音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ3姉妹プラス<ワン>
2008年01月28日 (月) | 編集 |
またペットの話ですみません。
前回、ちいこの記事を書いた後、その日の夜に、ネコ3姉妹と私にとって「どっひゃ~!」という様な出来事が起こりました。

その日、主人はいつもより遅く帰ってきました。
理由は<付き合い>。ふ~ん、と思いながら待っていたのですが、<ピンポーン>の音にドアを開けると、な、な、なんと、彼の手にはワンちゃんが~!!!我が家の新メンバーです~

主人は、音楽家かスポーツ選手か分らないほどスポーツをする人なんですが、一緒に走りたいから、犬がほしいとはずっと前から言っていました。でもまさか、何の前触れもなしにこんな突然やってくるとは~!仲介を頼んでた人から、急にその日に連絡があったらしいのです・・・。

もちろんネコたちは一目散に退散。影も形も見えません。新しい家族にとにかくびっくり。
それから2日。もちろん、いつも食事の時にくる3ネコたちは現れません。毎朝、3ネコは私のお皿から、ヨーグルトドリンクをもらって、3匹で仲良く飲んでいます。それもありません。優雅なえび反りや可愛いごろりんちょの寝姿も見れません。キッチンの餌も減っていない。トイレにも行っているのかどうか・・・。
そんな事を考えていると、いつしか私の目からは涙がポロポロこぼれて・・・。
ネコ~!寂しいよ~!

そのワンちゃん自体はとっても可愛いんですよ。遥々、ルーマニアからハンガリーを通って、我が家に辿り着きました。主人がほしがっていたジャーマンピンシャーとかいう、中型のおとなしい子です。すでに、主人命。ずっと彼の後をついて回ってます。
それは全然構わないんだけれど、やっぱり、、、みいちゃ~ん!ちいこぉ~!ももちゃ~ん!グスグスグス。会いたいよ~!

「1ヶ月もすれば、元通りになるから」との主人の言葉を頼りに、少し頑張ってみよう・・・。
でも、今日あたりは、今まで全く姿が見えなかったネコたちも、ちらほら姿を現わし、遠巻きに、ワンちゃんを観察するようになりました。あ~よかった!出てきた!
まぁ、こんなに早く出てくるようだったら大丈夫かな・・・。

はやく、ネコとワンが仲良くなりますように・・・

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

スポンサーサイト
ちいことトプフェンコラッチ
2008年01月26日 (土) | 編集 |
前回のみいちゃんに続き、うちのネコの話しです
ちいこは、うちの次女の黒猫です。
トプフェンコラッチというのは、日本のレアチーズみたいなものをパイ皮で包んだ10cm四方くらいのお菓子です。美味しいです(笑)。

ちいこは捨て猫で、生後4週間くらいで拾われて我が家にやってきました。どうも、空腹感が非常に強かったようで、食欲がすごいです(笑)。
これは、ちいこが小さかった頃、まだ500~600gくらいしかなかった頃の出来事です。

ある日、うちで開いたパーティーで、上記のトプフェンコラッチをいただいたのですが、それが一つ残っしまいました。その日は疲れたので、後片付けもそこそこに机の上に置いたまま寝てしまったんです。

朝、起きてみると、、、あれっ、トプフェンコラッチがない
オカシイなぁと思って探していると、、、あった!
冗談抜きで、トプフェンコラッチと全く同じ形をした黒い物体がよろよろ歩いているんです!
もちろん、、、それはちいこでした・・・。
10cm四方といえば結構大きなお菓子です。ちいこはまだ手の平にでも乗るくらいの小ささ。まさか丸呑みした訳ではないでしょうが、お腹がやはり10cm四方にぷっくり膨れているんです!!!

