音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与えられているもの・・
2007年10月27日 (土) | 編集 |
昨日、日曜日が初演のオペラ<スペードの女王>の最終リハーサルを観にオペラ座に行ってきました!
内容は、貴族の娘に恋をした貧しい若者が、お金がほしいが為に、彼女のおばあさんが知っているという、絶対に勝つ3枚のカードを聞き出すというような話です。その間、そのおばあさんが死んでしまったり、最後は主役の女性(リザ)も自殺をし、主役のヘルマンもその自殺を悲しみ死んでしまいます。
音楽は、最高に美しかったです!歌手の演奏も、本当に素晴らしかった!本来なら感動して帰るところなのですが、どうしでも内容にひっかかってしまって・・・。

最初は純粋な愛で始まったのに、途中からお金に目が眩んでしまうヘルマン。その変貌に苦しみ死んでしまうリザ。文学に何だかんだ言っても仕方ないのですが、もう少し知恵があれば・・、なんてつい思ってしまうのは私だけでしょうか?

昔であれば純愛物語に感動したことは間違いありません。でも、色々と人生を自分なりに勉強してきて(!?)、やはり、人間には幸福になる義務があると思っています。神様から頂いた大切な命、貴重な時間を、苦しみに負けて投げ出してしまうことのないように・・。どうしても耐えられない苦しみもあると思います。でも、ほんの少し時間に耐えれば、必ずまた太陽が射してくると信じます。 

世の中には悲しいことも数多くあると思います。苦しみ悲しみを経験しない方はいないと思います。でも、その悲しみを乗り越えた時、私たちの魂はより成長し、愛深き人間になることができるのだと思っています。
私たちは決して一人ではないし、目をこらしてよく見てみれば、多くの方の愛に支えられて生きている、生かされている自分を発見できるのではないでしょうか・・。その多くの方の愛、神様の愛を思いだせば、きっと悲しみを乗り越える勇気も湧いてきますよね!その愛に応えるためにも、より素晴らしい自分になっていきたいと心から思っています。

オペラの感想から話がとんでしまいましたが、自分に与えられているものに感謝し、周りの人々に感謝し、命を下さっている神様に感謝して生きて行きたいですね!

私たちも今後、音楽だけではなく、内容でも人を幸せにできるようなオペラを作っていきたいな、なんて夢も持っています!
それは、苦しみを否定するのではなくて、苦しみを乗り越えてより大きな喜びをつかむという意味でです。

明日は、12月の演奏会の顔合わせです!とっても楽しみです!
Angelの友人たちもまた詳しくご紹介いたしますね!

Megi


コメント
この記事へのコメント
こんにちわ^^

 素敵な文面に感動しました。ありがとうございます。
人には神様からすでにもらっている役割があります。
それに気付くか気付かないかで人生の大半は決まってきます。
 気付かない人は何故気が付かないか?それは自分が誰なのか自分を分かってないのかもしれません。自分が分からなければ他人の事も分からないと思います。だから自分勝手なわがままな人間になるのではないのかと思います。理解しようとしない、歩み寄らない、言葉を交わさない、心で付き合わない、魂と魂で物事を判断しない。。。これらを解決するのは愛しかありません。
 愛とは、心と心が受け入れ合いながら大きくなっていく物、自分ひとりではこの世も崇高な世界(次世)も生き抜くことはできない、愛なくしては、自分を気付かせる事は出来ない。感謝する事を大切にする人は優しさが身につき、思いやりが溢れて、人はそれに引き寄せられ幸せになるものです。自分が幸せになれば他人が自然と巻き込まれて幸せになっていくものだと思います。それが役割になるのですね。神様は皆がそうなれと思っています。神様は善も悪も受け入れて許します、今、この世に生を受け生きてる者は前世で色々経験した事を繰り返さないようにこの世で復習しながら魂をステージアップさせるための学びをしています。
 今していることはきっと過去にもしていることかもしれません、それに気が付けばいいことなんですね^^
 そして魂を磨く。それの繰り返しだと思います。

