音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いにありがとう
2007年12月31日 (月) | 編集 |
明けましておめでとうございます
日本はもうとっくに新年ですよね。こちらはまだ夜の8時前、年が明けるまでにはもうしばらくあります。

この1年を振り返って、、、こんなにたくさんの素敵な方々と出会えたことに心から感謝です
みなさんの日記を読ませていただきながら、励まされたり、勇気や優しさをいただいたり、思い切り笑わせていただいたり。新しい学びもたくさんありましたし、時には感動的なドラマに涙が出そうになったこともありました

横のリンク欄のタイトルを見ているだけで、みなさんのお顔(知らないですが、私なりのイメージがあるんですよ~!もちろん、美男美女ばかりです~!)や、みなさんの想いが浮かんできます。そしてなんとも言えないほんわかした優しい気持ちになります。ブログで、こんなにも心を通わせる事ができるなんて、正直言って驚きでした!ずっと前から知っていたような不思議な親近感があって・・・。

みなさんが、一生懸命生きている姿を拝見して、本当に私自身もたくさんのことを学ばせていただきました。それぞれの場所で、それぞれの素晴らしい個性をキラキラと輝かせて、愛を発揮している姿。私の宝物がたくさん増えました!だから、みなさんにありがとう!心から!人間って、こうして支えあい、励ましあって大きくなっていけるのですね!

今年はこちらは思いがけずホワイトニューイヤーになりそうです!ちょっとベタ雪ですが。
主人は、毎年恒例のオペレッタ「こうもり」に出かけました。仕事納め(?)です!ウィーンのオペラ座では、ほとんどがオペラしか上演していませんが、大晦日と1月に数回のみ、このオペレッタを上演しています。ウィーンの大晦日はどんちゃん騒ぎ!爆竹や花火で賑やかに年を越します(現在ただ今も、外では爆竹の音がバンバンなっています。ネコの姿は一切見えず・・怖いんです!)。このオペレッタもウィーンらしい楽しい内容なので、大晦日にはぴったりです。この日だけは、パーティーのシーンで、舞台の上でも本当にシャンペンも飲むそうですよ(笑)!お客様もこの日はいつもより数倍綺麗に着飾り、1年の最後の日を華やかに楽しむようです。

24時が告げられると、シュテファン寺院前や市庁舎前広場などでウィーンナワルツが流れ、みんな寒い中にも拘わらず踊りだすんですよ!そして花火があがり、新しい年を祝います。

2008年が、みなさまにとって、健康で幸せな年でありますよう、お祈りいたします
また今年もよろしくお願いいたします!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
永遠の旅人
2007年12月29日 (土) | 編集 |
永遠の時をつらぬいて
流れ続ける真理
駆け抜ける愛

滔々と流れる黄金の大河のように
キラキラと吹き抜ける無私の風のように

永遠の時の中に投げ出された
ちっぽけな私

遠い過去から遠い未来へと
この大河の中を漕ぎ渡ってゆく
この風の中を吹き渡ってゆく

たとえちっぽけな私でも
宇宙と同じ想いが宿っている
宇宙と同じ価値が宿っている

私の中に宿る永遠
それは私の心
それは私の愛
悠久の時をかけて
ずっと育んできた

今、またこの時を生かされている
あなたと共に生きることを許された
貴重な時間
輝ける瞬間
溢れ出る喜びと感謝

この瞬間を光に変えて
愛を振りまいていこう
永遠の旅人よ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

間もなく、新しい年を迎えますので、ちょっと“永遠”について考察してみました。時は永遠に流れていますが、私たち自身も永遠の存在だと思っています。私達の心や愛は、ずっとこの時の中を流れ続けているに違いありません。そして、こうしてまたこの命を頂き、多くの方と出会い、共に生き、生かされている幸せ。この喜びと感謝を常に忘れずに生きていけるよう、自分にも言い聞かせるつもりで書いてみました。

ウィーンはただ今冷凍庫状態です(笑)!でも、なんだかこの寒さが師走の雰囲気を掻き立てているようにも感じます。長い年末の休暇で住宅街は依然と静かですが、中心に出ると、観光客で賑わっています。
そろそろクリスマスモードも消え、街には至る所に屋台が出て、ウィーンでの新年の縁起物、幸福をもたらすと言われている、ぶたちゃん、四ッ葉のクローバー、きのこ、馬の蹄鉄、煙突掃除屋さんなどの可愛いらしい置物が売られだしました。みんな新年のパーティーなどでこれらのグッズを交換し、新しい年の幸せを願いあいます。

