音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの循環
2009年05月18日 (月) | 編集 |
先週の金曜日に、無事にAngel Wingsのコンサートが終わりました!
今回は何か格別に素敵な波動が流れ、私の中では、今までで一番感動的なコンサートになったと思っています。うまく言えないのですが、ホール中に愛と光が溢れ、終始、何かにずっと包まれ、祝福されているような雰囲気がありました。

hana4.jpg

演奏者は5名いますが、皆さんそれぞれに色々な個性を持っていらっしゃいます。今回は、そのそれぞれの個性が最大限に光り輝き、最高のものを出してくれたと思います。
そして、その個性がバラバラなのではなく、不思議に調和し、なんとも温かい波動を醸し出してくれていました。様々な色の宝石がキラキラ輝き、それが美しい光景を作ってくれているような感じでしょうか。

「お客様に少しでも幸せな時を過ごしていただきたい」

きっとこの無私の想いがみんなを一つにまとめてくれたのだと思います。
お客様も、本当に素敵な方たちばかりで、優しい想いで聴いてくださっているのが分かりました。
演奏者もお客様も一つになって幸せな時を共有できた珠玉のような時を過ごすことができ、私も、その場で感動しまくっていました
愛と幸せのキャッチボールがとってもうまく出来たんだと思います。
愛を与え合うって、本当に素敵ですね^^ 
だんだんと私たちの目指す方向に近づいてきたような感じで、本当に嬉しい!

hanabatake2.jpg

素晴らしい演奏をして下さったメンバーたち、素敵なお客様、美しい絵で会場を飾ってくれた画家のお友達、そして、影で準備をして下さった会場の方や、区の文化担当の方、突然その場でお願いしたにもかかわらず、快くカメラマンを引き受けて下さったお友達、応援してくださっていたブログのお友達、そして、きっと私たちを導いて下さった天使たちなど、皆さんに感謝の想いでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

DSC_0135.jpg

終わった後も、「今度また演奏会がある時は必ず知らせてほしい」とか、「家に帰ってもずっと余韻に浸っていました」とか、「喜びに溢れて帰りました」とか、「朗読が本当によかった」とか、たくさん嬉しい反響を頂いて、メンバー一同、本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

テーマは、「心の安らぎ、真の幸福」というものだったのですが、明日、明後日のセミナーのレポートも兼ねて、次は「幸せ」について考えてみたいと思います。
コンサートで朗読したテキストを一つ添付しておきます♪

*まだ少しバタバタしていますので、なかなか皆さんの所にお邪魔できていなくてスミマセン。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 クラシックブログへ


[READ MORE...]
スポンサーサイト
心の架け橋
2009年02月21日 (土) | 編集 |
19日の木曜日に、無事にAngelWingsのコンサートが終わりました~!
いつも、何か催し物の後には放心状態になってしまうので(笑)、ご報告が遅れてしまいました。
今回のコンサートも大成功でした
正直なところ、お客様は、私たちが予想していたほどは入りませんでした。というのも、劇場側の方針で、今回初めて入場料をいただいたものにしたのです。そんなこともあってか、前回よりは人数は少なかったものの、来てくださったお客様は本当に喜んで下さいました♪

hanataba.jpg

今回のコンサートは、何か、次につながるためのものだったような感じです。
次のコンサートを5月に予定しているのですが、ある女性のお客様は、チラシができたら、150枚くらいほしいと・・・。なんと、宣伝してくださると言うのです!見ず知らずの方です。なんだか、もう「え~~~っ」って感じでしたが、そのお気持ちが本当に嬉しくって、思わず抱きついてしまいましたよ(笑)。

それから、この劇場の女性支配人の方も聴いてくださったのですが、その方も私たちのプログラムをすごく気に入ってくださり、まず、秋にもまたやってほしいと申し出をいただき、そして、彼女が持っているウィーン市郊外の劇場で夏に行われる催し物にも出演者として招待して下さいました!
「こんな素晴らしい企画をたくさんの人に聴かせられないのは本当に残念だから」というお言葉までいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回初参加のピアニストのAさんや、朗読をして下さったMさん、yukoさんの友人のEさんもとっても素敵な方たちで、このコンサートを本当に愛溢れるものにして下さいました。もちろん、Angelメンバーのyuko、Hiro、Nanakoも心のこもった温かい演奏をしてくれました。最後の「風の理想」では、鳥肌がたったと言ってくださった方もいたようで^^。そして、なんといっても、やはり朗読のテキストの内容の素晴らしさは、みなさんの心に沁みたことと思います♪
「愛」がテーマでしたが、これは永遠に追いかけていきたいテーマですね^^ 私自身が、演奏や朗読を聴きながら、涙~でした(笑)。音楽って、本当に心と心の架け橋ですね!

