音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の天使 夜の天使
2009年06月21日 (日) | 編集 |
明けの明星瞬いて
空に薄明かりが広がり始める。

穢れのない冷たい空気。
穢れのない人の心。

立ち込める静けさ。

まだみんな眠っている。
もうすぐ始まる躍動の時。

天使がそっとやってきて、
世界に愛をまきちらす。

今日もみんな幸せであれと。
今日もみんな優しくあれと。

そして光輝く時を祈る。


夜の帳(とばり)が降りてきて
空に一番星が光るとき
天使がそっとやってくる。

家路を急ぐ君を見つけて
優しく肩を包み込む。

今日も愛を与えることができたね。
今日も優しくすることができたね。
今日も許すことができたね。

そして
今日も多くの人の愛に包まれていた。
感謝の想いが溢れていた。

躍動する空気を
躍動する命を
再び聖なるものに。
祈りの時のように。

愛と光に包まれて
再び静けさがよみがえる。

君は自然とひざまずき
そして頭(こうべ)を垂れる。
報恩の瞬間。
至福の時。


君も会えるよ。
ほら、目を閉じて
心を澄ませてごらん。
僕はいつもここにいるよ。



*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。