皆さん、良いお年をお迎え下さい!
そして新しい年も健康で幸せに暮らせますことを心よりお祈りさせていただきます

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
茹でるべきか焼くべきか?
2007年12月25日 (火) | 編集 |
今日のウィーンは朝からし~んと静まりかえっています。人気を全く感じません。何だか神聖な雰囲気・・・。心がとっても落ち着きます。
みんな、昨日は実家に帰ったりしているから、街にはあまり人がいないようです。丁度、日本の大晦日のような雰囲気を想像していただけるといいでしょうか。
こちらは、25,26日が祝日です。24日の昨日は、ほとんどが家族でお祝い。そして、今日、明日あたりは、友人などでお祝いする人も多いのではないでしょうか。

昨日は、我が家も鶏の丸焼きでお祝いさせていただきました。こちらでは、だいたい鶏か七面鳥の丸焼き、もしくはお魚を食べる家庭も多いようです。
主人は白、私は赤ワインを開け、おつまみにはトマトとモッツァレラチーズのサラダ、スモークサーモン、パルマ(中田選手がいたイタリアの町です)の生ハム、パルメザンチーズを添えました。ささやかながら、二人で静かな楽しいクリスマスを過ごさせていただきました。我が家の3匹のネコちゃんたちも、おこぼれをたくさんもらえて大ニャン足(大満足)!

今日、主人は朝から早起きして、教会にミサを歌いに行きました。私達は仏教徒ですが(笑)、主人はある教会の専属歌手なので、クリスマス、イースター、万霊節などなどキリスト教関係の祝日は大忙しなんです
クリスチャンではありませんが、信仰を持っている人たちは美しいなといつも思います。特に祈りの時が大好きです。人が祈っている姿を見ると、こちらにも優しい想いが伝わってきます。・・・と今、主人からSMSが入りました。”教会でパーティー、お昼はいらない”。フムフム。こりゃ楽だ。

話がそれますが、先週も主人が職場のクリスマスパーティーなどによばれ、夕食がいらない日がありました。そんな日は、何か主人があまり食べないもので、私が食べたいものを食べます!
この時は、特に好きな訳でもないのですが、何故かむしょうにフランクフルトが食べたくなったので早速買ってきました。ところがここで問題が・・・。

茹でるべきか焼くべきか・・・。

思わずハムレットになっちゃいましたよ(笑)!
焼いたときの焦げも捨てがたい、でも、茹でてあっさりもいい。
考えて考えて、どうしても決められなくて・・・。そうだ、お風呂に入って考えよう
そして、う~ん、う~んと更に考え続けて、さぁ私はどうしたでしょう?(笑)

[READ MORE...]
暖かい手
2007年12月23日 (日) | 編集 |
悲しくて胸が張り裂けそうだね。
苦しくて心が壊れてしまいそうだね。

でもどうか一人でそんなに泣かないで。
君は決して一人じゃないよ。

ほら、僕を信じて。
いつも君のそばにいるよ。
いつも君を守っているよ。

だから勇気を持って
自分の殻から出てほしいんだ。
君の周りの世界を
しっかり見てほしいんだ。
光に気づいてほしんだ。

心を開いてごらん。

あの時も、この時も、
君はずっと愛され続けてきたんだ。

あの時も、この時も
君はずっと守られ続けてきたんだよ。

ほら、目を閉じて思い出して・・・。
心に聞こえてくるあの言葉


「君が大好きだよ。
どんな時も輝こうと
一生懸命生きている君が・・・」


感じるかい?
気づいたかい?

君の周りには
こんなにも愛が溢れているんだ。
だから勇気をもって微笑んでごらん!

ほら、できたね!

手を伸ばしていいんだよ。
怖がらないで。
それを握り返してくれる手は必ずあるんだ。
必ずあるんだよ!