さすがに本人は辛そうで、2~3歩進んではどてん、また数歩進んではごろん。
お腹が重すぎて歩けない!
「は~っ、一体、どうやって、そんなに食べたのよ~!
あなたそれ、ちょっと食いしん坊すぎよ~!」

でも本人は至ってご満悦
今でも「また、あの時くらいお腹いっぱいになるまで食べた~い!」って言ってます(笑)。

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008年01月23日 (水) | 編集 |
泣きたいときは
思い切り泣いていいんだよ

ずっと抱えてきた思い
誰にも言えなかった

傷ついた心
切ないほどの痛み

我慢なんかしなくていい
僕が抱きしめてあげるよ

そのままの君でいいんだ
素直になってごらん

君の心のふたを開けて
さぁ、全て大空に溶かしてしまおう!


涙を一粒流すたび
君の心はどんどん澄んでいく

涙のしずくがダイヤモンドになって
君の心を飾ってくれる

涙を一粒流すたび
君の心はどんどん愛に満ちていく

涙のしずくが天使の羽になって
君の心を飛翔させる

悲しみを知ったものは
優しくなれるんだ

寂しさをしったものは
強くなれるんだ

さぁ、だから君も一緒に羽ばたこう
輝ける未来へ!
新しい君へ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、一応一つ前の詩から続いてます(笑)。どちらの立場で書いているかは違うんですが・・・。

この詩は、実は去年の12月に書きました。当時、面白いことに、これをアップしようかなと思っていたら、複数の方とテーマがシンクロしていました。
そこで、少し時期をずらし、また出そうかなと思ったところ、またまた違う方と同じテーマで重なったのです(笑)!これは普遍のテーマなんですね!

一人で寂しく泣いている方を見るのは辛いです。もし、泣いているとき、誰かが抱きしめていてくれたりすると、こんなに心安らぐことはないと思うのですが、たとえ一人だとしても・・・私は、必ず目に見えない誰かがそこにいて、大きな羽で優しく包み込んでくれていると心から信じています・・・

涙は心のシャワー!心に溜まった悲しみをじっと我慢して耐えているよりも、やはり心のふたを開けて、思いっきり泣いて、洗い流してしまったほうがずっといいですよね!そして新たな気持ちで、また前に進んでいけたらいいな!!!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

胸のなかで
2008年01月21日 (月) | 編集 |
こんな時
たくさんの言葉はいらない

ただずっと
優しく抱きしめていてほしい・・・


(「涙」のプロローグ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


短い詩第2弾です(笑)。
実は、違う詩をアップしようと思っていたのですが、その前にふっとこの言葉が浮かんできました。特に背景はないのですが、本当に深い哀しみの中にある時、言葉よりも何よりも、包み込むような愛を人は欲するのじゃないかなという想いが沸いてきました。
次の詩のプロローグみたいになったので、先にアップしました。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
開店時間
2008年01月20日 (日) | 編集 |
今年に入ってから、ウィーンではお店の開店時間帯が延長されました
去年までは、普通のお店で6時とか6時半くらいまで。スーパーでも7時くらいまでが限度でした。土曜日は5時までです。日曜日はもちろん全てのお店が閉まっています。
私が80年代に来た当時は、土曜日は1時には全てのお店がシャットアウト。
日本に一時帰国した時は、ついつい習慣で、土曜の午前中にそわそわし出し、母に「早く買いものに行こう!」とせかしてしまい、笑われた事がありました。
「ここは日本だよ。24時間開いてるんだよ!」って。
「あっ!そうかぁ・・・。」

そんなウィーンでしたが、ついに今年からはお店の判断で、<夜9時まで開けてもよろしい>という新しい法律ができたようです。土曜日も6時までOK(ほとんど変わらない・・・)。この背景には、今年の春に行なわれる、サッカーのヨーロッパカップがあるようです。
このヨーロッパカップもワールドカップやオリンピックと同じく、4年に一度の大イベントです。今年は、オーストリアとスイスの2カ国共同開催です(日本と韓国でワールドカップを行なったようなものでしょうか)。ヨーロッパの人たちはサッカーが大好きなので、きっとその期間は賑やかになることでしょう!ヨーロッパや世界各国からサッカーファンがどっと押し寄せて来ると思うので、その時に少しでも経済を活性化しようとの意図があるようです。
ここはカトリックの国で、安息日に関する考え方が依然として根付いているので、未だ、日曜日にお店を空けることはまだまだ許されないようです。賛否両論あるとは思いますが・・・。まぁ、一日くらいは静かな日もあってもいいのかもしれませんね。