DSC_0096.jpg

コンサートが終わった後は、この劇場のビュッフェで、まだ残って下さった数人のお客様と一緒に楽しく歓談しました^^。みなさん気さくな方たちばかりで本当に素敵なひと時を過ごさせていただきました。

少し、今後の道が見えてきたような今回の演奏会でした。
これからも決して初心を忘れず、「多くの人に幸福になっていただきたい」という願いを叶えていきたいと思います。私たちできることはほんの小さなことですが、こうしてみんなで協力し、素晴らしい人たちの力も借りながら、多くの人の笑顔を夢見て進んでいきたいと思います♪
応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました!!!

[READ MORE...]
愛の花束
2009年02月11日 (水) | 編集 |
久しぶりに、このブログの本来の趣旨、Angel Wings(え~、そうだったのぉ!?という声が聞こえてきますが(笑))のご報告です^^
去年の5月以来、みんな忙しかったりしてなかなか出来なかったのですが、今月19日にコンサートを行いま~す!
バレンタインの日が近いので、テーマもずばり!

  「朗読と音楽のバレンタインの夕べ
愛の花束をあなたに!-愛は風の如く-」 

bara.jpg

音楽と仏教の教えの朗読を通して、少しでも幸せをお届けしたい、という想いを込めて組まれたこのユニット、今回は直球で「愛」をテーマにしてみました。
音楽で心癒され、朗読で何か幸せへのヒントをつかんでいただけたらなぁというのが、メンバーみんなの願いです。

愛で苦しむ人は多いけれど・・・、本当は回りを見渡せば愛で溢れている。
あなたのことを愛している人はたくさんいる。
でもそれは、巧妙に隠されていたり、姿を変えて現れているかもしれない。
それに気づくことができるかどうか・・・。
心の耳を澄ましてみたら聞こえてくるかもしれない。
「君が泣いているときも、君が苦しんでいるときもずっと愛していたよ。ずっと守っていたよ。」って・・・。
そして、両手一杯のお花を持ってきっと言ってくれる。
「もう大丈夫だよ。ほら、君に贈るよ。この愛の花束を!」って・・・。
風のように爽やかな与える愛。
そんな想いを込めて、プログラムを組んでみました♪

1部はクラシック、2部は軽めの映画音楽なども入れてみました。
曲は、演奏するメンバーがテーマに合わせて選んでくれますが、時々、私の好みで私の好きな曲をリクエストさせてもらったりしています♪
今回の希望は、「Over the rainbow」
主人が家で練習してくれているので、大好きな曲が毎日聞けて、私は一人、「グフフ」と楽しませてもらってます^^
yukoさん も、ウェストサイド・ストーリーのデュエットを歌ってくれたりするので、とっても楽しみです^^
でも、やはり一番の目玉は、yukoさんと主人のデュエット、「風の理想」!!!この曲を演奏させていただくのは3回目ですが、何度聞いても感動してしまいます
この曲は日本語で歌われるので、今回はちょっと詩を訳して、歌の前に朗読してもらうことにしました。内容が分からなくてもいつもお客様に一番の人気の曲でしたが、やはり、詩を理解していただいたほうがもっといいですものね^^
ちなみに興味がある方は日本語の歌詞はこちらです。超ロマンチックですよ~

ところで、「愛」というと仏教的な響きは全くありませんが、でも、仏教にも愛の教えがあって、それは「慈悲」という言葉で表されています。
これは、決して見返りを求めない与え切りの愛といったらいいでしょうか。
「愛の大河」として惜しみなく流れ、全てのものを包み込んでしまうような大きな愛だそうです♪

ここに、朗読のテキストの1部分を抜粋しておきますね^^

[READ MORE...]
Angelの巻き寿司パーティー
2008年07月07日 (月) | 編集 |
金曜日に、5月のAngelのコンサートに参加して下さった方を中心にして、巻き寿司パーティーを開きました~!!!
Angelメンバーの他、友情出演をしてくれた方たちに感謝の気持ちを込め、2ヶ月も遅れてしまいましたが、まぁ、打ち上げ、ということで(笑)。
来てくれたのは、AngelからYuko、Hiro(主人ですので自宅ですが(笑))、Nanako、そして、伴奏をしてくれたNinaとその彼。朗読のMargit、絵を飾ってくれたBeate。あとは、Angelの子供オペラ制作の企画に関わってくれている、若手作曲家のPaul君、そして、可愛いゲスト、Yukoさんの娘、花ちゃんとご主人のハネちゃん、たまたまドイツから遊びに来てくれていたふっこちゃんでした~

[READ MORE...]
Angel旅に出る
2008年06月10日 (火) | 編集 |
またまたレポートが遅れましたが・・・
7日の土曜日、AngelYuko,Hiro,Megiの3人は旅に出ました。
目的地は・・・London!!!


