音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の架け橋
2009年02月21日 (土) | 編集 |
19日の木曜日に、無事にAngelWingsのコンサートが終わりました~!
いつも、何か催し物の後には放心状態になってしまうので(笑)、ご報告が遅れてしまいました。
今回のコンサートも大成功でした
正直なところ、お客様は、私たちが予想していたほどは入りませんでした。というのも、劇場側の方針で、今回初めて入場料をいただいたものにしたのです。そんなこともあってか、前回よりは人数は少なかったものの、来てくださったお客様は本当に喜んで下さいました♪

hanataba.jpg

今回のコンサートは、何か、次につながるためのものだったような感じです。
次のコンサートを5月に予定しているのですが、ある女性のお客様は、チラシができたら、150枚くらいほしいと・・・。なんと、宣伝してくださると言うのです!見ず知らずの方です。なんだか、もう「え~~~っ」って感じでしたが、そのお気持ちが本当に嬉しくって、思わず抱きついてしまいましたよ(笑)。

それから、この劇場の女性支配人の方も聴いてくださったのですが、その方も私たちのプログラムをすごく気に入ってくださり、まず、秋にもまたやってほしいと申し出をいただき、そして、彼女が持っているウィーン市郊外の劇場で夏に行われる催し物にも出演者として招待して下さいました!
「こんな素晴らしい企画をたくさんの人に聴かせられないのは本当に残念だから」というお言葉までいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回初参加のピアニストのAさんや、朗読をして下さったMさん、yukoさんの友人のEさんもとっても素敵な方たちで、このコンサートを本当に愛溢れるものにして下さいました。もちろん、Angelメンバーのyuko、Hiro、Nanakoも心のこもった温かい演奏をしてくれました。最後の「風の理想」では、鳥肌がたったと言ってくださった方もいたようで^^。そして、なんといっても、やはり朗読のテキストの内容の素晴らしさは、みなさんの心に沁みたことと思います♪
「愛」がテーマでしたが、これは永遠に追いかけていきたいテーマですね^^ 私自身が、演奏や朗読を聴きながら、涙~でした(笑)。音楽って、本当に心と心の架け橋ですね!

DSC_0096.jpg

コンサートが終わった後は、この劇場のビュッフェで、まだ残って下さった数人のお客様と一緒に楽しく歓談しました^^。みなさん気さくな方たちばかりで本当に素敵なひと時を過ごさせていただきました。

少し、今後の道が見えてきたような今回の演奏会でした。
これからも決して初心を忘れず、「多くの人に幸福になっていただきたい」という願いを叶えていきたいと思います。私たちできることはほんの小さなことですが、こうしてみんなで協力し、素晴らしい人たちの力も借りながら、多くの人の笑顔を夢見て進んでいきたいと思います♪
応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました!!!

そんなこんなで、考えることが増えてきたのと、来週から日本語が週2回になるので、とっても寂しいのですが、しばらくコメント欄は閉じさせていただきますね^^ コメントのお返事が遅れたり、片手間になってしまうのが嫌なので。新しい生活パターンに慣れてきたらまたお話ししてください^^。ここで皆さんと気持ちを通い合わせるのは私にとって心のオアシスなので♪
みなさんの所には遊びにいかせていただきますので、その時はよろしくお願いいたしますね^^

最後に、朗読テキストの抜粋を載せておきますね♪

祈りということを考えていく際に、どうしても無視しがたい観点があります。それは「大宇宙にエネルギーが偏満している」という考え方です。これを人間はともすれば忘れがちなのです。
たとえば、宇宙服を着た自分が、月の表面か何かに置き去りにされたような孤独感を持って、盛んに祈っている。まわりに、みずからを助けるものが何もない、そうした気持ちを抱いて盛んに祈っている。そういうことがよくあると思います。
しかし、現実はそうではありません。みなさんの目には見えないかもしれませんが、この大宇宙には、さまざまな叡智、さまざまな愛の光が満ち満ちています。大宇宙には愛のエネルギーが満ち溢れている、満ち満ちている、そういうことが言えるのです。この事実に気づいた時に、みなさんは、「自分はこんなに多くの味方に囲まれていたのか。こんなに多く、自分を成功させようとする思いが大宇宙に満ち満ちていたのか」ということに思いを致すようになってきます。


FC2ブログランキング

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログへ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。