 僕も日々学び、今を生きてます。たまに寄り道もしてしまいますが、それも僕なんです^^;受け入れてますw

 ありがとういございます 感謝です!
2007/10/27(土) 16:55:19 | URL | kenchan #-[ 編集]
kenchanさん、またまた素晴らしいコメントありがとうございます
全て、仰るとおりです!この世で生きている自分の役割を見つけ、実り多い人生を歩んでいきたいと思います。
本当に、自分自身を知り、愛し、許すことができなければ、他の人のことも本当の意味で理解できないのでしょうね。自分の仏性、神性から、相手の仏性を見ていく努力をしたいと思います。そして、神様が私たち皆を無償の愛で包んで下さっているように、他の人を愛していけたら、と思っています。そんな自分を目指して私も修行中です!

Megi
2007/10/27(土) 18:20:20 | URL | Megi #-[ 編集]
私のブログにコメントをありがとうございました。

私もここを読んで、全く同感です。

苦しみを否定するのではなくて、苦しみを乗り越えてより大きな喜びをつかむという意味でです。
そんな素敵なオペラができたらいいですね。きっと感動するだろうな~v-22
大きな夢がありますね!夢は諦めない限り、叶います!
私も遠い日本から応援しています。

これからもよろしくお願いしますね^^
2007/10/31(水) 21:24:05 | URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集]
ふみごんさん!夢は諦めない限り、きっと叶う、その通りですね!私たちのアイデアに共感して下さる方がいるのは本当に嬉しいことです!世の中には本当に苦しいこともたくさんありますよね。それを無いものとしては生きていけないなら、この苦しみから何かを学んでいくしかないですよね。その過程はきっと大変で辛いと思うけれど、それを乗り越えた時、人間はきっとより大きな器となり、他の人の痛みの分かる愛深き人間になるのだと思います。本当にそんなオペラを作って、皆さんに少しでも生きる勇気や希望を持っていただくことができたら、と思っています!

ふみごんさんのブログで、松谷みよ子さんのお話も読ませていただきました。昔、<のんちゃん雲に乗る>(でしたっけ?)なんかを読んでた事を思い出しました。それはさておき、いじめはやはり昔からあったのですね。小さな子供がそんな苦しみに耐えなくてはいけないのは本当に可哀想。常識のある大人がしっかり守ってあげてほしいものです。子供たちがのびのび幸福に暮らしていけるようなそんな世の中になってほしい。大人が病んでいるから、それが子供たちにも伝染しているのかもしれませんね。まずは、個人個人が自分の過程を愛で溢れさせていく努力をしたらいいかもしれませんね。そうしたら、過程でのストレスから学校でいじめをしたりするような子供は減っていくかもしれない・・・。ふみごんさんにような優しいお母さんでこの世が一杯になりますように!!!!!

2007/11/01(木) 03:01:06 | URL | Megi #-[ 編集]
初めまして
Megi様お早うございます。

先日は御訪問及びコメントありがとうございました。

>どうしても耐えられない苦しみもあると思います。でも、ほんの少し時間に耐えれば、必ずまた太陽が射してくると信じます。

生きるとは、本当に大変な事だと思います。
だから、生きている人はそれぞれ凄いと思います。

苦しみは辛いが
乗り越えた先を信じて進む
未来は自分で描くもの
2007/11/09(金) 05:22:22 | URL | Lio Valente #YZ0P4Y7k[ 編集]
Lio Valente さん、コメントありがとうございました!
そう、生きているって、凄いことですよね!辛いこともあるけれど、それを乗り越えて、頑張ろうって思って、私たち生まれてきたのかもしれませんね。
<自分が変われば世界が変わる>って、本当に仰るとおりです!
また、そちらにもお邪魔いたしますね!今日の一言も一転語でした。ありがとうございます!
Megi
2007/11/09(金) 18:21:15 | URL | Megi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。