そんな訳で、やっと最近、夜になっても開いていえるお店がちらほら出てきました。
ある日、7時過ぎに通りを歩いていると、行きつけのドラッグストアーが開いていました。
「あっ、まだ開いてる!」
と嬉しくなって、用もないのについフラフラと・・・。お店をブラブラ見て、
「そういえばシャンプーがきれそうだな」
と思い、一つ購入して帰宅。なんだかんだ用事を済ませ、食事の支度などもして、
「あっ、さっきのシャンプーも片付けよう!」
と思って探したのですが、、、ない
「えっ!?」
どこを探してもないんです!
「あれ~っ!!!」
どうも、お金を払って、お釣りとレシートもらって、、、そのまんまお店を出ちゃったみたいなんです。そう言えば、かばんにしまった記憶がない・・・。こちらでは袋に入れてくれるとかもしてくれないから、お店の人も気づいていなかったと思います。
「仕方ない。明日、もう一回行って聞いてこよう・・・。」
次の日、一番でお店に行き事情を話し、前日とは担当の方は違ったのですが、なんとか信じてもらえて、購入したシャンプーは無事に戻ってきました。ホッ。
めでたし、めでたし(?)。慣れない時間に行くものじゃないですね(笑)!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


安らぎの瞬間
2008年01月17日 (木) | 編集 |
そんなに急いでどこへ行くの?
君はとても疲れてるように見えるよ

そんなに急いで何を探しているの?
まだそれは見つかっていないようだね

あんまり慌てて歩いていると
大切なものを見失ってしまうよ

ちょっと立ち止まってごらん

ほら、道端の可憐な花が
君に挨拶しているよ
ほら、木の枝で小鳥が
君のために歌っているよ

そよ風が優しく
君の頬をなでているね
太陽が暖かく
君の心を照らしているね

見渡せば
空を流れる白い雲
風に揺れる木々の葉
小川のせせらぎ

全てが光を映しキラキラ輝いている
全てが自らの命を謳歌している

時がゆっくりと流れていく

ずっと忘れていた
この安らぎ
この幸福感

ここは魂の故郷だろうか・・・

そして
ずっと君を見守ってきた
たくさんの瞳が
君にむかって微笑んでいる

両手を広げて
君を待っている
君を迎えている
やっと気が付いてくれたねって

だから
ほら、少しお休みなさい
温かい愛にたっぷり包まれて


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は比較的ぼーっとしている時間が多いような気がしますが(笑)、それでも意識して、一日の中で数分でいいから、心休まるゆったりとした時間を持つように心がけています。そうして、エネルギーをたっぷり補充して、また新しい気持ちで夢に向かって歩いていけたらいいなと思っています。私たちの周りには、たくさんの命の愛とエネルギーが溢れていますよね!

うちのみいちゃんの話し。
みいちゃんは白黒ネコです。うちの3匹姉妹の長女です。
いつも私がキッチンで料理をしているとやってきては、
①ごろりんちょ(おなかを見せて寝転がる事)して可愛い子ぶり、なでなでをおねだりする。
②私の足に前足を伸ばしてきて、だっこちゃんをおねだりする。お陰で私のストッキングは穴があき、スカートやズボンからは糸がピッと出てます。
③私の顔をジ~ッと見上げて、最初は念で、大好物の鰹節をおねだりする。それが通じない時は、「ワ、ワン」(この子は犬?)とないて、強硬手段に出る。
いつも私はお料理が中断されて困っていま~す(笑)!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
たらいまわし
2008年01月15日 (火) | 編集 |
今日は久しぶりにウィーンにも陽が射し、部屋も午後まで明るく、爽やかな一日となりました!うちのネコちゃんたちも陽だまりでぽかぽかお昼寝。平和な一風景です。

