音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安らぎの瞬間
2009年06月24日 (水) | 編集 |
そんなに急いでどこへ行くの?
君はとても疲れてるように見えるよ

そんなに急いで何を探しているの?
まだそれは見つかっていないようだね

あんまり慌てて歩いていると
大切なものを見失ってしまうよ

ちょっと立ち止まってごらん

ほら、道端の可憐な花が
君に挨拶しているよ
ほら、木の枝で小鳥が
君のために歌っているよ

そよ風が優しく
君の頬をなでているね
太陽が暖かく
君の心を照らしているね

見渡せば
空を流れる白い雲
風に揺れる木々の葉
小川のせせらぎ

全てが光を映しキラキラ輝いている
全てが自らの命を謳歌している

時がゆっくりと流れていく

ずっと忘れていた
この安らぎ
この幸福感

ここは魂の故郷だろうか・・・

そして
ずっと君を見守ってきた
たくさんの瞳が
君にむかって微笑んでいる

両手を広げて
君を待っている
君を迎えている
やっと気が付いてくれたねって

だから
ほら、少しお休みなさい
温かい愛にたっぷり包まれて


*今、日本に帰国中です。以前に書いた詩を予約投稿しています♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。