ほら、暖かいね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はクリスマスですね!
こちらでは、家族で静かに神聖にお祝いします。
離れ離れになっていた心が一つに戻る日。
再び愛を見つけられる日。
神様からの贈り物ですね。

こんな日に寂しい人が一人もいないようにと願いを込めて
こんな詩ができました。

みなさん、素敵な幸せなクリスマスをお過ごし下さいね

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


Angelのお鍋パーティー!
2007年12月22日 (土) | 編集 |
ウィーンは本格的冬将軍の到来!日中でもマイナスの気温に突入しました!5分も歩くと顔が痛~くなってくる。もう5分も歩くと、頭まで痛くなってくる・・・

そんな中、昨日、AngelYuko2さんが、メンバーを集めてのお鍋パーティーを開いてくれました!12月はみなさんコンサートなどで忙しく、ちょこちょこ個人で会うことはあっても中々こうしてみんなで集まれなかったので、久しぶりの顔合わせ!ただ、Hiroさんは練習が入っていて来られず、残念!女性メンバーだけで、わいわいがやがや楽しい時を過ごしました。

今日のお鍋は鶏のつくね。こちらでは、お肉も日本のように至れり尽くせり手をかけてくれていません。大体、かたまりでど~んと売ってるか、ステーキサイズが精一杯です。細切れなんてありません。もちろん、鶏も、もも肉は骨がついたままのしかないんです。ですから、これをYuko2さんはわざわざ捌いてみじん切りにし(お肉もみじん切りというのでしょうか???)、刻みねぎや調味料を混ぜてつくねを手作りしてくれました。愛情いっぱいです。と~っても美味しかった!寒い冬にはお鍋は最高ですね!ありがとう!

この日は、Yukoさんのお姫様、花ちゃん(今日はシンデレラのついたセーターを着ていました)が、夜遅い事もありちょっと疲れ気味・・・。なんでも、幼稚園とヤマハに行ってプログラムが盛りだくさんの一日だったとか。さすがに3歳の子供には大変ですよね。夜は、ただただママに甘えたかったみたいで、Yukoさんと花姫は早めに帰宅。

その後、残った私達はコンサートのDVDを観ながら、あーだこーだ、反省会件、次の企画の話し合いみたいになりました。どんなテーマにしようかとか、どこの会場がいいかとか、楽しく語らいました。

多分、次のテーマは「愛」になると思います。<人を愛し、人を許そう>(仮題)とかね。愛は私たちにとっても、とっても大切な普遍的なテーマ。第1回のコンサートも「心の安らぎ―愛に囲まれて」というテーマで、自分たちの周りにある愛に気づく事ができるような内容の朗読をさせていただきました。
ここで、その時に読んだ私の大好きな一節をちょっとご紹介(私が書いたものではありません(笑))。

「愛は永遠です。
愛は過去にあり、現在(いま)にあり、未来にあります。
時の中に愛なき時はなく、時代の中に愛なき人はいないのです。
愛は全ての時をつらぬく、輝ける黄金の翼です。
はるかなる天空をかけてゆくペガサスです。
愛は永遠の時を生きる証であり、愛は永遠の今をつかまえる狩人です」


愛のない瞬間も、愛のない人もいないのですね~!これは私にとっては本当に福音でした。私たちが愛の中で生かされている証明ですね!これを信じ、感じる事ができれば、きっとみんな幸せになれる。そう信じます!

仏教の教えも今回とても評判がよかったので、小さなコンサートを一つのテーマに絞って定期的に開くのもいいね、という意見も。うん、なかなかいいアイデアです

さぁ、次も頑張るぞっ!そのためにも、私達は風のように、爽やかな無私の愛となって世界を駆け抜けていけるようになりたいねぇ・・・。
・・・なんて夢をみんなで語っているうちに、ふと時計を見ると、、、きゃ~!12時5分前!馬車がカボチャにならないうちに帰りますね~!急げ~!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

朝の天使、夜の天使
2007年12月19日 (水) | 編集 |
明けの明星瞬いて
空に薄明かりが広がり始める。

穢れのない冷たい空気。
穢れのない人の心。

立ち込める静けさ。

まだみんな眠っている。
もうすぐ始まる躍動の時。

天使がそっとやってきて、
世界に愛をまきちらす。

今日もみんな幸せであれと。
今日もみんな優しくあれと。

そして光輝く時を祈る。





夜の帳(とばり)が降りてきて
空に一番星が光るとき
天使がそっとやってくる。

家路を急ぐ君を見つけて
優しく肩を包み込む。

今日も愛を与えることができたね。
今日も優しくすることができたね。
今日も許すことができたね。

そして
今日も多くの人の愛に包まれていた。
感謝の想いが溢れていた。

躍動する空気を
躍動する命を
再び聖なるものに。
祈りの時のように。

愛と光に包まれて
再び静けさがよみがえる。

君は自然とひざまずき
そして頭(こうべ)を垂れる。
報恩の瞬間。
至福の時。


君も会えるよ。
ほら、目を閉じて
心を澄ませてごらん。
僕はいつもここにいるよ。


------------------------------------------------------------------
詩人Megi(!???)のデビュー作(????? 2作目はあるのか??? かなり疑問です(笑)・・・)。
冗談はさて置き、、、色々な方とのコメントのやり取りや、たくさんの素敵な詩人ブロガーのお友達、そして、心温まる皆さんの日記や報告に感銘と影響を受け、突然詩が浮かんできました。拙いですが・・・。