今月の初めの話なのですが、あることを解約しようと思い、あるお役所へ行きました。
「すいません、これをもう解約したいのですが・・・」
「あぁ、解約だったら、ここではなくて、あなたの区の区役所に行ってください。ここでは、休暇届けしか出せません」
と言われました。このお役所は、日本でいうと商工会議所のようなもので、ウィーン市内にいくつもその関係のビルがあります。

仕方ないので、また市電に乗って指定された区役所へ行き、そこでまた解約をお願いしたところ、そこでも「ここでは出来ない」、そしてなんと、今行ってきたばかりのお役所にもう一度行けと言われてしまいました
「そこからはここに来いと言われたし、もう一度行っても同じ事だから、電話で確認して下さい」
とお願いをしたところ、電話口の担当の方は、また違うビルに行けとの指示。
「はぁ~っ!」

またまた電車に乗り継ぎ指定のビルへ。ところが、そこでもまたできないって言うんです~!!!
「え~っ!じゃぁ、私は一体どうしたらいいんですか?どこで手続きできるんですか~!
と、ついつい声も大きめに・・・。
「申し訳ないけど、ここに行ってね」
と言われたところは、結局一番最初の所。
「ふ~っ!」
もう行くしかありませんでした。
普通だったら私も結構気が長いので大丈夫なんですが、この時マイナス3度の一番の冷え込み。それをたくさん歩かされてご機嫌ななめになってしまいました。ブ~

さて、その窓口に着くと、最初のおじさんではなく女性の方に変わっていたので、経過を説明し、何とかしてほしいとごちゃごちゃ話していたところに、先ほどのおじさんが通りかかりました。
「あれっ、あなたさっきも来てましたよね」
「そうです。あなたに言われたとおり行きましたが、出来ませんでした」
と伝えると、
「ちょっと待って」
と言って、他の仕事で時間がないのに、こちらまで出てきてくれて、丁寧に色々とお世話してくれました。私も単純なので、少しでも誠意が見えると嬉しくなってしまって、すぐに笑顔が戻ってきました
おじさんは、長い廊下の果てにある担当のお部屋まで私を連れて行って下さり、着くまでの間に説明していた私の希望を担当の方に丁寧に伝えて下さり、結局私の手続きが終るまで一緒にいて、最後は出口まで見送ってくれたのです!ヨーロッパのお役所の方としては、奇跡に近い行為!!!
あまりに嬉しかったので、
「ここの方たちはみんな親切ですね
と伝えると、
「あなたが、こちらのミスを親切に受け入れてくれたからですよ
と非常に優しいお答えが返ってきました。こんな言葉を聞くと私もすぐ、ジ~ン・・・。
おじさん、実は愛の人だったんですね~!
たらいまわしされ、誤解こそありましたが、ここの方たちの対応は、実は皆さんとっても優しかったんです!それに、この誤解のお陰で細かく面倒を見て頂けたので、払わなくてはいけなかった筈のお金も帳消しの手続きができました。

一時はどうなることかと思いましたが、終り良ければ全てよし。優しい方に出会えた日は心もポカポカの一日となりました

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
輝く心
2008年01月11日 (金) | 編集 |
君は悲しむ
自分は汚れてしまったのではないかと
君は嘆く
自分は醜くなってしまったのではないかと