[READ MORE...]
Angelコンサート
2008年05月11日 (日) | 編集 |
9日にコンサート、10日に瞑想セミナーと嵐のような2日間(また大げさです(笑))が過ぎ、今日は朝から、感動の余韻にひたりながらのんびりくつろいでいます。

今回のコンサートは、私たちの住む区の「芸術週間」プログラムに組み込んでいただいていました。1月の末に、ありがたい偶然から、申し込み最終日にこのプロジェクトがあることを知り、急いでその日に申し込み。実はその時までは漠然と全く違うテーマを考えていたのですが(「人を愛し、人を許そう」とか)、ぎりぎり最後の瞬間に、全く違うテーマ、「問題を乗り越えて幸せになろう」が頭に浮かび、これで登録しました。
その数ヵ月後、私たちのコンサートと前後して瞑想セミナーの開催も決まったのですが、図らずも、テーマが「運命を克服する方」。非常に似通ったテーマとなり、2つの行事に関連性ができました。

今回は、その芸術週間のプログラムに載せていただいたり、新聞広告を出したり、600枚のビラをAngelメンバーで手分けして配ったりと、宣伝に結構力を入れました。そのお陰で、今回は本当にたくさんのお客様が来てくださり、本当に嬉しく思いました。
思いの力と、自助努力。この2つの要素が上手く功を奏して、このようなありがたい結果を導けたのかなと思っています。

区のオフィシャルな演奏会の一つとなっていたので、文化担当のお役所の方が二人も来て下さり、最初に、「このAngelWingsのプログラムは、自分もとても興味深くて来ました。仏教の教えの朗読と音楽の演奏。どんなものが出てくるのか楽しみですね^^」というようなご挨拶をして下さり、思いもかけぬ優しい言葉に心の中で手を合わせてしまいました
後ほど、この方達からは「来年も是非、参加してください。アジアの文化や思想にも興味があるから、また連絡を取り合いましょう」と、またまた非常に嬉しいお言葉をいただいてしまいました!キャ~、ラッキ~!!!

演奏会は素晴らしかったですよ^^!
1部は歌曲でしっとりした感じ。お客様にゆったりと癒されていただきました。
2部はオペラアリアで華やかに!やはりアリアを入れたのは正解でした!Yukoさん、Hiroさんとも素的な演奏を披露してくださり、二人には大ブラボ~!!!ウィーンの人は本当にオペラが好きなんですね^^
そして水澤さんの曲。こちらは、ピアノ曲もDuettも、皆さん本当に感激して下さいました。拍手が鳴り止まなかったです。こんな素的な曲を書いて下さった水澤さんにも本当に感謝です!

Margitが最後の朗読を読み終えた後も、とても温かい拍手。朗読にも、みなさん真剣に聞き入っておられました。Margitの最後の一言。「今日は、問題を解決するためのヒントを皆さんに提供させていただきました。少しでも心に残る言葉があったら、是非それを持ち帰って、そして実践してみてください。きっと幸せになれますよ!」
これは彼女のアドリブだったのですが、彼女の優しさが本当に溢れているし、今回の私たちの思いをしっかり汲み取っていてくれて、Magitにもまた心の中で手を合わせました

ピアニストのNinaも、結構ぎりぎりにお願いしたのに快く引き受けれくれ、そして素晴らしい伴奏、ソロの演奏を披露してくれました。彼女は今回私たちと始めて一緒にやってくれたのですが、彼女自身もとても楽しんでくれたようで、それが何より嬉しかったです。

Angel Nanakoも、自分の学校の仕事が忙しい中、本当に頑張ってくれましたし、Angel Yuko2も、自分の歌以外に、譜めくりをしてくれたりと、一生懸命働いてくれました。

そして、Beateさんの絵は、無機質な会場を非常に温かい雰囲気に変えてくださり、終始、彼女の愛に守られているような安心感を与えてくれました。

その他にも、ビデオ撮影をしてくださった方、会場の準備をしてくださった管理人さんなど、影の温かい力がたくさんありました。皆さんの協力のお陰で、今回こんなに素的なコンサートとなり、感謝の思いで一杯です。途中、演奏を聴きながら、あまりの嬉しさに涙が出そうになってしまいました

ここまで来るのに、もちろん問題やハプニングもありました。
でも、想いを同じくする仲間がいて、みんなで協力し合ってそれを解決し、克服し、そして、お客様の喜んでいただけるプログラムができたこと、本当に幸せに思っています。
問題・・・。なければいいもののように思いますが、でも、それを解決し、何かを達成した時の喜びは、それ以上に大きいものでした。
これからも、何があっても、必ずそれを乗り越え、多くの人たちを巻き込みながら(笑)より大きな幸福をつかんでいきたいと思います

今回来てくださったお客様。彼らが来て下さったお陰で、私たちも喜びや幸せを味わうことができました。私たちも、少しでも幸せな時を過ごしていただきたいと思っての演奏会でしたが、私たち自身も、お客様がいて、楽しんで下さっている姿を見て、やはり幸せをいただいている。
人って与え合って生きている。愛や幸せや喜びをキャッチボールしている。そして、その数は多ければ多いほどより大きなものとなっていく。なんだか、そんな思いをひしひしと感じた一日でした^^!

最後に、日本から応援、祝福してくださった皆さん、本当にありがとうございました~!!!

