音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめから子供を守ろう!
2008年10月08日 (水) | 編集 |
ブログ友達のうにょごろーさんのところへご訪問したところ、とても大切なことについて書かれた記事に触れました。
「いじめ問題」についてです。
先日開かれた、「いじめから子供を守ろう!シンポジウムin広島」へ行かれたそうで、その時の内容を完結にまとめてくださっています。興味のある方は、是非、この記事を読まれてください。

oka.jpg


以下、一部、うにょごろーさんの記事の抜粋です。

「今のいじめはクラスで一人ターゲットを作り、その子が不登校になるまで徹底的にクラス全員で無視する(これだけでも自分の存在を否定されたようでそうとうキツい)、クラス全員で「雑巾、臭い」などの言葉を浴びせる(これももちろんその子が不登校になるまで続ける)など、昔とは全然レベルが違うそうです(ここまで書いてて、腹立たしくもあり、泣けてきたりもしました)。
実際、クラス全員に「雑巾、臭い」などと言われ続けて不登校になった子は、一日に何回もお風呂に行って自分の体をタワシで、血が出るほど擦っているそうです。」

うにょごろーさんも仰っていますが、「いじめは早期発見、早期解決が大事」だそうです。
彼女の知り合いの息子さんが小学校でいじめにあったときも、「いじまも」(このシンポジウムを開催している組織。私のリンクの上のほうにも貼ってあります)に電話で相談して動いたら、すぐに解決したらしいです。

私自身に子供はいませんし、日本にも住んでいないので、関係ないと言ってしまえばそれまでですが、でも、日本のいじめの現状については、多くの情報誌で読み、その悪質さに驚きを隠せません。
学校の中だから「いじめ」という言葉で済まされていますが、これが社会で起こったら、明らかに「犯罪」と呼べるものも多いそうです。
やはり、一人の大人として、子供たちが安心して暮せる社会を作るために、何かさせていただく義務があると思っています。
ですので、今日は、このうにょごろーさんの記事をご紹介させていただきますね。

ご意見は、それが反映されたほうがいいと思いますので、こうして、シンポジウムに参加したりと、活躍されているうにょごろーさんのほうにお願いいたします。

tenshi2s.jpg こんな風に、子供たちの明るい笑顔で世界中が溢れますように・・・。

(イラストは、ミッチョンさんのをお借りしました)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。