早朝と深夜の静けさから神聖なものを感じています。まだ暗いのに、何故かそこからはいつも、温かさと光を感じ、そして全てが純化、浄化されるような雰囲気がひしひしと伝わってきます。きっとそこには天使がいるに違いない、といつも思っていました。そんな想いが詩になりました。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
18年ぶりの再会
2007年12月18日 (火) | 編集 |
懐かしい人と再会しました。18年ぶりです!
ある素敵な女性Tちゃんなのですが、彼女とは、Tちゃんが高校生くらいのとき最後に会ったきりでした。その後、全くコンタクトがなかったのですが、この5月にめでたく結婚され、今回ご主人と一緒にウィーンに遊びにきたのです。

ここのご家族とは不思議なご縁があります。私の両親は小学校の先生をしていたのですが、Tちゃんのお母さんは私の父の教え子でした。彼女自身が、もう50代後半にもなろうというのに、いまだに、「高雄先生大好き」で、よく実家を訪ねてくれます。父にも母にも、そのような教え子がたくさんいて、当時の生徒がまだずっと慕って遊びに来てくれています。
父は不良先生(!?)だったようで、職員会議をさぼってはよく子供達を山だ、川だといって探検に連れて行っていました。そして会議が終わる頃、校門の影からこっそり帰ってきていたらしいのですが、子供達は、そんな冒険がとっても楽しい思い出になっていたようです。

Tちゃんのお母さんには私が赤ちゃんの頃から可愛がってもらい、一緒に遊んでもらったり動物園に連れて行ってもらったりしたそうです。そして私が物心つく頃には、このお母さんが素敵な恋愛をし、結婚。そして、このTちゃんが生まれた時も知っていますので、赤ちゃんの時からのお付き合いです。このご家族と、私の実家とのお付き合いは、なんと50年以上になります!

今回、Tちゃんには18年も間を開けて会うので、分かるだろうかと不安だったのですが、私の前に現れた彼女はお母さんが若い頃にそっくりで、いきなり時間が戻ったようでした!素敵な女性に変身していてびっくり。

ご主人も素敵な方。アートと、音楽をこよなく愛する方で、ウィーン滞在の2日間で、オペラを観、ウィーンフィルの定期演奏会を聴き、残りの時間はずっと美術館回りだったそうです。彼自身がご自分で画廊を持っていらっしゃるし、昔、高校オケのクラリネット奏者。そしてTちゃんは今、六本木ヒルズの美術館で働き、そして若い頃はずっとバイオリンを習っていた才女。ですからこの二人、とってもお似合いで素敵なんですよ~。気さくなところがまた魅力

主人のHiroさんも来てくれて、4人でお食事に。男性二人はお互いに始めてなのに話に花が咲き、それは楽しい時間を過ごしました。絵の話、音楽の話、どんなに話しても尽きないんです。お互いに、絵画、音楽のプロの話が聞けて、興味津々!私とTちゃんは、思い出話や近況報告。

お食事は、オペラ座の近くにある<バドワイザー>というウィーンレストランへ。えっ!って名前を知ってる方もたくさんいらっしゃいますよね。そう、あのビールのバドワイザーです。実はこのバドワイザーの本家本元はアメリカではないんです!さぁどこでしょう?・・・チェコなんですよ!そして、ウィーンではチェコの本物のバドワイザーが飲めます。私は味比べできるほどの舌はありませんが、やはり本場のバドワイザーのほうが格段美味しいようです。

話がそれてしまいましたが、ここではやはり名物のシュニッツェルを召し上がって頂き、オーストリアのワインやバドワイザーを楽しんで頂きました。私達も久しぶりにここに来たのですが、お味が更に良くなっていました!