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ

速報~!!!
2008年05月10日 (土) | 編集 |
先ほど、Angelの第3回コンサートが無事に終了いたしました~!!!
みなさんの応援のお陰で、大・大・大成功でした!!!
お客様も驚くほどたくさん来てくださり、皆さん、とても喜んで感激して帰っていかれました。
メンバーの演奏も素晴らしかったです。
今は余韻に浸っていますが、実は明日、また瞑想セミナーがあるので、もう寝ます(笑)。
もう2時です。
また後ほど詳しくレポートしたいと思います~^^
本当に素晴らしいコンサートでした。
みなさん、ありがとう~!!!

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ

Angelの練習風景
2008年05月07日 (水) | 編集 |
昨日は、9日のコンサート第2部、オペラアリアと水澤有一さんの曲の練習がありました
伴奏はAngelのピアニストNanakoで、彼女の職場、ウィーン国立音大の一部屋を借りての練習となりました。

Yukoさんは、グノーのオペラ「ファウスト」より、マルガレーテの「宝石のアリア」、Hiroさんは、ヴェルディのオペラ「椿姫」より、ジェルモンのアリア「プロヴァンスの海と大地」を歌います。
ウィーンの人はとにかくオペラが大好き!オペラ座で毎日公演がありますが、毎日ほぼ満席になります。一体、どこからこんなにたくさんの人が集まって来るのでしょうね^^。
今までのAngelの演奏会は、映画音楽なども取り入れたことはありましたが、ほとんどが歌曲でした。そこで、今回はオペラ好きな方たちのために、オペラアリアも入れようということになり、お二人とも、自分の18番の曲を選んでくれました。
やはり、オペラが入ると華やかな感じになりますね!二人とも、演技たっぷりに素敵な演奏を披露してくれました^^。お客様もきっと喜んでくれることでしょう

取りを飾るのは、12月の演奏会で大好評だった水澤有一さんの「風の理想(ねがい)」です!!!YukoさんHiroさんのDuettです。
日本語なので言葉は分からずとも、曲の雰囲気で愛の歌だということがお客様にも伝わり、みなさん、この曲に一番感激して下さったようです。この曲ばかりは、他で聞く機会はないので、もう一度聴いていただこうということになりました!
練習風景は・・・Yukoさんは明るい人でしょ^^!Hiroさんも実はすごく面白い人で、二人、歌詞に合わせてパントマイム!あなたたち、漫才師~?と思うほど、可笑しかったです(笑)。あっ、いや、でも本番では真面目ですよ~^^。なんかだか春でみんなハッピーで、楽しくて、みんなこんな感じです^^

「風の理想」の歌詞は、以前、この記事でご紹介したので、もしまだ知らない方は、是非覗いて見てくださいねぇ!ギリシャのエーゲ海のブルーのような美しくロマンチックな愛の世界にワープしちゃいますよ~!!!びゅ~ん!!!

あとは、Nanakoさんが、ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」2楽章と、水澤有一さんの「天使の幸福」をソロで弾いてくれます。

朗読テキストはまだあるのですが、最後にもう一つだけご紹介させていただきますね^^

ある人から自分に対して否定的なことを言われたとしても、自分をほめてくれる人がいることも事実です。世界中のだれからもほめられたことがないという人はおそらく少ないでしょう。
どんな人にも、何かよいところがあります。したがって、誰に対しても何らかのほめ言葉を考えつくことができます。
ましてや、最も大切な自分自身のよさを見出せないことがあるでしょうか。光っている面、ほんとうに素晴らしい面がないかどうか、公平な第三者の目でもって、よくよく自分を見つめてみることです。
挫折したときには、何もかも失ったような気になりがちですが、実際はそうではなく、むしろ、それは自分の素晴らしい面を教えてくれているのかもしれません。あるいは、偽りの人生を無理して生きている、他人の目ばかりを意識して生きている、そうした偽我、覆いを取り去ってくれているのかもしれません。
したがって、そこには一つの希望があるのではないでしょうか。この世的につまづき、失敗をしたところで、自分の価値が全部否定されるわけではありません。自分のよいところはそのまま残っているのです。こうした公平な見方をしなければ、自分の中にあるダイヤモンドの原石を発見することはできません。


演奏会まであと2日、みなさんの幸せを願って、みんなで力を合わせて頑張りま~す!!!

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ

Angelいろいろ
2008年04月29日 (火) | 編集 |
土曜日に、コンサートに向けての1回目の練習が行われました!
今回は1部の歌曲の部で、またまたYukoさんの力で素敵な伴奏者、Ninaさんをお迎えすることができたのですが、この日は彼女のお宅での合わせとなりました。
ドアを開けた瞬間、素敵なNinaさんの明るい笑顔がお出迎えしてくれました。この段階で既に私は彼女に一目ぼれ(笑)です!そして、なんと可愛いネコちゃんが2匹!1匹はお昼寝中だったのですが、みいちゃんに良く似た白黒のベン君が人懐っこく迎えてくれました。カワイ~!!!
Ninaさんはプロとして活躍している方で、初見の曲でもバンバン弾きこなします。今回、YukoさんとHiroさんのDeuttで、ヘンデルの「ユリウス・シーザー」というオペラから、シーザーとクレオパトラのDuettを入れました。3人ともほぼ初見だったのですが、3回くらい通して、曲も曲想もあっと言う間に素敵に出来上がりました!さすが皆さんプロですね~と、一人感心していました。曲は、「愛しい人よ!」「美しい人よ!」で始まるとってもロマンチックで綺麗な曲。聴かせていただける私はラッキー!うっとり聞きほれていました
ソロは、Yukoさん、Hiroさんがブラームス、Yuko2さんがシューベルトの歌曲を歌い、Ninaさんがやはりブラームスのピアノソロ曲を弾いてくださいます。この間に素敵な朗読がはいりま~す!
2部は、オペラアリアと前回大好評だった水澤有一さんの曲を、Angel Nanakoの伴奏で演奏します。曲目はまた次の機会にご紹介しま~す!

