリーの中でぐったりしていて、「もしかして重い病気なんじゃないか」と思い、病院の待合室で人目も憚らず泣いていたことを思い出します。
丁度1年前でした。
今でもあの時の事を思い出すと胸が痛んでウルウルしてしまします。

今頃みいちゃんは、どこで何をしているのかなぁ・・・。
元気で幸せでいてくれればそれでいいです。
もう1回会いたい。
もう1回なでなでしてだっこしたいです・・・。

・・・と、へたれ記事はこの辺にして、可愛いみいちゃんの思い出写真をご披露します♪
ねずみのおもちゃが大好きだったみいちゃん。

mi07092.jpg
「ママ~、ねずみちゃん下さ~い!」
「みいちゃん、頭の下にしいてるよ~^^」

mi07093.jpg
「えっ!?」

mi07095.jpg
今日は、夫婦2人でお食事を楽しみたいと思います。
みいちゃんを想いながら・・・♪

777とにゃんこ先生
2012年07月07日 (土) | 編集 |
今日は、7月7日、みいちゃんの7回目の記念の日。
777で、なんだかすごい事になってる♪
やっぱりみいちゃんは、全部計画して決めていたんだなぁ・・・。

mimi777.jpg
今日の記念撮影もお外にしました。
ただ、今ウィーンはすごい猛暑で、連日35度くらいの気温なので、ちょっとお日様浴びて、またすぐ部屋に入れてあげました♪
余談ですが、このバラ、かなりお得に購入できたんですが、すご~~~くいい香りなんですよ~^^
「野バラ」って売ってました。

また今日の事を書くとメソメソ記事になってしまうので、みいちゃんとの楽しい思い出を綴ることにします。

「にゃんこ先生みみ」

RIMG0080.jpg
「ママ、しっかりお勉強するのよっ!あたしがちゃんと見ててあげるからね。
フンフン、どれどれ・・・。」

RIMG0081.jpg
「ほらここっ!間違ってるじゃないの~。しっかりしなさいっ!」

・・・と、みいちゃんに教育的指導を受けていたMegiさんなのでした~。
ハハハ~(^^)v

みいちゃんは1歳くらいかなぁ。
いや、着ているものを見ると冬っぽいから、まだ7~8ヶ月位かもしれない。
ワープロ使ってるし・・・。
どんだけ古いの~っ(笑)。

半年。
2012年06月07日 (木) | 編集 |
今日7日で、みいちゃんが旅立ってから丁度半年が過ぎました。
いつも通り、最後にずっとみいちゃんに聞かせていた静かな音楽をかけて、お香を焚いてお祈りをして・・・。
これが段々と儀式化してきました。
感想もいつもとほぼ同じ。
普段はもう全く普通に暮らしていますが、この儀式をすると、やっぱりみいちゃんのこといっぱい思い出して、切なくなってウルッとしちゃいます。

RIMG0062_01.jpg
こちらも恒例、ちいことお姉ちゃん。
みいちゃんのお花を選ぶ時、どうしてもピンク系に目がいってしまいます。
ピンクが似合う子なんですが、お鼻がほんのりピンクだからかなぁ。

RIMG0074.jpg
今日はとってもいいお天気だったので、きっとみいちゃんがいたら、こんな日は一日中お外に出ているだろうと、ちょっとベランダに出してあげてみました♪
たまにはマリーと^^

RIMG0080_02.jpg
みいちゃ~ん、お日様ポカポカで気持ちいいでしょう~^^

CIMG5422.jpg
2009年4月9日 11歳のお誕生日の日に

RIMG0096.jpg
直射がきつくなってきたので、みいちゃんとお花をお家に戻したら、この子が陣取ってました(笑)。

あ~、でもみいちゃんに会いたいよ~。
だっこしてナデナデしたいです。
どうしていないんだろう・・・。
みいちゃん、大好きだよ~!!!