この日の夜のオペラは、ワーグナーの<ヴァルキューレ>だったのですが、これ5時間もかかるオペラなので、彼らも、観たかったけれど、さすがに長すぎるわ、ということで止めたそうです。そこで私と主人の思いつき
実は昨年からオペラ座の中にCafeがオープンし、スクリーンでではありますが、その日の出し物をライブで流しているのです!そこでオペラ座Cafeにお誘いしたところ、是非に!ということだったので、早速直行!まだ9時半くらいだったので、最終幕のクライマックスがかかっていました。お茶とケーキをいただき、歓談しながら楽しくオペラ観劇。こういうのもなかなかおつなものです!最後は、舞台裏の片付けまで映し出され、珍しい映像に大喜びされていました。

話はまだまだ尽きなかったのですが、また来年、ザルツブルクの音楽祭で会いましょう!という夢のような約束をして別れました。

18年間のブランクもうそのようなひと時でした。
人と人のご縁は不思議なものです。人生を豊かにしてくれますね!
大切にしたい人生の一コマでした

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

主婦の心理?
2007年12月16日 (日) | 編集 |
思いっきり主婦しちゃいました!
先日、主人が久しぶりに午前中休みだったので、車で大きなスーパーに買い物に連れて行ってもらった時のこと。重いものをまとめ買いすることが目的だったので、丁度、ミネラルウォーターとビールがセールで安くなっており、ラッキー!他にも色々と買い物をしてさぁレジに。

細かい話になりますが、ミネラルウォーターは1本29セント(50円くらい)。それを12本買ったので、単純に計算して大体3,5ユーロくらいだな、と思っていたのですが、レジの表示には5,4ユーロと出ました
<あれっ、おかしいな・・・>
取り合えず全部支払いを済ませてレシートを確認すると、やっぱり5,4ユーロ。
「あのー。すいません。これってセールの値段じゃないんですか?」
「えっ、そう?ちょっと待って。確認してみる。・・・・・。あー、僕バーコードを通さないで自分で商品番号を打ったから、正規の料金になちゃったんだ。悪いけど、サービスカウンターで清算してね」
と言われました。
<あれっ、待てよ、ビールも確か彼が番号打ってたな
と思い、結構たくさん買ったので再度確認。
「あのー、ビールは大丈夫でしょうか?」
「それも、じゃあサービスカウンターで確認して下さい」
と言われ、しぶしぶと向かいました。

サービスカウンターでは一応、問題なく差額が戻ってきましたがちょっと少ない
「あのー、ちょっとこれ少ないんですけど」
「ビールがセールの値段より安く計算されていたから、その分はこちらでもらいました」
と言われ、仕方なく帰りかけましたが、何か腑に落ちない。丁度主人の携帯に電卓がついていたので計算してもらうと、最初の安いほうの金額で合っている。

はぁ~っ・・・。
またもカウンターに戻り、
「やっぱり、値段安いほうで合ってますけど」
「え~っ、うそ!?ちょっと待って。担当に聞いてみる」
ということで、ビール係りに電話したら、やはり安いほうの値段が正しい事が判明。またその差額、約1ユーロ(160円くらい)を戻してもらいました。

なんだかんだと時間とエネルギーをかけて戻った額は、結局全部で約300円・・・。
他に1000円のTシャツでも1枚買ったって、それはそれでなんとも思わないのに、何故かこの300円はどうしても返してほしかった!がめついですよね~!(恥)
どなたかこの主婦の心理、解明して教えてくださ~い!!!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
余韻
2007年12月13日 (木) | 編集 |
Angelのコンサートが終わり、早いもので10日近くが過ぎました。その後、色々な方からポジティブな反応をたくさんいただくことができ、コンサートを開けて本当によかったなと、また余韻に浸ってしまいました

ある方は、「私は本当に救われた。帰り道には私にも羽がはえてきたようだった」と言って下さいました。<救い>という言葉が出てくるとは想像もしませんでしたが、そんな風に感じて下さった方が一人でもいて下さったことに、こちらのほうが感謝の思いで一杯になりました

AngelNanakoの知り合いは、わざわざウィーン市外から来てくださったのですが、彼女が弾いた水澤有一さんピアノ曲「天使の幸福」が素晴らしかったということで、翌週の彼らのクリスマスコンサートに招待され、また演奏してきたそうです。
歌の中でも、やはり水澤さんの「風の理想」が一番人気があり、言葉は分からなくても、みなさん大感激!「どこでこの曲はまた聴けるのか」と催促までされました。水澤さん、ありがとうございます

