音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の理想
2007年11月29日 (木) | 編集 |
コンサートで歌われる曲の歌詞紹介第3弾!
今日は、Angel YukoとAngel Hiroのデュエットで、「風の理想(ねがい)」の巻。

これは、ギリシャ神話に登場する英雄ヘルメスと、美の女神アフロディーテの愛の物語!

ヘルメスは、エーゲ海に浮かぶクレタ島のシティアという町に豪族の王子として生まれました。ヘルメスは、武勇にたけ、芸術的センスにもめぐまれた素晴らしい青年に成長していきます。
一方、ロードス島のリンドスという町にアフロディーテという女性がいました。彼女はもともと王家の娘でしたが、ギリシャの内陸部から攻められ、このロードス島に幽閉されていました。

まれにみる美貌と美声、聡明さは有名で、評判を耳にしたヘルメスは、彼女を助けるため、船で、クレタ島からロードス島まで三日がかりで向かいます。

アフロディーテは、見も知らぬヘルメスに最初は不安を持ち、塔の上の窓をなかなか開けませんでした。そこでヘルメスは、その窓の下で、竪琴を弾き、愛の歌を歌ってはクレタ島に戻り、また2週間くらいあけてロードス島を訪れる、ということを半年ほど繰り返しました。

ある日、ヘルメスの情熱に打たれたアフロディーテは、やっと窓を開け、彼に助けを求めます。初めて顔を合わせた二人は、運命を感じ、一目でお互いに深い愛を感じます。

番兵に見つかり、大変な思いをしながらも、ヘルメスは無事にアフロディーテを救い出し、クレタ島に彼女を妻として向かえ、愛し合い、助け合いながら、クレタに島に大いなる発展をもたらしていきました。


お話の内容はだいたいこんな感じです
この年になっても、ロマンチックな壮大な愛の物語に胸がときめいてしまう私です!女性として、やっぱり憧れてしまいますよね!

では、「風の理想」の歌詞をどうぞ!
ギリシャの、美しいエーゲの紺碧の海を思い浮かべながら読んでみてくださいね!


(ヘルメス)
光る時代の彼方で微笑む
いちばん優しくまぶしい愛の記憶
無邪気な子供のように追いかけた
永遠の理想ヘルメス

(アフロディーテ)
たとえ、私が涙の色に染まっても
じっと見守る愛がある
風の扉を開いて見上げれば
あなたがそこにいる

(二人)
愛は風のように透き通る手で
美しい時を運ぶ

今、愛がよみがえり
風が駆け抜ける
希望の瞳が地に満ちる


(アフロディーテ)
深く透き通る空と時の彼方で
優しい風を送る翼
愛を与えたこの胸が熱いとき
あなたが そばにいる

(ヘルメス)
愛は風のように吹き渡り
限りない人を包む

(二人)
今、愛がめぐりあい
運命がまわる
私も希望の風になる



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
はい、思い浮かべて読みました。 私にはギリシャ人の親友がふたりいて、一度だけ実際に会ったんですよね。 この二人(いとこどうし)と、私ともう一人の日本人とで、エーゲ海の島に旅行しました。 それを思いだし、なつかしくなりました~ といってもここには出てこない島 = サントリーニ島ですが。 

Megiさんはヨーロッパにいらっしゃるから、いつでも旅行できますね。 エーゲ海関連なら、ちょっと遠いけど、サントリーニ島 おすすめですよ。

お話脱線してごめんなさい。 おかげでいい思い出がよみがえってきました。 どうも ありがとうございます! ギリシャ神話も素敵ですね。
2007/11/29(木) 23:29:05 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 編集]
ほわぁ~!
すごく素敵ですね!
美しいエーゲの紺碧の海! 
あこがれるっっ!!(人´∀`).☆.。.:*・゚
「風の理想(ねがい)」という 題名も素敵!
ラピ。も 希望の風に なるっす!