陽だまりを見ると・・。
2012年05月07日 (月) | 編集 |
今日は5回目のみいちゃんの日。
あの辛かった日からもう5ヶ月かぁ。

mimi7512.jpg

家中にみいちゃんの写真が飾ってあるので、なんとなくいつもみいちゃんと一緒だし、普段は意図して、「みいちゃんがいない」ということは意識しないようにしています。
一瞬でもそう思うと、本当に寂しくなるから。
だから普段の生活は本当に普通に楽しく幸せに暮らしていますが、今日はがっつりみいちゃんとの思い出に浸って、ちょっぴり泣いて、いっぱい色んなこと思い出しました。
この儀式(?)は、私にとってはとっても大切で、みいちゃんとまた深く繋がったような感じがします。
お香を焚いて、音楽をかけて、写真の前でみいちゃんと対話して・・・。

今更ながらずっと気になってたことがあって。
それは、具合が悪くなってから、みいちゃんは固くて冷たい場所を好んで寝ていたこと。
それまでは、暖房にひっついて、ふわふわのソファーの背もたれでしか寝ていなかったのに、急に好きな寝場所が変わってしまいました。

CIMG5122.jpg

これは、病んでいた部分が炎症して熱をもって、それを冷やしたかったのかなぁ・・なんて勝手に思っていますが、他のネコちゃんたちはどうなんだろう。
みいちゃんの闘病中は、色んな方のブログを拝見していましたが、1名の方のネコちゃんがやはり板の間で寝だしたという記事を読んだ記憶があります。
とにかく、寒くないのか、堅くて痛くないのかすごく心配でした。

そんなこんなで、私が寝ている所にみいちゃんを連れてきても、みいちゃんはすぐにいなくなってしまうので、私のほうがストーカーをして、1度は玄関の板の間に、1度はバスルームのタイルの上にタオルケットを敷いて寝ました。
さすがに体いたかったです(笑)。
でも、そうせずにはいられなかったんだよなぁ、あの時は・・・。

それから、最後のほうは、みいちゃんは暗い場所に行くようになったので、慌ててみいちゃんの後を追って電気をつけまくっていましたが、もしかしたら迷惑だったかもなぁ・・・。
あと気になるのは、玄関から外に出たがるようになったこと。
うちはアパートだし、前の廊下が長いので、とにかく好きなことをさせてあげようと思い、出たがったときは出してあげました。
もちろん私も一緒について行きました。
よく、ネコは飼い主に迷惑をかけないように死に場所を探す、と言われますが、みいちゃんもそうだったのかもしれません・・・。
ちょっとウルってしちゃいます。
結局最後は私が抱っこして戻ってきていました。
みいちゃん、何考えてたんだろうなぁ・・・。


最近、こちらも暖かくなり、ポカポカの気持ちの良い日が続いています。
ちいこ、ももちゃんもこんな↓感じです♪

RIMG0178.jpg

RIMG0114.jpg
もも「気持ちいいでちね~♪」

陽だまりを見るとやっぱりみいちゃんを思い出しちゃいます。
みいちゃん、外が大好き、お日様大好きだったから。
きっと今頃は一日中外に出て気持ちよくお昼寝してたんだろうなぁ・・・。
でもきっと今みいちゃんがいる世界はもっと気持ちがいいんだろうね^^

CIMG2123.jpg

楽しく幸せに暮らすんだよ~♪


夢。
2012年04月22日 (日) | 編集 |
明け方に夢。
[READ MORE...]
14歳のお誕生日
2012年04月09日 (月) | 編集 |
今日、4月9日は、みいちゃんの14歳のお誕生日です。
みいちゃん、14歳、心からおめでとう~。
RIMG0001_01.jpg
1998年7月 3ヶ月のみいちゃんが初めて我が家にやってきて、初めて撮った写真。
「フ~、長旅疲れたワン。これからこの家で幸せに生きるぞ~!」

*みいちゃんがうちにやって来たいきさつは、3年前お誕生日の日に書いた「11歳!」の記事に書いてあります。

去年の9月、最初の病院で腎不全の診断を受けた時は、先生が誤診していたこともあり、病気でも2~3年は生きられると言われたので、まさか、14歳のお誕生日を迎えられないとは夢にも思っていませんでした。
血液検査の結果を聞いた日は、私たちの結婚記念日で、主人と食事に行く予定にしていたのですが、みいちゃんが、腎不全であること、不治の病であることを聞いて、とてもお祝い事をしている気持ちにはなれず、食事もキャンセルし、結局、家でみいちゃんと一緒に過ごしました。
その後、やっぱり具合が良くないので別の病院に連れて行ってみたら、リンパ腫であることが判明し、非常に重い病気であることが分かったのです。

