音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びの日
2009年12月24日 (木) | 編集 |
Merry Christmas!

どうぞ、楽しい素敵なクリスマスをお過ごしくださいね^^
この時期って、なんとなく「愛」について考えてしまいますよね~。
みんながいつもよりちょっぴり優しくなって、街には、いつもより一杯愛が溢れている季節。
うん、いい感じ♪

実は、11月の話になるのですが、私の大切なお友達が結婚式を挙げました。
この式は、1年以上も待ちに待ったものだったので、私も本当に嬉しく、感動と喜びの日となりました。

このお友達は、某アジアの国の方たちなのですが、ご主人のほうが国を逃れてこちらで暮していました。
奥様の方は自国にいて、彼女も一日も早くウィーンに来て一緒に暮すことを待ち焦がれていたのですが、ビザなしで外国に出ることが許されていない国だったのです。
そこで、「ドイツで行われるセミナーに参加する」という招待状をその責任者の方に書いてもらい、それでビザを発効してもらう予定だったのですが、結局、どんなに待っても許可は下りませんでした。
もう、フライトのチケットなども全て準備していたのに・・・。
彼女も、本当に落胆して電話口で泣いていた、とご主人から聞きました。
私にできることは何もありませんでしたが、とにかくメールで、「希望を失わないように!」と励ますことだけはさせていただきました。
その後結局、苦労して苦労して、やっと旅行ビザをなんとかして取り、この11月にやっとウィーンに来ることができたのです。
ここまでこぎつけるのに1年かかりました。

この方達は、夫婦ではあったのですが、国の複雑な事情により、こちらで発効された結婚証明書がどうしても必要だったので、来てすぐに、簡単な式を挙げました。
私は、奥様はメールでのコンタクトしかなく、始めてお会いしたのですが、なんだか、最初からとっても仲のいいお友達のように接してくれて、本当に嬉しく思いました♪
とっても美しい素敵な女性でしたよ^^
彼らも、やっとこの日を迎えることができたこと、心から嬉しかったようで、二人とも終始笑顔で、キラキラ輝いていました♪
数人のお友達もお祝いに駆けつけてきて下さり、質素ながらも、幸せと祝福に溢れた本当に素敵な喜びの日となりました^^
「結婚」ということの価値を改めて感じさせてもらえた貴重な体験でした。

RIMG0148.jpg

普段、パートナーが近くにいてくれますが、それは決して当然のことではないのかもしれませんね。
そばにいて、二人で一緒に何かができるって本当に価値のあることなのだと思いました。
喧嘩もするけど、そこにいてくれるってことは、心から感謝するべき奇跡なのかもしれません。

そして、彼ら二人の真摯で謙虚な姿勢からもたくさんのことを学びました。
確かに泣いたこともあったようですが、それでも、決して弱音を吐かず、何か起こっても、すぐに次の手を考え行動に移していました。
国、という大きな壁があったのですから、簡単なことではなかったと思います。
でも、いつも前向きで、不平不満や泣き言を彼らの口から聞いたことは一度もありませんでした。
「誰が悪い、彼が悪い」というような責任転嫁をするようなことも全くなく、とにかく自分達ができることを確実にやっていく。
そして、絶対に大変な状況だったと思いますが、ウィーンにいるご主人のほうは、いつ会っても笑顔を絶やさず、なんて言うんでしょう、こう、穏やかなんですよね。
平静心とでもいいましょうか・・・。
私なんて、自分でちょちょっと解決できそうな小さな問題でも深刻に悩んだり、愚痴をこぼしたりしてしまいそうですが、彼ら二人の態度から、「責任転嫁をせず、不平を言わず、自分でできることからまずは始める」という人生の教訓を教えてもらったような感じです。

そして、更に驚くべきは、自分達が大変な状況にあるのに、他の人に「愛を与える」ことができるんです!!!
丁度この頃、私も忙しくなってきて、することが結構出てきてしまっていたのですが、私が何を頼んだ訳でもないのに、彼のほうから、「僕はこれとこれをしてあげるから、君は無理をするな」と・・・
う~ん、嬉しいやらありがたいやらびっくりやら・・・。
だって、彼らのほうが、もっと大変なのにぃ!!!
こんな時にも人を思いやれる心。
愛ですね~!いや~、感動です!!!
この方たち、悟り高いです、ハイ、そう思います。
今も、よくお会いしていますが、苦労話や悲観的な話は一切しません。
まだ問題はあるのですが、それは事実報告だけで、考えていることは、「それをどうやって解決するか」ということだけです。
脱帽です!
この二人には、とにかく幸せになってもらいたいです!
でも、私が心配するまででもなく、きっとどんな時も幸せでいてくれているでしょう^^

また、「自由」についても色々と考えるいい機会でもありました。
普段何気なく享受している自由。
これも、当然ではないのですね。
私達の国には自由があります。
どこへでも自由に行けるし、何を言っても構わない。
でも、ちょっと目を外に向けてみると、言論の自由が統制されていたり、出入国が制限されていたりと、私達からみれば信じられないような規制がある国もたくさんあるのですよね。
私達の自由は、歴史の中で、やはり先人の方たちが勝ち取ってくれた貴重なもので、これも感謝するべきことなのだな、と思いました。
もちろん、私達の心の中はどんな時も100%自由ですけれど、行動に制限をかけられる所もあるのですから、そう考えると、せめて私達は、私達の自由を正しい方向で、他の人のためになるような形で使っていけたらいいな、と思いました。
ある本で読んだのですが、自由とは「自分が何をしたいか」という自由ではなく、「自分が何をさせていただけけるか」という自由である、というようなことが書いてありました。
う~ん、深いです。

愛に裏打ちされた自由って、なんかいいなぁ。
私も、せっかく与えられた自由を使って、何か創造的なことをしていけたらいいな~って思います。
よっし、また、来年も頑張るぞ~!

・・・って、最初のテーマからかなり話が反れましたが・・・、それに、また長い・・・。
また、ずっとこんな感じかしら(笑)。

皆さんにとって、今日が、愛でいっぱいの特別幸せな日になりますように~

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。