瞑想も評判がよかったのでほっとしています。瞑想が入っているコンサートなんて聞いたことがないから、正直不安もあったのですが、やっぱりやってみて正解でした
忙しい現代人、音楽を聴いていただくだけでも安らいでいただけるとは思うのですが、できれば、たまにはご自分の内を深く見つめ、少しでも心のお掃除をしていただく時間を確保していただければ、という思いでさせていただきました

瞑想の内容は、「対人関係調和」。仏教思想、八正道の一番目、「正見」の反省がベースになっています。色めがねのかかっていない白紙の心で物事を見ることが目標です。静かな音楽をかけ、呼吸を整えていただいた後、心が調和してきたら、次の文章を朗読します。

「他の人の欠点を見つけるのは簡単です。もし私達が人間の間違いを探し出したら、きりがないくらいに見つかることでしょう。今日はこの瞑想を通して、私達の視点を変えていきましょう。そして、他の人の中から光り輝く長所を見つけていきましょう」

その後、誘導に従って、次の点に関して3分位ずつに区切って考えを深めていただきます。
1、過去において、自分と問題のあった人、それが要因となり、大きな苦しみを作った人を一人思い浮かべる。
2、その人との間に起こった出来事を、絵を見るようにして一つ一つ思い出す。その際、自分の感情は横に置いておく。
3、その絵の中に入る。でも、自分ではなく相手の中に入ってみる。相手はどのような理由でそのような態度をとったのか考えてみる。
4、相手の立場に立ってみて、どのように感じるか。相手だけが悪かったのか。相手の気持ちを理解していたか。相手にも辛いことがあったのではないか
5、最後に、自分とその人が和解している場面をありありと思い描く。
(この内容は、もちろん私のオリジナルではなく、レジュメがあるものの中から選ばせていただいています)

以上が大まかな流れです。
簡単なようで結構難しいのですが、時間がある方はよかったらお試しください!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
至福
2007年12月11日 (火) | 編集 |
コンサートが終わるまでに、全部の曲の歌詞を紹介しきれなかったので、もう少し続けます。
今回は、AngelYuko2が歌ったシューベルトの<至福>。詩人はヘルティー。

- 至福 -

天使や、光り輝く神々の数限りない喜びが、
天の広間で花開く
天におわす父が教えてくれたように。
できることならそこに行き、
そこで永遠に喜びを見出したい。

天国の花嫁が
誰にでも優しく微笑みかける。
竪琴と賛美歌が響き渡り、
人々は踊り、そして歌う。
できることならそこに行き、
そこで永遠に喜びを見出したい。

でも私はここにいよう。
最愛の人がが私に微笑みかけ、
私の嘆きももう終わりだと
その目で私に語ってくれるなら。
もしそうならば、あなたと至福の時を味わい、
永遠にここに留まろう。


これは私にとって、とても興味深い内容です。2番まで、天国の美しさ、楽しさを詠っておきながら、でも結論は、“ここ”にいたいというのですから。
きっと天上にある世界は、この詩の通り、とっても幸せで平和で楽しいのだと思います。私もそんな世界の雰囲気にはとっても憧れていて、今すぐにでもちょっとお邪魔しに行ってみたい思いです(笑)。

それに比べると、この地上は確かに苦しみや悲しみで満ちているかもしれません。でも、遠くの世界にばかり憧れを募らせるのではなく、この世の人生も幸せに生きたいですよね!そうでなければ、せっかく生まれてきた意味がない!(笑)

ここで私の頭に浮かんだ言葉が<愛の魔法>

どんなにこの世の世界が辛くても、たった一つの真実の愛をつかむことができたら、人間は、それだけで大きな幸せを得ることができるのはないでしょうか

<人間として生きてゆく人生の過程において、もっとも大切なもの、いちばん輝かしいもの、それはやはり愛なのではないでしょうか。愛という言葉には夢があります。愛という言葉には情熱があります。愛という言葉にはロマンがあります。
たとえば、今日一日という日が、あなたに残されたすべての時間だとしましょう。そして、夕べには死すべき運命であったとしても、だれかに愛をささやかれたら、すべての人間は、幸福の微笑を浮かべて、死へと旅立ってゆくことができるでしょう>


これはまさに愛の魔法ですよね!
真実の愛は最高の幸福をもたらしてくれる。
目には見えなくとも確かに存在する愛
生きにくいこの世に、潤いを与えるために神様が下さった最高の贈り物、それが愛なのではないかと思います。
この魔法の力があれば、世界がきらきら輝いてきますね

見返りを求めない無償の愛。与え続ける愛
そんな境地を私も目指したい!