さて昨日火曜日は、前回ご紹介したBeateさんの個展のオープニングでAngel Yuko&HiroがNinaさんの伴奏で数曲、歌わせていただきました~!自分達の主催ではない外からのお仕事を始めていただいたので、ちょっと嬉、嬉、嬉。Beateさんの招待状にも、しっかり「Musik Angel Wings」と載っていて、密かに一人でにまにましていました(怖い!(笑))。
個展には多くの方がつめかけました。Beateさんの絵も、広いところで見るとまた一段と素敵で!私たち全員5区という区に住んでいるのですが、ここの文化担当の方のご挨拶があり、その後Angelの出番です!リヒャルト・シュトラウスの歌曲が1曲、それ以外は、全てモーツァルトのプログラムとなりました。二人のDuettが、「魔笛」と「ドン・ジョバンニ」の非常に有名な曲で、お客様もとっても喜んで下さっていました。何人かは、9日の演奏会も来てくれるそうで・・・嬉しい^^。本番までもう少し!なんだかワクワクしてきましたよ

朗読テキストの抜粋です^^。

悲しみや苦しみも存在しますが、悲しみや苦しみが現にあるのは、それがよきものと思われているからではありません。この地上の悲しみや苦しみは、大きな飛躍のためのものであることも事実なのです。
自分はこのようにしたいと思うことがなかなか実現しない場合は、それに悲しみや苦しみがつきまといます。また、自分の意図に反した結果が現れたときには、その結果しだいでは、それが苦しみとなったり、悲しみとなって涙がほとばしったりします。しかし、この涙は、決して、涙のための涙ではなく、より高次なものを招くための涙だということです。
したがって、この世の世界を、苦しみの世界、悲しみの世界と見てしまわずに、「苦しみや悲しみもあることはあるけれども、それはよりよきもののための砥石の役割を果たしているのだ」ということを知らなければなりません。
玉石混交という言葉がありますが、まさに石のなかで玉が光ってくるのです。また、揉まれ揉まれて成長してくるものもあります。お互いにゴシゴシと擦り合い、よくなっていくのです。

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ

AngelWings第3回コンサート
2008年04月18日 (金) | 編集 |
久しぶりに、このブログの本来の趣旨であるAngelWingsのお知らせです(笑)!
Angelの3回目のコンサートを5月9日に行います!!!

今回のテーマは「問題を乗り越えて幸せになろう!」
1回目は「愛-心の平和」、2回目は「カルマと人間の幸福」をテーマとし、それに合った曲やテキスト選んで演奏、朗読をしました。
さて3回目はどうしようかと色々考え、「問題解決」を前面に出してみようかと思いました。

普段、何気なくお付き合いしていて、一見幸せそうに見える人でも、少し親しくなって心を開いてくると、出てくるんですよねぇ、悩みが。「実は子供と問題が」「実は親と問題が」「夫婦で問題が」などなど。
きっと問題を抱えていない人など、いないのかもしれません。そしてその方たちが、自分で問題を解決できたり、相談する人がいたりすればいいのですが、なんとなく私の印象では、誰にも言えず、一人で苦しんでいる人がたくさんいるような気がするのです。
一人で苦しいのに誰かに打ち明ける勇気がない、どうしていいのか分からない、もしそんな人がいたら、是非この演奏会に来ていただいて、朗読の内容を聞いて問題解決の智慧を得ていただき、音楽を通して癒されてくれたらいいなと思い、このようなタイトルに決めました。


一つ、朗読テキストを抜粋しておきます。

今日も生かされている自分。どんなに色々なことがあったとしても、今日も一日があった。地球が壊れてしまうこともなく、太陽が射さないこともなく、今日も一日が終わった。色々な苦しみや悩みもあったかもしれないけれども、今日の一日があった。昨日までの日もずーっと続いてきた。また明日も一日が始まるであろう-。
こうした、毎日をいただいていることに対して感謝をすることです。そして、自分自身の現在の人生を愛することです。他の人と比べたら満足がいかないところは当然あるでしょうけれども、あなたから見たら「羨ましい」と思っている人も、その人なりの苦しみがあります。そしてまた、あなたが見て、「くだらない人生」と思っている人のなかにも、実は素晴らしい生き方があるかもしれません。
それぞれの人がそれぞれの人生を生きている。自分自身の固有の人生を愛し、抱きしめること、それもまた「足ることを知る」ということなのです。


また、メンバーの練習の様子や、曲のことなど、随時書きとめていきたいと思っています!