それでもみいちゃんは、しばらくの間元気でいてくれて、私は「一緒に14歳の誕生日を迎えたい」と一抹の希望をずっと抱いていました。
リンパ腫の検査の日、待合室で隣で楽しそうに話している人たちの横で、私は、キャリーの中でぐったり寝込んでいるみいちゃんを眺めながら、溢れてくる涙を抑えることが出来ませんでした。
なんだか、自分だけが別の世界にいるようでした。
翌日、エコー検査の診断書には、「腎臓に2,6cmの巨大な腫瘍あり。腸管や他の臓器にも転移している可能性あり」と書かれていました。
それを見たときのショックは今でも忘れられません。
大きすぎるので手術はもう不可能。
薬で化学治療をして、延命するしか治療方法はありませんでした。

RIMG0174.jpg
みいちゃんが最低1回は飲んだ薬やサプリメント

みいちゃんは一生懸命頑張ってくれて、病院で、よく先生にほめられました。
「毛並みがいいですね」
「吐いてないってすごいですね」(普通、リンパ腫だとよく吐くそうなのですが、みいちゃんは3ヶ月間に4回しか吐きませんでした)
「口臭もないですね」
「もう、この病院で治療を始めて2ヶ月以上経つけど、すごい元気ね」
「普通は、あとどれくらいって大体分かるんだけど、みいちゃんの場合は、何とも言えないわ」
「こんなに元気なのは、何か他にも治療しているの?」等々。

これは、本当にみいちゃんの不思議。
2,6センチの腫瘍といったら、単純に人間と比較すると26センチの腫瘍です。
そんなに重病の割には、最初は体重もキープしていたし、ベテランの先生たちがこんなに驚くほど症状が出ていなかったことになります。
みいちゃん、やっぱりすごいよ!!!

それでも11月に入り、体重が減りだしてからは段々と元気もなくなり、11月の中旬頃には、「一緒に年越せるんだろうか・・・」という不安が出てきていました。
せめて一緒に年を越したい、そして、2月の私のお誕生日を一緒にお祝いしたい、そして、14歳にさせてあげたい・・・。
こうして少しずつ長い目標を持って、みいちゃんの長生きを願っていました。

その後は、目に見えてみいちゃんは体力が落ち、元気もなくなり、お別れの日は近いのではないかという不安と悲しみに襲われていましたが、以前のブログの記事にも書いたように、全ての執着を離れ、全てを神様の手に委ねることができてからは、少し気持ちは楽になりました。
みいちゃんにはみいちゃんの猫生の計画があり、その計画通りに全てが進んでいくのだろうと思えたからです。
私は、そのみいちゃんの猫生に寄り添わせてもらって、私が出来る限りのことをさせてもらおうと思いました。

CIMG4950.jpg
「あっ、美味しそう・・・」

CIMG4953.jpg
「ガブッ!」
2009年2月14日

みいちゃんはお薬が嫌いだったので、最後は、味の優しい粉薬だけを、ペースト状の薬に混ぜ、私の指から舐めさせていました。
このペースト状の薬だけは好きだったようで、わざわざ体を乗り出して自分から舐めていました。
その姿は本当に可愛かったです。
左手でだっこし、右手で薬をあげていましたが、いつも、そのだっこした左手にみいちゃんの心臓があたり、その鼓動を感じ、「あ~、みいちゃん、生きてるんだ~」といちいち感動していたのを思い出します。
その鼓動は人間よりかなり速く、元気のいいものでした。
あまり速すぎて心配になったほどです。
でも、確実に命を刻んでいたんですよね。
命の尊さをずっと感じていました。
小さい体で本当によく頑張ってくれたと思うと、やっぱり感謝の想いが溢れてきます。