本当は回りを見渡せば愛で溢れている。
あなたのことを愛している人はたくさんいる。
でもそれは、巧妙に隠されていたり、姿を変えて現れているかもしれない。それに気づくことができるかどうか・・・。

心の耳を澄ましてみたら聞こえてくるかもしれない。
「君が泣いているときも、君が苦しんでいるときもずっと愛していたよ。ずっと守っていたよ。」って・・・。

私達は、真実の愛を探し続ける永遠の旅人なのかもしれませんね!

愛についての一考でした。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


こんなふうに仲良くなれたら・・
2007年12月09日 (日) | 編集 |
Angel Yuko2さんに連れられて、国連のバザーに行って参りました。初めて行きましたが、すごい人にびっくり!まるで渋谷か新宿か!

展示は上のほうに少し。日本からは、綺麗な和食器や着物が販売されていました。日本のものはやはりどこか繊細で、独特の美しさがありますね!

メインはやはりお食事!地下のほうの広~い敷地に、世界中の名物が所狭しと並べられていました。ヨーロッパやアジア、アフリカの国々、ロシア、アメリカ、オーストラリア等など。人ごみを掻き分けながら、取り合えず一周し、何か美味しそうなものはないかしらと見て回りました。

(少しご紹介すると、インド・カレー、中国・餃子、インドネシア・焼きそば、韓国・ブルゴギ風チャーハンと何故か海苔巻き、ギリシャ・羊チーズのサラダなど、アメリカ・ホットドック(典型的!)、フランス・チーズとワイン、アフリカ・お肉やお魚を小麦粉で揚げたものや、お肉がベースのスープなど、ロシア・ピロシキ、アゼルバイジャン・お魚ベースのピザ風料理、コスタリカ・摩訶不思議な赤い色のお料理、メキシコ・タコス、イラン・パイ皮で揚げたお肉料理等など。まだたくさんありましたが、思い出せません・・・)

スリランカのブースのカレーが美味しそうだったのですが、もうほとんど売り切れ状態。そこで第2の選択肢で、スペインのブースに行き、パエリアを食させていただきました。程よい味付けてとっても美味しかったですよ!
デザートは、チョコレートが有名なベルギーのブースに行き、名物のワッフルをいただきました。これがまた程よい甘さで、ほっぺがトロ~リ
日本のブースがないね、と探していたところ、さすがにこちらでもお寿司は人気のようで、全て出払ってもう閉めていたのでした!日本食の人気よいかに!

ここで思ったことは、こうして世界中の国の人たちが、隣通しで肩を並べて仲良く共同のプロジェクトに参加していることの素晴らしさ!中近東の国々のブースももちろんありました。
催し物ホールでは、丁度ペルシャ系の人たちの民族舞踊が披露されていたのですが、衣装の色がとっても美しくて惚れ惚れしてしまいました。控え室では、東欧系の衣装を着た子供たちがスタンバイ。本当に可愛らしい!
舞台の最前列には、小学校低学年くらいの子供たちがお行儀良く座って、世界各地からの出し物に興味深く見入っていました。
こんな国際交流って本当に理想的!

ここでは、お互いがお互いの文化を尊重し合っていて、ミニチュア世界平和を見たような思いでした
違った価値観を受け入れる、認め合う、理解し合う、そして世界中が仲良くなれる。
そんな日が一日も早く来てほしいな、と願った一日でした。

Megi
blog.ranking.banner.orange.gif

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Angel Wingsコンサート!
2007年12月06日 (木) | 編集 |
ご報告が大変遅れてしまいましたが・・・、
無事に、とっても素敵なコンサートを終えさせていただくことができました!!!

内容については、Yukoさんが詳しく書いてくれているので、そちらを読んでくださいね!(えっ、もう読んでますか?!そうでしたね(笑)!)