デュエット 実際に聞いてみたいな、、! 
感動でしょうねぇ!!(^^)!
2007/11/29(木) 23:44:18 | URL | ラピ。 #CV1bkt5U[ 編集]
大胆。
Megiさんこんにちは!

ヘルメス!
なんて大胆で無謀な奴(笑)
でもカッコイイですね~。

僕もロマンティックが止まりません(笑)
歌を聞いてみたくなりました^^
2007/11/30(金) 00:32:41 | URL | オールッチ #mQop/nM.[ 編集]
ラピ。さん!
素敵でしょう!
曲も滅茶苦茶綺麗なんです!この曲だけはクラシックじゃなくて、ちょっとポップ系で、和音の感じとかが、なんとも神秘的な感じで温かい感じを出してくれてます!

希望と愛の風になって、世界を吹き抜けていきましょうね!(笑)

Megi
2007/11/30(金) 05:36:55 | URL | Megi #-[ 編集]
オールッチさん!
オールッチさん!
思いっきりロマンチックに浸りましょう!
たまには、こんな壮大な愛の物語もちょっといいでしょっ?

ヘルメスとアフロディーテの物語は、本当に大胆でカッコイイんです!私の憧れ!

ラピ。さんのコメントにも書きましたが、曲も超カッコイイの。いつか、HPでUPできるといいのだけど・・・。

Megi

2007/11/30(金) 06:21:30 | URL | Megi #-[ 編集]
genfavbookさん!
genfavbookさん!もう、やだー。私はやっぱりgenfavbookさんとは大きなご縁を感じざるを得ません!だってね、私もギリシャの島で行ったことのある所は一つ。サントリーニ島だけなんです!!!!!
もしかして同じ頃に行ってたとか?80年代ではありませんよね???

蒼い海と白い建物、たくさんのネコちゃんたち。なんだかお伽の国に行ったようで、とってもロマンチックな気分に浸ってました!

Megi

...................................

今、そちらにお邪魔して、最新記事の「生まれる前から」にコメントして送ろうとしたのですけれど、多分こちらのPCの調子が悪くて、不正コメント扱いになってしまい、何度クリックしても送信できませんでした。
時差があるし、どうしても、今日お伝えしたかったので、ここで書かせて下さいね!

genfavbookさんのブログへのコメント!
これって、すごい真理ですよね!優しい言葉の中に、重みのある言葉が詰まっていて、感激しました!
私たちって、自由な世界から、自らの意思で、重い鎧をかぶりながらも、何か大切なことを学ぼうと、頑張って生まれてきて、生きているんですね!
そして私たちはず~っと存在するんですよね!

Megi
2007/11/30(金) 06:25:32 | URL | Megi #-[ 編集]
ロマンチック♪
はじめまして。
「風の理想」、とってもロマンチックですね!
エーゲ海に行きたいな、と思いつつ、
いけてないのですが、ますます行きたくなりました(^^)
ヨーロッパは大好きなので、近いうちに行きたいな!
2007/11/30(金) 08:01:51 | URL | dairu #-[ 編集]
ありがとうございます
サントリーニに行ったのは 92年の9月だったと思います。 そのイキサツは、記事にもしたことあるんですよ。 もし良かったら 以下を読んでくださるとうれしいです(もちろん 超:おひまな時にね)

http://genfavbook.blog91.fc2.com/blog-entry-185.html#more

http://genfavbook.blog91.fc2.com/blog-entry-186.html

それから! 詩のコメント送信できなかったとのこと。 すみません、こちらの不都合なのでしょうか? でも今 ここで読ませていただきました。

ありがたいコメントです。 うれしいです。 

それにしても共通点が多いですね。 ちがうことは、Megiさんはネコ派で 私はイヌ派ってことくらいかな?
2007/11/30(金) 12:27:59 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 編集]
NoTitle
ヘルメスとアフロディーテにこんなロマンチックなお話があったことも知りませんでしたが…
この詩がすごく素敵で、ため息が出ます。