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
Angelのお鍋パーティー!
2007年12月22日 (土) | 編集 |
ウィーンは本格的冬将軍の到来!日中でもマイナスの気温に突入しました!5分も歩くと顔が痛~くなってくる。もう5分も歩くと、頭まで痛くなってくる・・・

そんな中、昨日、AngelYuko2さんが、メンバーを集めてのお鍋パーティーを開いてくれました!12月はみなさんコンサートなどで忙しく、ちょこちょこ個人で会うことはあっても中々こうしてみんなで集まれなかったので、久しぶりの顔合わせ!ただ、Hiroさんは練習が入っていて来られず、残念!女性メンバーだけで、わいわいがやがや楽しい時を過ごしました。

今日のお鍋は鶏のつくね。こちらでは、お肉も日本のように至れり尽くせり手をかけてくれていません。大体、かたまりでど~んと売ってるか、ステーキサイズが精一杯です。細切れなんてありません。もちろん、鶏も、もも肉は骨がついたままのしかないんです。ですから、これをYuko2さんはわざわざ捌いてみじん切りにし(お肉もみじん切りというのでしょうか???)、刻みねぎや調味料を混ぜてつくねを手作りしてくれました。愛情いっぱいです。と~っても美味しかった!寒い冬にはお鍋は最高ですね!ありがとう!

この日は、Yukoさんのお姫様、花ちゃん(今日はシンデレラのついたセーターを着ていました)が、夜遅い事もありちょっと疲れ気味・・・。なんでも、幼稚園とヤマハに行ってプログラムが盛りだくさんの一日だったとか。さすがに3歳の子供には大変ですよね。夜は、ただただママに甘えたかったみたいで、Yukoさんと花姫は早めに帰宅。

その後、残った私達はコンサートのDVDを観ながら、あーだこーだ、反省会件、次の企画の話し合いみたいになりました。どんなテーマにしようかとか、どこの会場がいいかとか、楽しく語らいました。

多分、次のテーマは「愛」になると思います。<人を愛し、人を許そう>(仮題)とかね。愛は私たちにとっても、とっても大切な普遍的なテーマ。第1回のコンサートも「心の安らぎ―愛に囲まれて」というテーマで、自分たちの周りにある愛に気づく事ができるような内容の朗読をさせていただきました。
ここで、その時に読んだ私の大好きな一節をちょっとご紹介(私が書いたものではありません(笑))。

「愛は永遠です。
愛は過去にあり、現在(いま)にあり、未来にあります。
時の中に愛なき時はなく、時代の中に愛なき人はいないのです。
愛は全ての時をつらぬく、輝ける黄金の翼です。
はるかなる天空をかけてゆくペガサスです。
愛は永遠の時を生きる証であり、愛は永遠の今をつかまえる狩人です」


愛のない瞬間も、愛のない人もいないのですね~!これは私にとっては本当に福音でした。私たちが愛の中で生かされている証明ですね!これを信じ、感じる事ができれば、きっとみんな幸せになれる。そう信じます!

仏教の教えも今回とても評判がよかったので、小さなコンサートを一つのテーマに絞って定期的に開くのもいいね、という意見も。うん、なかなかいいアイデアです

さぁ、次も頑張るぞっ!そのためにも、私達は風のように、爽やかな無私の愛となって世界を駆け抜けていけるようになりたいねぇ・・・。
・・・なんて夢をみんなで語っているうちに、ふと時計を見ると、、、きゃ~!12時5分前!馬車がカボチャにならないうちに帰りますね~!急げ~!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

余韻
2007年12月13日 (木) | 編集 |
Angelのコンサートが終わり、早いもので10日近くが過ぎました。その後、色々な方からポジティブな反応をたくさんいただくことができ、コンサートを開けて本当によかったなと、また余韻に浸ってしまいました

ある方は、「私は本当に救われた。帰り道には私にも羽がはえてきたようだった」と言って下さいました。<救い>という言葉が出てくるとは想像もしませんでしたが、そんな風に感じて下さった方が一人でもいて下さったことに、こちらのほうが感謝の思いで一杯になりました

AngelNanakoの知り合いは、わざわざウィーン市外から来てくださったのですが、彼女が弾いた水澤有一さんピアノ曲「天使の幸福」が素晴らしかったということで、翌週の彼らのクリスマスコンサートに招待され、また演奏してきたそうです。
歌の中でも、やはり水澤さんの「風の理想」が一番人気があり、言葉は分からなくても、みなさん大感激!「どこでこの曲はまた聴けるのか」と催促までされました。水澤さん、ありがとうございます