当日は朝からお天気もよく、何か祝福されているような感じを(勝手に)持っていました。
今回の会場は大きなサロンみたいで、出演者とお客様の距離がほとんどないんです。ですから、とってもアットホームな感じで、本番中も、ずっと暖かい雰囲気に包まれ、優しい空気の中で、みなさん、心のこもった演奏や朗読をして下さいました。

演奏会が終わっても、みなさんすぐには帰らずに、出演者の方たちとわいわいがやがやと歓談を楽しんでおられました。
「貴方たちのしていることは、とっても素敵だと思う。是非また来たいから、次の時も教えて下さいね」とか、「本当に楽しかった。今度来るときは、私の友達を一杯連れてくるから、連絡ください」と、自ら進んでご自分の連絡先を残していってくれた方もいました。本当はオペラにいくはずだったのに、プログラムの内容を見て、「こちらのほうが、今の私の心境に合っているから」ということで、オペラをキャンセルして来てくださった方もいました。
朗読や瞑想に関しても、「自分は20年間仏教徒だけれど、今日の朗読の内容や瞑想は、今までで一番良かった」と言って下さる方もいて・・・。ここまで期待していなかったので、本当に嬉しく、私自身が幸せになってしまいました!
これもひとえに、愛の溢れる演奏、朗読、瞑想の誘導をして下さったみなさん、そして、教えの内容の素晴らしさのお陰だと心から感謝しています!
主人のAngel Hiroが、ビデオを撮ってくれたのですが、それを見て、まだ感動の余韻に浸っている私です

それから、見ず知らずの私たちに声援を送り、応援してくださったブログのお友達のみなさま、本当にありがとうございました!こうして、文章を通してのお付き合いしかないのに、こんなに心がつがっているなんて、本当に不思議です。きっと何かのご縁でこうしてみなさんと出会うことができたのですね!この出会いに心から感謝し、大切にさせていただきます。まだ記事を更新していなかったのにお祝いのメッセージを下さった方もいらっしゃって・・・。優しいお心遣いが嬉しくって、涙が出そうになっちゃいました(ちょっと大げさかしら。でも本当にそうだったんです!)。

私自身としては、運営の面で、色々な課題もちょっと見えてきて、今後、改善していかなくてはならない点が出てきました。無事に終わった安堵感と、今後の課題を考えたりして、ちょっと充電をしていたので、更新が遅れてしまいましたが、これかも向上を目指して頑張りますよ~

Angelメンバー全員の願いがみなさんに届くことを祈り、そして、たくさんの愛に囲まれている幸せに感謝しながら・・・・・。

Megi
blog.ranking.banner.orange.gif

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
天使
2007年12月01日 (土) | 編集 |
―天使―

子供の頃、小さな時に、天使が語るのをよく聞いていた。
天の高貴な無上の喜びが、地上の太陽と想いを交わしていた。

心が不安にやつれ、この世界を避け身を隠すとき、
静けさの中で心が血を流し、涙に暮れるとき、
熱心な祈りが、ただただ救いを願うとき、
そこに天使が舞い降りて、
柔らかく、その心を天の高みへと引き上げてくれる。

そう、私のところにも天使が降りてきた。
そして、光り輝く羽の上に私の心を乗せて
何の痛みもない天に向かって導いてくれたのだ。



コンサートで歌われる曲の歌詞紹介第4弾。メゾソプラノのサンドラが歌うワーグナー作曲の「天使」。明日いよいよコンサートなので、自分たちの想いの再確認も兼ねて、今日はこの詩を選びました。

この曲は、私たちAngel Wingsのテーマ曲にしたいくらい、素敵な内容の歌です。
かなりハードルは高いんですが、私たちもこんな境地を目指したいと思っています。傷つき、悲しみにくれている方々を、音楽や朗読を通して癒すことができ、少しでも幸せな気持ちになっていただくことができたら・・・、そんな思いから始まった私たちの活動でした

過去の、やはり天使とも呼べるような素晴らしい作曲家たちが残してくれた美しい曲、そして、偉大な詩人たちが残してくれた心を打つ詩編。これは、本当に人類の遺産だと思っています。愛を込めて作られた作品を、愛を込めて演奏させていただく、そして、音楽に込められた幸せへの思いを、私たちの思いを通してお客様にお伝えし、天使のお手伝いをさせていただく。それが私たちの願いであり、夢です

本当に天使がそこにいるような至福の瞬間を体験していただけるよう、メンバー一同、多くの方々への感謝を忘れず、限りなく無私となり、天上の光を降ろしてこられるような一本のパイプになれるよう、これからも、益々自分たち自身の修業を重ね、精進して頑張ります

Megi
blog.ranking.banner.orange.gif

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。