音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はまだ・・・。
2012年01月16日 (月) | 編集 |
ネコにお薬あげるのって、ネコにとっても、あげるほうにとってもかなりストレスですよね。
みいちゃんの病気を通して色んな方のブログなどを拝見して、皆さん苦労されてるんだなぁって、ホントに身に沁みました。
実は今、その苦労から解放されたかといえば、投薬はまだ続いていまして・・・。
ちいこもももちゃんも両方です。

まだみいちゃんが生きていた頃、11月に予防注射に行った時に二人とも血液検査を受けました。
えー、引っかかってました、二人とも。

ちいこは、腎臓のクレアチニンの値が1,6で、正常値ぎりぎりのところでした。
尿素窒素は全く問題ないのでそんなに心配はいらないようですが、「2ヶ月おきくらいに点滴を始めましょう」ということで、もう2回行きました。
腎臓サポートの薬をあげてますが、これはゴハンに混ぜればいいだけだし、味も美味しいみたいなので、まぁ問題なくあげられています。
RIMG0004.jpg
「なんか最近、ゴハンの味がちょっと変なんだけど・・・」

ももちゃんは、ちょっと肥満気味だったためか、肝臓の値を測る要素が3つともオーバーしていました。
アルブミン(肝臓で作られる蛋白質)
ALP(胆管(肝臓で作られた胆汁という消化液の通り道)に障害)
ALT(漏出性酵素、肝臓の細胞が破壊されつつある)

まぁ、でもほんの少しオーバーしているだけだったし、お薬で治療すれば値は落ち着くものだからということで、こちらももう5週間ほど投薬しています。
あと2週間くらいあげたら、もう一度検査に行きます。
治ってるといいけど・・・。
RIMG0041.jpg
2011年9月16日 「ももちゃん、太っ!」「しちれいね~」

ちいこも少しALPの値が悪かったので、ももちゃんと同じお薬を一日おきにあげています。
これは錠剤なので結構大変。
私がももちゃん、ちいこをつかまえて抱っこして、主人がお口をあけて投薬してくれます。
飲み込むのが難しいので、最後シリンジを使ってお水で流し込みます。
これ一人だったらかなり大変です。
旦那さまがいてくれてよかった~。

でも昨日あたりからちょっと困ったっことが・・・。
いつも夕食の後にあげているのですが、ももちゃんが、、私が行くとベッドの下に隠れるんです。
今日もされました。
5週間も経って今さら、と思うとちょっと反応遅いよ~!という気もしますが(笑)。
なんとか大好きなチーズのおやつで出てきてもらいましたが、嫌がる態度を露骨に見せられると本当に辛くなってしまいます・・・。
あと2週間頑張ってあげて良くなって、お薬から解放されますように・・・
RIMG0031_01.jpg
2012年1月14日「ほら~、シマートになったでちょ~。もう、お薬ちゃよならよ~!」
主人がダイエット作戦をしてくれて、かなりスリムになりました~♪

あと、みいちゃん闘病中はみいちゃんにかかりっきりで、他の二人はちょっと後回しになってしまっていたのですが、みいちゃんをお見送りした後、他の子もナデナデしていたら、なんと、ちいこに出来物ができているではないですか!
首の後ろに3箇所と、右あごの下に1箇所。
もしや肥満細胞腫
病気に関しては色々調べていましたから、ドキドキしちゃいました。
こちらも一種の腫瘍で命に関わる病気なので。
そこで、すぐに病院で診てもらったところ、「あ~、大丈夫よ、ただのアレルギー、ほら、この値が高いでしょ」と教えられたのが、Eosinophile。
???
家に帰って調べると、どうやら好酸球というもので、症状としては好酸球性肉芽腫症候群というものらしいです。
白血球の中の好酸球が多くなり、それがアレルギーになるようです。
注射を1本打ってもらって2週間ほどで消えましたが、まだ1箇所残っているので次回また診てもらいます。
RIMG0042.jpg
「え~、また注射ぁ、嫌だ~、だいきらい~!ママ、噛んでやる~!」

ちいこ11歳、ももちゃん10歳。
元気そうに見えますが、お二人ともそれなりにお年になってきましたので、みいちゃんの時の失敗を繰り返さないためにも、きちんと対応していこうと思います。
みいちゃん、本当にありがと。
ちいことももちゃんも大感謝だよ♪
RIMG0064.jpg
「ねぇ、もも、あたしと遊ぼうよ~!」
「あたち、遠慮させていただきまち」

それにしても、ちいことももちゃんが、色んなところでちょこちょこ引っかかっているけど、みいちゃんの血液検査の結果を見ると、全て正常値。
本当に腎臓の値だけが悪かったのでした。
そう思うと、今更ながら悔しい。
ホント、悔しい・・・。

RIMG0022.jpg
「あたし、今はお空で元気で楽しくやってるからぁ。お友だちもたくさんいるんだよ♪」

コメント
この記事へのコメント
初めてハナに錠剤飲んでもらう時は、相当おっかなかったです~^^;
ハナって不快なことがあると容赦なく噛み付いてこられるお方でしたので、
お薬飲むのに口を開けた、その開けてる手を噛まれて穴が開くんじゃないかって、
本当に清水の舞台から飛び降りましたね、あの時の私の心は。
1度できると、あとは「ゴメンねゴメンね~」と言いながら飲み込んでもらえました。
でも、それもまだ元気な時ならいいんですけど、具合の悪い時の投薬は
本当に本当に辛かったです。でも、飲めばちょっとでも楽になるからって。。。
ももちゃん、ダイエットにも成功したことだし、お薬も終了できるといいですね^^*
2012/01/17(火) 22:24:34 | URL | アキ #VahZCtNg[ 編集]
アキさん!
ハナちゃん、噛み付きタイプですかぁ。
うちもちいこが正にそうです。
最初、つかまえて抱っこする時に相当やられます(笑)。
あげる時は主人と二人がかりなので大丈夫なんですが。

結局お薬ストレスからはまだ抜けられていませんが、ホント、先手先手でしっかり予防しておきたいので頑張ってます。
次の検診で、値が正常になっていることを祈っています。
でも、お薬終了した~い!
みんな元気にな~れ~♪
2012/01/18(水) 04:10:25 | URL | Megi #-[ 編集]
11月からお薬ですか。
猫ちゃんも、毎日毎日だと苦痛になるのでしょうね。
嫌がられてしまっても心を鬼にですね。
早く、薬や注射と縁が切れますように。
まりりんは、つぶしてヨーグルトに混ぜたり
ふかしイモの中に丸め込んだりして飲ませます。
2012/01/18(水) 16:07:07 | URL | maririnhaha #-[ 編集]
maririnhahaさん!
まりりんちゃんもお薬のんでるんですか?
投薬は本当に工夫が必要ですよね。

今あげてる錠剤はすごく苦いので、つぶして他のものに混ぜても駄目なんですよ・・・(涙)。
食べてくれせん。
なので、はい、心を鬼にして、パクッとお口をあげて放り込んでます。
パパがしてくれるので助かってます♪
2012/01/18(水) 18:30:00 | URL | Megi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。