無邪気に笑っていたあの頃
あれから何が起こったのだろう
どこから道に迷ってしまったのだろう

思い出してごらん
君の心はあんなに澄んでいた
君の心はあんなに輝いていた

それは生まれてくる前の
君自身の本当の心

君はちっとも汚れてなんかいない
君はちっとも醜くなんかない

君の本当の思いを
僕は知っているよ

どうしてこうなってしまったのか
全部知っているから
君がどんなに頑張ったか
全部知っているから

だからもういいんだ
もう一度本当の自分に戻ろうよ
真っ白い心の
あの頃の君に

もう大丈夫だよ
だってほら
あそこに光が見えている

君の輝きはこれっぽちも
損なわれていないから

君の美しさはこれっぽちも
失われていないから

だからこちらに来てごらん
僕に全てを委ねてごらん
しっかり受け止めてあげるから

君の人生に無駄なことなんて
何一つないんだ

全ては君のために与えられた
大いなる愛なんだ
大いなる計らいなんだ

君が大きく成長できるように
君が大きく羽ばたけるように

だから全てを魂の糧に変えて
もっと強く
もっと愛深く
もっと輝きを放って
僕と一緒に歩いていこう
この人生の旅路を


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、何かで苦しんで自分を責めている人がいたとしたら、、、自分の本当の心の輝きを取り戻してほしいなって思いました・・・。人生色々なことが起こるけれど、もしかしたら、それは神様が私達に下さった宝物かもしれない。自分の人生の課題、宿題、何か魂の糧になることを学ぶために。
苦しみや悲しみを乗り越えたとき、そこにはきっと、それ以前よりも数倍も輝きを放つ自分がいるに違いないって、そう信じています。私もその道を歩いている一人です。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
伝統か時の流れか・・・
2008年01月10日 (木) | 編集 |
少し前から、また無性に食べたい病が出てしまったので(笑)、主人が気を利かせて(!?)買い出しがてら、食べに連れて行ってくれました。今回はマックでした(笑)。
いつも私が頼むのは決まっていて、ハンバーガーローヤルTS(日本でも同じ名前かなぁ?)。日本ではモスバーガーが好きだったのですが、ウィーンにはありません。唯一、このハンバーガーローヤルTSは、トマトにマヨネーズソースがかかっていて、ちょっとだけモスの味がします。
こちらには、アメリカ系ファーストフードはマックしかありません。最近、やっと1軒だけケンタッキーができたようですが、行ったことはありません。ウィーンには「ウィーンの森」という名前の老舗の鶏料理専門のチェーン店がたくさんあるので、ケンタッキーもなかなか進出できないのかなと思っていたら、しっかり出店。
ウィーンのファーストフードと言ったら、屋台のフランクフルト、トルコ系ケバブ、老舗のサンドイッチなどでしょうか。

こちらは、コーヒーが有名で(私は全く飲めないのですが)、それに付随して素敵なカフェーハウスもたくさんあります。ハプスブルク家御用達だったDemel、ザッハートルテで有名なSacherとか、とにかく有名な伝統あるカフェが他にも目白押しです!
ケーキが美味しいカフェもたくさんあります。私のお気に入りはOberlaaというカフェなのですが、ここのカーディナルシュニッテ(枢機卿の一切れというような意味です)というケーキが大好きです!スポンジ部分とメレンゲ部分が交互に焼かれ、その中間にモカクリームがはさんであります。コーヒーは飲めませんが、このお味は最高!サクサク感とシットリ感が両方楽しめ、メレンゲがあるので軽い感じです!違うカフェではこのクリームがチョコやイチゴ、バニラだったりする所もあります。
ウィーンの人は本当にカフェーハウスが好きです。コーヒー1杯と新聞で何時間も暇をつぶす人あり、友人と議論を楽しむ人あり、私が素敵だなと思うのは、結構年配の方が家に篭らないで外に出ては、カフェや公園などに行って楽しくおしゃべりをして時間を過ごすことです。そんな場面を見ると、優雅に過ぎていく時の流れを感じます
ところが、ここウィーンにも、数年前にスターバックスが進出してきました。若い人の間では、それなりに流行っているようです。

古都ウィーンも、こうしてだんだんアメリカナイズされていくのかなぁ。それが良いことなのか悪いことなのか、、、私には分かりませんが・・・。時代は流れている、ということだけは確かです。

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

愛されている君へ贈る詩(うた)
2008年01月06日 (日) | 編集 |
君の笑顔ほど
素敵なものはないんだよ!