瞑想も評判がよかったのでほっとしています。瞑想が入っているコンサートなんて聞いたことがないから、正直不安もあったのですが、やっぱりやってみて正解でした
忙しい現代人、音楽を聴いていただくだけでも安らいでいただけるとは思うのですが、できれば、たまにはご自分の内を深く見つめ、少しでも心のお掃除をしていただく時間を確保していただければ、という思いでさせていただきました

瞑想の内容は、「対人関係調和」。仏教思想、八正道の一番目、「正見」の反省がベースになっています。色めがねのかかっていない白紙の心で物事を見ることが目標です。静かな音楽をかけ、呼吸を整えていただいた後、心が調和してきたら、次の文章を朗読します。

「他の人の欠点を見つけるのは簡単です。もし私達が人間の間違いを探し出したら、きりがないくらいに見つかることでしょう。今日はこの瞑想を通して、私達の視点を変えていきましょう。そして、他の人の中から光り輝く長所を見つけていきましょう」

その後、誘導に従って、次の点に関して3分位ずつに区切って考えを深めていただきます。
1、過去において、自分と問題のあった人、それが要因となり、大きな苦しみを作った人を一人思い浮かべる。
2、その人との間に起こった出来事を、絵を見るようにして一つ一つ思い出す。その際、自分の感情は横に置いておく。
3、その絵の中に入る。でも、自分ではなく相手の中に入ってみる。相手はどのような理由でそのような態度をとったのか考えてみる。
4、相手の立場に立ってみて、どのように感じるか。相手だけが悪かったのか。相手の気持ちを理解していたか。相手にも辛いことがあったのではないか
5、最後に、自分とその人が和解している場面をありありと思い描く。
(この内容は、もちろん私のオリジナルではなく、レジュメがあるものの中から選ばせていただいています)

以上が大まかな流れです。
簡単なようで結構難しいのですが、時間がある方はよかったらお試しください!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
至福
2007年12月11日 (火) | 編集 |
コンサートが終わるまでに、全部の曲の歌詞を紹介しきれなかったので、もう少し続けます。
今回は、AngelYuko2が歌ったシューベルトの<至福>。詩人はヘルティー。

- 至福 -

天使や、光り輝く神々の数限りない喜びが、
天の広間で花開く
天におわす父が教えてくれたように。
できることならそこに行き、
そこで永遠に喜びを見出したい。

天国の花嫁が
誰にでも優しく微笑みかける。
竪琴と賛美歌が響き渡り、
人々は踊り、そして歌う。
できることならそこに行き、
そこで永遠に喜びを見出したい。

でも私はここにいよう。
最愛の人がが私に微笑みかけ、
私の嘆きももう終わりだと
その目で私に語ってくれるなら。
もしそうならば、あなたと至福の時を味わい、
永遠にここに留まろう。


これは私にとって、とても興味深い内容です。2番まで、天国の美しさ、楽しさを詠っておきながら、でも結論は、“ここ”にいたいというのですから。
きっと天上にある世界は、この詩の通り、とっても幸せで平和で楽しいのだと思います。私もそんな世界の雰囲気にはとっても憧れていて、今すぐにでもちょっとお邪魔しに行ってみたい思いです(笑)。

それに比べると、この地上は確かに苦しみや悲しみで満ちているかもしれません。でも、遠くの世界にばかり憧れを募らせるのではなく、この世の人生も幸せに生きたいですよね!そうでなければ、せっかく生まれてきた意味がない!(笑)

ここで私の頭に浮かんだ言葉が<愛の魔法>

どんなにこの世の世界が辛くても、たった一つの真実の愛をつかむことができたら、人間は、それだけで大きな幸せを得ることができるのはないでしょうか

<人間として生きてゆく人生の過程において、もっとも大切なもの、いちばん輝かしいもの、それはやはり愛なのではないでしょうか。愛という言葉には夢があります。愛という言葉には情熱があります。愛という言葉にはロマンがあります。
たとえば、今日一日という日が、あなたに残されたすべての時間だとしましょう。そして、夕べには死すべき運命であったとしても、だれかに愛をささやかれたら、すべての人間は、幸福の微笑を浮かべて、死へと旅立ってゆくことができるでしょう>


これはまさに愛の魔法ですよね!
真実の愛は最高の幸福をもたらしてくれる。
目には見えなくとも確かに存在する愛
生きにくいこの世に、潤いを与えるために神様が下さった最高の贈り物、それが愛なのではないかと思います。
この魔法の力があれば、世界がきらきら輝いてきますね

見返りを求めない無償の愛。与え続ける愛
そんな境地を私も目指したい!

本当は回りを見渡せば愛で溢れている。
あなたのことを愛している人はたくさんいる。
でもそれは、巧妙に隠されていたり、姿を変えて現れているかもしれない。それに気づくことができるかどうか・・・。

心の耳を澄ましてみたら聞こえてくるかもしれない。
「君が泣いているときも、君が苦しんでいるときもずっと愛していたよ。ずっと守っていたよ。」って・・・。

私達は、真実の愛を探し続ける永遠の旅人なのかもしれませんね!