CIMG2121.jpg
2007年5月2日 お日様大好きのみいちゃん

そして12月に入り、体重3キロきったり、風邪をひかせてしまったりしてからは、本当に毎日、一日一生の思いでお世話させてもらいました。
12月6日に最後に病院に行き、7日にお空に帰りましたが、あの時の気持ちは今でも忘れません。
一昨日7日は4回目の月命日でしたが、いつもお花を飾り、あの日に流していた優しい瞑想音楽をかけ、お香を焚いてお祈りしています。
最後の夜のみいちゃんの辛さを思うと、まだ涙が出てきてしまいますが、きっと今は天国で元気に走り回っていると信じて、みいちゃんに心配かけないためにも、他の家族たちと元気に暮らそうと思います。

DSC_0015_01.jpg
2011年6月6日 幸せの一こま

みいちゃん、心の中ではずっとずっと一緒だよ。
みいちゃん、本当にありがとう。

一番いい所に・・・。
2012年02月24日 (金) | 編集 |
ある知人の投稿です。

仕事で赤ちゃんの生まれた家に家庭訪問をするのですが、昨日訪問した家には黒猫がいました。
私が座ると寄ってきて、いきなり私の膝にのり、腕にもたれかかって眠ったかと思うと、起き上がって、私の顔をペロペロなめるのです。
飼い主も驚くほどのなつきよう、甘えようです。

「なんて、人なつっこい猫なんだろう~かわいい~(*^_^*)」と感激して、帰宅してからそのことを息子に話しました。

すると、息子が言うのです。
「おかあさん、その子は、去年死んだ黒猫のレオちゃんの生まれ変わりなんだよ!
だから、“ママ、ぼくだよ、ぼくなんだよ、大好きなママに会えてうれしいよ!”と言って、なめてくれてたんだよ」

あ~そうだったのか!!
レオの生まれ変わりちゃんだったのね。
レオが帰天したときは悲しかったけど、元気に生まれ変わってくれていて、うれしいよ。
本当にかわいい子。大好きだよ、レオちゃん。


これを読んで私は本当に嬉しくなりました♪
生まれ変わってくることは信じていましたから、す~っと受け入れることができました。
私が嬉しかったポイントは、ネコちゃんが飼い主さんを覚えていてくれたこと!!!
一緒に暮らした記憶は生まれ変わってきても残っていてくれるんですね^^
こんな朗報はありません♪

この方は非常に知的で愛に溢れた方です。
人のために素晴らしいお仕事をされていて、インドなどで女性のためにボランティア活動をされたり、ご自身の学問を深めるため、イギリスやオーストラリアなどで勉強を続けておられます。
ナインチンゲールを尊敬し、福祉活動を熱心にされています。
こういう素敵な方がおっしゃってるということと、お子さんがインスピレーション的に話していることで、一層の真実味を覚えました。
現在、彼女自身も黒い子ネコちゃんを飼われています^^

mimi4.jpg

みいちゃんもまたこんなチビッ子になって生まれてくるかなぁ・・・。
もしまた生まれてきたら、もちろんまたうちの子になってほしい。
みいちゃんて私の気持ちを全て理解してくれるような不思議な子でした。
どんなに嫌なことがあっても、家に帰ってみいちゃんの顔見てなでなですると、すぐに癒されて・・・。
イイ子だったなぁ、ホントに。
誰よりも誰よりも「みいちゃん」という存在を愛していました。
これだけは自負できます。
他のネコちゃんの飼い主さんのようにね^^

でも、一つだけ申し訳ないと思っていたことがありました。
それは。
みいちゃんはすごい自由な魂の持ち主で、お外が大好きだったんです。
うちに来る前が庭付きのお家にいたこともあったし。
でも家はアパート。

mimi1.jpg
小さい時は、時々こうしてお散歩はしてあげていたけれど、多分みいちゃんは自由に走り回ったり、探検したりしたかったと思う。

mimi2.jpg
こんな木登りしたりね♪

だから・・・
本当に本当にまた家に来て一緒に暮らしてほしいけど・・・
でも、もしももしも、高~い塀でしっかり守られたお庭付きのお家で、すごくすごくい~っぱい愛されて、自由に暮らせる環境が与えられるなら、そんなお家に飼われてほしいとも思う。
私もネコが本当に大好きだけど、他にもネコが大大だ~い好きでいっぱい愛情をかけて可愛がってくれる優しい人はたくさんいるから。
だから、そんな人で、みいちゃんの自由を謳歌させてくれる所があったらそんな所に生まれてほしいとも思う。
あっ、なんかちょっとウルってしちゃった・・・。
うちでも、よそでも、みいちゃんが一番幸せを感じる環境でまた素晴らしい猫生を送れますように・・・。