君の幸せほど
大切なものはないんだよ!

君の生命(いのち)ほど
尊いものはないんだよ!

この世でたった一人しかいない
かけがいのない君へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつも、私の詩や説明はぐだぐだ長いので、ちょっとすっきりしたのを書いてみたくなりました(笑)。これは、「光の粒たち」の続きみたいなものです。ミクロ編という感じかな?(笑)。前の詩ではマクロっぽい視点になってしまいましたが、これは、その光の一粒一粒に宛てたメッセージのようにしました。
どんなことがあっても、笑顔で幸せで大切な命を輝かせてほしい、という願いを込めて。そして、みんな一人一人が、世界でたった一つしかない自分の素晴らしさを見つけ、それを最大限に発揮できたら素敵だなと思いました。
一人残らず、愛されて、望まれて生を受けたと思っています。そして一人一人が幸せになることが、周りの人々の幸せにもきっとつながると信じています・・・。

ただ今、ヨーロッパは大寒波(主に南東の方)。ブルガリアやルーマニアではマイナス30度を記録したそうです!
ウィーンも昨日の朝の気温はマイナス5,6度。ブルブルッ。午後にちょっと出かけようかと思って温度計を再度見たら、ヤッター!2度も上がってる!マイナス3、5度!暖かいうちに(?)出かけちゃおうと思って外出。外に出た途端、顔がバキーンと固まりました(笑)!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
光の粒たち
2008年01月04日 (金) | 編集 |
無限に広がる深黒の宇宙に
燦然と輝く巨大な光が現れた

それは永遠の慈悲の象徴
それは永遠の叡智の象徴
そう、それは根源なる愛の化身

光の意識が愛を最大限に発揮させ
自らを無数の光に分散させた

無限に散らばった光の粒たち
その一粒一粒に
その数だけの個性が与えられた

もっと輝きを増して
再び我のもとに戻って来いと
個性ある光は解き放たれた
調和の美を目指して

みな同じように
愛されて
慈しまれて
誕生した

その一粒が私の心
その一粒があなたの心

どの光もキラキラと輝いている
それぞれの美しさを放っている
すべては無限に尊いもの

同じ理想へと向かって
共に歩む無数の個性の光
この命の愛を証明するために
再び一条の光となるために

そうであるならば
違うことを嘆くのでなく
共に高めあい
共に磨きあい
共に許しあって
愛と大調和を目指して歩もう!


私達はみんな一つだった
たった一つの根源なる光だった
たった一つの根源なる愛だった


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この詩の背景には皆さんとの出会いがあります。
年末に「出会いにありがとう」の記事を書きながら、この3ヶ月という短い期間で知り合えた皆さんのことを想い、喜びと感謝の思いが溢れてきました。そして、その時書いたように、皆さんそれぞれの個性の違い、その輝きが本当に素晴らしいと感じました。そんな温かい思いが沸いて来た時、私の中に、あるイメージが浮かんできました。

それは、真っ暗な宇宙で輝く大きな大きな光。そしてそれが分光し、散らばっていくような感覚。その一つ一つが私達の魂や心に宿る光であり、その個性は、一つの存在から分かれてきたものであるようなイメージです。

私達一人一人、顔も性格も考え方も違うけれど、心の奥深く入っていけば、どこかで繋がっていて、必ず共通のものが見つかるに違いない、と信じています。そして、それぞれのやり方で、それぞれの素晴らしい個性を生かし合いながら、最終的には、同じ大きな理想に向かって進んでいっているのではないかな、と。だから、お互いが違うことを嘆かないで、他の個性を尊重し、理解し、調和の世界を目指していくことも可能なんじゃないかなって・・・。

個性の違いは、お花畑に何種類もの花が美しく咲き誇っているようなイメージがあります。そして、バランスよく息を呑むような美しさを作っている。どの花も綺麗なんですよね!