>愛は風のように透き通る手で
美しい時を運ぶ

今、愛がよみがえり
風が駆け抜ける
希望の瞳が地に満ちる

どうしたらこんな美しい詩が書けるのでしょう…
すごいです。
しかも音楽と結びついているから、もっとすごいです。
ここまで素敵な詩が書けなくても、
もっと綺麗な言葉を使いたいな。。。
と、あらためて思いました。
2007/11/30(金) 20:02:15 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 編集]
NoTitle
こんばんは^--^
とってもロマンチックなお話ですね。。
幾つになっても、そんなときめく恋には感動を覚えます。^^
Megiさんもきっとロマンチックな可愛い方のような気がしますよ^m^
2007/11/30(金) 23:52:11 | URL | aya #EvmDRqhQ[ 編集]
genfavbookさん!
そうですか、92年だったのですね!私は80年代後半に行きました!

以前のブログも楽しく拝見させていただきましたよ!とっても懐かしかったなぁ。私はロバで山を登ったのですが、結構、お尻が痛くなっちゃって・・・。

ギリシャの島は是非また行ってみたいところですね!

Megi
2007/12/01(土) 04:23:03 | URL | Megi #-[ 編集]
dairuさん!
先程そちらにお邪魔して、メッセージを書かせていただきました。その後、PCの調子がよくなりました!

この物語は、お話も歌詞もとっても素敵でしょう!?
女の子は、いくつになっても、こんなロマンチックに憧れてしまいますよね!

こちらはウィーンですが、よろしかったらいつでもいらして下さいね!ご案内いたしますよ!

Megi
2007/12/01(土) 04:26:46 | URL | Megi #-[ 編集]
琴里さん!
この詩は本当に綺麗ですよね!
美しいポジティブな言葉ばかり並んでいて、私も、心が澄んでくるような想いです。

琴里さんの詩も、負けないくらい綺麗ですよ!いつも本当に、どこからこんな素敵な構想が湧いてくるのかと、感心しながら読ませていただいています!

Megi
2007/12/01(土) 04:30:25 | URL | Megi #-[ 編集]
ayaさん!
私も、もうx0代半ばですが、やはり、時々こんな物語を読むと、胸がときめいてしまいますよ!女性はいつまでも、そういうものかな、と思います・・・!

いつまでも感動を忘れない爽やかな人生を送っていきたいな、と思っています!

Megi
2007/12/01(土) 04:33:51 | URL | Megi #-[ 編集]
NoTitle
欲望や 結果を手に入れることばかりが先に立つと
こんな時間も手間もかかる愛の示し方は できませんね~
信念と忍耐があってこその ロマンチシズムですね♪
女性にとっては ヘルメスみたいな男性は理想ですね
最近の日本には 振られることを恐れて船を漕いできてくれない
男性が増えているようで
自称ロマンチストたびたまとしては 寂しい限りです(笑)
2007/12/01(土) 09:53:32 | URL | たびたま #MVJDkies[ 編集]
NoTitle
わ~!ロマンチック~!!!

女性はいくつになってもこんなロマンチックな世界に憧れますe-266

Megiさんもきっとかわいくて、ロマンチストなんですねv-483
2007/12/01(土) 16:37:29 | URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集]
たびたまさん!
確かに、こんな風に忍耐強く愛を示してくれる方はいないかもしれませんね。
でも、現代の日本、そして世界には、探せばきっと美しい愛の物語はきっとある、と信じています。いや、信じたい!(笑)
愛は、時を越えて永遠の真理であり、ロマンですよね。

どうしても、現実の生活に埋もれがちな毎日ですが、たまに、こんなお話を読んで、素敵な世界に思いを馳せています!(笑)

Megi
2007/12/01(土) 18:03:47 | URL | Megi #-[ 編集]
ふみごんさん!
私も時々、こうして空想の世界に入って、ロマンチックにひたっています!日常の平凡にどうしても流されてしまうので、たまには、必要かな、なんて・・・。

Megi
2007/12/01(土) 18:06:24 | URL | Megi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。