愛についての一考でした。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


Angel Wingsコンサート!
2007年12月06日 (木) | 編集 |
ご報告が大変遅れてしまいましたが・・・、
無事に、とっても素敵なコンサートを終えさせていただくことができました!!!

内容については、Yukoさんが詳しく書いてくれているので、そちらを読んでくださいね!(えっ、もう読んでますか?!そうでしたね(笑)!)

当日は朝からお天気もよく、何か祝福されているような感じを(勝手に)持っていました。
今回の会場は大きなサロンみたいで、出演者とお客様の距離がほとんどないんです。ですから、とってもアットホームな感じで、本番中も、ずっと暖かい雰囲気に包まれ、優しい空気の中で、みなさん、心のこもった演奏や朗読をして下さいました。

演奏会が終わっても、みなさんすぐには帰らずに、出演者の方たちとわいわいがやがやと歓談を楽しんでおられました。
「貴方たちのしていることは、とっても素敵だと思う。是非また来たいから、次の時も教えて下さいね」とか、「本当に楽しかった。今度来るときは、私の友達を一杯連れてくるから、連絡ください」と、自ら進んでご自分の連絡先を残していってくれた方もいました。本当はオペラにいくはずだったのに、プログラムの内容を見て、「こちらのほうが、今の私の心境に合っているから」ということで、オペラをキャンセルして来てくださった方もいました。
朗読や瞑想に関しても、「自分は20年間仏教徒だけれど、今日の朗読の内容や瞑想は、今までで一番良かった」と言って下さる方もいて・・・。ここまで期待していなかったので、本当に嬉しく、私自身が幸せになってしまいました!
これもひとえに、愛の溢れる演奏、朗読、瞑想の誘導をして下さったみなさん、そして、教えの内容の素晴らしさのお陰だと心から感謝しています!
主人のAngel Hiroが、ビデオを撮ってくれたのですが、それを見て、まだ感動の余韻に浸っている私です

それから、見ず知らずの私たちに声援を送り、応援してくださったブログのお友達のみなさま、本当にありがとうございました!こうして、文章を通してのお付き合いしかないのに、こんなに心がつがっているなんて、本当に不思議です。きっと何かのご縁でこうしてみなさんと出会うことができたのですね!この出会いに心から感謝し、大切にさせていただきます。まだ記事を更新していなかったのにお祝いのメッセージを下さった方もいらっしゃって・・・。優しいお心遣いが嬉しくって、涙が出そうになっちゃいました(ちょっと大げさかしら。でも本当にそうだったんです!)。

私自身としては、運営の面で、色々な課題もちょっと見えてきて、今後、改善していかなくてはならない点が出てきました。無事に終わった安堵感と、今後の課題を考えたりして、ちょっと充電をしていたので、更新が遅れてしまいましたが、これかも向上を目指して頑張りますよ~

Angelメンバー全員の願いがみなさんに届くことを祈り、そして、たくさんの愛に囲まれている幸せに感謝しながら・・・・・。

Megi
blog.ranking.banner.orange.gif

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
天使
2007年12月01日 (土) | 編集 |
―天使―

子供の頃、小さな時に、天使が語るのをよく聞いていた。
天の高貴な無上の喜びが、地上の太陽と想いを交わしていた。

心が不安にやつれ、この世界を避け身を隠すとき、
静けさの中で心が血を流し、涙に暮れるとき、
熱心な祈りが、ただただ救いを願うとき、
そこに天使が舞い降りて、
柔らかく、その心を天の高みへと引き上げてくれる。

そう、私のところにも天使が降りてきた。
そして、光り輝く羽の上に私の心を乗せて
何の痛みもない天に向かって導いてくれたのだ。



コンサートで歌われる曲の歌詞紹介第4弾。メゾソプラノのサンドラが歌うワーグナー作曲の「天使」。明日いよいよコンサートなので、自分たちの想いの再確認も兼ねて、今日はこの詩を選びました。

この曲は、私たちAngel Wingsのテーマ曲にしたいくらい、素敵な内容の歌です。
かなりハードルは高いんですが、私たちもこんな境地を目指したいと思っています。傷つき、悲しみにくれている方々を、音楽や朗読を通して癒すことができ、少しでも幸せな気持ちになっていただくことができたら・・・、そんな思いから始まった私たちの活動でした

過去の、やはり天使とも呼べるような素晴らしい作曲家たちが残してくれた美しい曲、そして、偉大な詩人たちが残してくれた心を打つ詩編。これは、本当に人類の遺産だと思っています。愛を込めて作られた作品を、愛を込めて演奏させていただく、そして、音楽に込められた幸せへの思いを、私たちの思いを通してお客様にお伝えし、天使のお手伝いをさせていただく。それが私たちの願いであり、夢です

本当に天使がそこにいるような至福の瞬間を体験していただけるよう、メンバー一同、多くの方々への感謝を忘れず、限りなく無私となり、天上の光を降ろしてこられるような一本のパイプになれるよう、これからも、益々自分たち自身の修業を重ね、精進して頑張ります

Megi
blog.ranking.banner.orange.gif

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。