こんなにたくさんの方たちと心を通わせることができたこと、仲良くしていただけたこと、本当に幸せに感じています

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
のんびりのお正月
2008年01月02日 (水) | 編集 |
今年は4年ぶりに自宅でお年取りでした!主人が、昨年まで4回続けて、大晦日の24時から開催される王宮での「皇帝舞踏会」での演奏に出演していたので、私もちょっと一緒にお邪魔させてもらっていました。今年は諸事情でお休みでしたが、この舞踏会はでもとっても素敵です

時計が24時を告げると、フランツ・ヨーゼフ皇帝と、ミュージカル「エリザベート」で有名な皇太子妃シシに変したペアが出てきて、数ヶ国語で新年のご挨拶。その後、「では舞踏会を始めましょう」との皇帝の命に、歌やバレエなどが次々と繰り広げられます。出演者の衣装は皇帝時代の素敵なもの。ワルツがかかれば、目一杯着飾ったお客様、紳士淑女たちは踊りだします。これは大晦日の観光行事でもあるので、芋の子を洗うようなすごい人!それでもみんなとっても楽しく幸せそうで、ウィーンでの年越しを心から楽しみます

11月から3月くらいにかけては、ウィーンは舞踏会シーズン。規模は大小様々ですが、毎日!必ずどこかで舞踏会が行われています。1番有名なのがオペラ舞踏会でしょうか。寒く暗い冬を楽しく乗り切るためのウィーン人の智慧なのかもしれません。人生をエンジョイするこつをよく知っているのでしょうね!古き良き時代の習慣がまだまだこの街には息づいています。
ワルツは、本当にウィーンならでは!音楽は確かに軽いのですが、そこに時々、胸がキュンとなるようなメロディーが出てきます。これはウィーン人のメンタリティーかなぁ。楽しく暮らす中にも、どこか人生の深み、哀愁が混じっているような・・・。う~ん、まぁそんなに哲学的でもないか!今日のニューイヤーコンサートも素敵でしたね!最後のドナウワルツの演奏の時に、客席でバレエが踊られました。あまりに素敵でうっとりしてしまった私です

話し変わって私達のお年取り。主人の帰宅が11時を過ぎていたので、食事も軽く、また、、、つくねのお鍋にしちゃいました!11時半頃から、爆竹や花火の騒音がすごくて、ネコは怖くて大騒ぎ!長女のみいちゃんは匍匐前進。次女のちいこは早走りであちこち駆けまくる。ところが、いつも一番シャイな末っ子ももちゃんは、何故かへ~っちゃらで、優雅に爪とぎなどする余裕。中々の大物です!

外の花火が綺麗だったので、部屋の電気を消し、ブラインドも開けて眺めていました。ちょっとロマンチック!時計が24時を打つと同時に、私達も赤ワインで乾杯し(不覚な妻はシャンペンを買い忘れた!)、新しい年をお祝いしました!外の華やかな花火と、テレビで流れるドナウワルツを聴きながら無事にウィーンでの新年を迎えることができました

ワルツを聞いた後は、この日の午後、ロックの大御所(クイーン、ティナ・ターナー、マドンナなど)のコンサートが放送されていたのを主人が録画してくれていたので、クイーンの分を見ました。あまりロックロックしたのは私も苦手ですが、素敵な曲もたくさんありますよね!彼らも愛に溢れた人たちだったのだな、と思います。

クイーンを観ているうちに、主人が突然「カシオペア」が聞きたくなったと言って、たなの奥のほうから古~いカセットテープ(!まだ存在している!)を出してきて聞き始めました。レミーマルタンを飲みながら、「青春が蘇った」と、楽しそうに聴いていました。たまにはこんな時間もいいな。いつしか私はソファーでうとうと・・・。なんだか久しぶりに我が家でのんびりできたお正月。こんな平和なほんわかした時間も大切にしたい・・・。

今年もいい年になりますように!

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。