でも、外ネコさんはみいちゃんにはちょっと無理だからね。
お庭はOKだけど、あとは、おうちの中でいっぱいだっことなでなでしてもらえる所だよ。

そして、どこに生まれても、どうかどうか神様、またみいちゃんに会わせて下さいね。
心からお願いします

みいちゃん、今頃次の計画たててる?
今度はどんな衣装かな^^
また元気で幸せに生まれておいでね。
その時は必ずまた会おうね。

うちでもいいからね~!!!!!


同苦同悲
2012年02月09日 (木) | 編集 |
7日はみいちゃんの2回目の月命日でした。
こんな大事な日だったのに、私ったら・・・・・、ダウン!
6日の夜からひどい眩暈に襲われて、今朝まで寝込んでました。

一応、お花だけは主人に買ってきてもらって。
RIMG0014_01.jpg
私だとどうしてもピンク系を選んでしまうのですが、赤も綺麗♪

ずっとベッドに横になりながらみいちゃんのこと考えてました。
みいちゃんもこんなに辛かったのかなって。
・・・っていうか、みいちゃんはこの100倍も1000倍も苦しかったと思います。
私はただの眩暈でしたが、それだけでも、それなりに辛かったです。
1cmでも動こうものなら、もう船酔状態で、世界はグルングルン、なんか吐き気もするし・・・。
トイレに行くのも、壁伝いによろけながら決死の覚悟です。

みいちゃんは、最後の採血の時はほとんど血が出てきませんでした。
色んなところが苦しかったと思いますが、多かれ少なかれ貧血の症状もあったと思います。
だから、家に戻ってもキャリーからも出ずうずくまったままだったし、歩けばよろよろしてたし。
今回は、私なりにみいちゃんの苦しみの一端を経験させてもらった感じでした。

布団の中で、
あの最後の日、病院で出ない血を採られているみいちゃんの表情を思い出したり。
K先生に安楽死を宣告された時の気持ちを思い出したり。
家に戻ってからも元気のないみいちゃんの姿を思い出したり。
夜、私の横で大きないびきをかいてたみいちゃんを思い出したり。
最後、苦しそうに「エッ、エッ」てしてたみいちゃんを思い出したり・・・。

横になりながら色んなことが思い出されてまた涙がポロポロこぼれてきてしまいました。
みいちゃん、本当に一生懸命頑張ってたんだなぁって。
痛くて苦しかっただろうに、最後まで文句も言わずに頑張って生きてくれたんだなぁって。

みいちゃん、本当にありがとう。

みいちゃんに会いたい。
だっこしたい・・・。

いつもお姉ちゃんの傍で何気に参加するちいこさん
RIMG0007_01.jpg
「お姉ちゃんったら、まだ帰ってこないんだよ」

RIMG0010.jpg
もも「あっ、今日はお姉ちゃんの命日だからお花でしゅね~」
ちいこ「それなあに?」
もも「お姉ちゃんは、もうお空に帰って幸せに暮らしてるでちゅよ~」
ちいこ「でも、あたしはお姉ちゃんに甘えたいんだよ~!!!」

8日の日は満月だったようで、夜中に外を見てみたのですが、雲がかかって見えませんでした。
お別れの日の夜、みいちゃんを照らしてくれた満月はやっぱり特別だったんだ・・・。


見つけたっ♪
2012年02月05日 (日) | 編集 |
だんな様が写真の整理をしていたら、また可愛いみいちゃんの動画が見つかりました~!
ワ~イ、ワ~イ!超嬉しい♪

みいちゃん動画(←クリック!)
2006年6月29日

被写体はほとんど動かず、カメラだけが動いていますが・・・。

こんな感じのノリです^^
1234.jpg
「ママ~、可愛いポーズきめたから写真撮って~♪」

みいちゃんは、人間だったらモデルさんになれるくらい、色んな可愛いポーズしてくれました^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。