音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまりを見ると・・。
2012年05月07日 (月) | 編集 |
今日は5回目のみいちゃんの日。
あの辛かった日からもう5ヶ月かぁ。

mimi7512.jpg

家中にみいちゃんの写真が飾ってあるので、なんとなくいつもみいちゃんと一緒だし、普段は意図して、「みいちゃんがいない」ということは意識しないようにしています。
一瞬でもそう思うと、本当に寂しくなるから。
だから普段の生活は本当に普通に楽しく幸せに暮らしていますが、今日はがっつりみいちゃんとの思い出に浸って、ちょっぴり泣いて、いっぱい色んなこと思い出しました。
この儀式(?)は、私にとってはとっても大切で、みいちゃんとまた深く繋がったような感じがします。
お香を焚いて、音楽をかけて、写真の前でみいちゃんと対話して・・・。

今更ながらずっと気になってたことがあって。
それは、具合が悪くなってから、みいちゃんは固くて冷たい場所を好んで寝ていたこと。
それまでは、暖房にひっついて、ふわふわのソファーの背もたれでしか寝ていなかったのに、急に好きな寝場所が変わってしまいました。

CIMG5122.jpg

これは、病んでいた部分が炎症して熱をもって、それを冷やしたかったのかなぁ・・なんて勝手に思っていますが、他のネコちゃんたちはどうなんだろう。
みいちゃんの闘病中は、色んな方のブログを拝見していましたが、1名の方のネコちゃんがやはり板の間で寝だしたという記事を読んだ記憶があります。
とにかく、寒くないのか、堅くて痛くないのかすごく心配でした。

そんなこんなで、私が寝ている所にみいちゃんを連れてきても、みいちゃんはすぐにいなくなってしまうので、私のほうがストーカーをして、1度は玄関の板の間に、1度はバスルームのタイルの上にタオルケットを敷いて寝ました。
さすがに体いたかったです(笑)。
でも、そうせずにはいられなかったんだよなぁ、あの時は・・・。

それから、最後のほうは、みいちゃんは暗い場所に行くようになったので、慌ててみいちゃんの後を追って電気をつけまくっていましたが、もしかしたら迷惑だったかもなぁ・・・。
あと気になるのは、玄関から外に出たがるようになったこと。
うちはアパートだし、前の廊下が長いので、とにかく好きなことをさせてあげようと思い、出たがったときは出してあげました。
もちろん私も一緒について行きました。
よく、ネコは飼い主に迷惑をかけないように死に場所を探す、と言われますが、みいちゃんもそうだったのかもしれません・・・。
ちょっとウルってしちゃいます。
結局最後は私が抱っこして戻ってきていました。
みいちゃん、何考えてたんだろうなぁ・・・。


最近、こちらも暖かくなり、ポカポカの気持ちの良い日が続いています。
ちいこ、ももちゃんもこんな↓感じです♪

RIMG0178.jpg

RIMG0114.jpg
もも「気持ちいいでちね~♪」

陽だまりを見るとやっぱりみいちゃんを思い出しちゃいます。
みいちゃん、外が大好き、お日様大好きだったから。
きっと今頃は一日中外に出て気持ちよくお昼寝してたんだろうなぁ・・・。
でもきっと今みいちゃんがいる世界はもっと気持ちがいいんだろうね^^

CIMG2123.jpg

楽しく幸せに暮らすんだよ~♪


コメント
この記事へのコメント
こんばんは(*^^*)

ミルクも床やタイルの上で寝ていました。
ある掲示板で見たのですが
冷たいところで寝るのは体力を消耗させない為とか…
「冬眠」みたいなものなのかもしれないですね。
私もMegiさんと同じように
追いかけたりしました。
何を考えていたのか…
言葉が喋れたら…と何度も思いましたね。

今頃は、とても暖かく優しい日差しの中で
ゆっくりと大きなアクビを一つして
Megiさん達を見守っているのでしょうね(*^^*)
2012/05/08(火) 02:13:39 | URL | 海月 #/eRHVPVk[ 編集]
海月さん!
貴重な情報をありがとうございました!
なんだかすごくホッとしました。
今更、という感じはありますが、みいちゃんの行動の理由が分かって嬉しいです。
そうですか、ミルクちゃんもそうだったんですね。
こちらとしては、とにかく冷えや寝心地の悪さを心配してしまいました。
でも、ミルクちゃんやみいちゃんにとっては、生きる智慧だったんですね。
本当にありがとう。
今は、お二人様とも、ポカポカの世界でのんびりお昼寝しているのかな^^
そう思うと安心しますね♪
2012/05/08(火) 06:24:25 | URL | Megi #-[ 編集]
かかりつけの獣医さんによると、海月さんもおっしゃっていますが、
野生の動物って、自分が弱っている時(具合悪いとか怪我してるとか)は
外敵に襲われないよう、敢えて、暗い所、湿っぽい所など居心地よくない所を選ぶんですって。
居心地よい場所はみんな好きだから^^;
で、そこで体力回復を待つんですけど、結局回復できないこともままあって、
そうすると想像力豊かな人間には、死期を見せないために・・・ってなるそうです^^;
確かに、初代愛猫モモは、もう動けないぐらいだったのに、最期の夜、
私が帰宅したら、自分で押入れ開けて押入れの中に入っていたのでビックリしました。
ただハナは、最期まで誰かのそばにいたかったみたいで、そういうことは一切なかったです。
獣医さんにも何度も「暗い所や冷たい所に行きたがりませんか?」って聞かれたけど。
むしろずっと誰かの側にいたがってたなあ。個体差なんでしょうね。ハナ、ヘンなの(笑)

Megiさんの浸る儀式、すっごくよく分かる~分かります。
私も時々、敢えて思い出してういってなることあるというか、そういう時間を持ってます。なぜか特に仕事中^^;
繋がっていたいんですよね。
辛くて悲しいけど、それが1番旅立ったコとのリアルな感情だから。
そっかーMegiさんもそうなんだなあ。きっとみんなそうなんだろうあな。家族だもん。
2012/05/10(木) 08:05:07 | URL | アキ #VahZCtNg[ 編集]
いろいろなことが思い出されますね。
猫ちゃんだけでなく
ワンコもそうですね。
前に飼っていたのがそうでした。
一緒に冷たい床に寝てでも
顔を眺めていたい、
それが親の気持ちなんですよね。
みいちゃんは、素敵な家族の中にいたのね。
2012/05/10(木) 15:27:44 | URL | maririnhaha #-[ 編集]
アキさん!
更に詳しい情報をありがとう~!!!
すっごく納得です。
そして、後手後手だけどみいちゃんの行動の理由が分かってなんだかほっとしました。
書いてみてよかった~。
うちのお医者さんは質問しても、「???」って感じだったから。
でも、改めて、みいちゃんやっぱり具合悪かったんだなぁ・・・。
ハナちゃんはずっと甘えん坊さんのままだったんだね^^
確かにネコだってそれぞれ性格あるから色々だよね~。
みいちゃんも、ハナちゃんみたいにずっと甘えててほしかったなぁ。

この儀式は必要ですよね。
時間が経つと、忘れたくないのに、やっぱり確実にだんだんと思い出は薄れていってしまいます。
それがとっても嫌で寂しいです。
みいちゃんが生きていた証というか、一緒に暮らしていたという事実をみいちゃんのためにも(と言いながら自分のためなのかもしれませんが・・)、残しておきたいんです。
普段の生活だと流されてしまうことが多いから、こうして時々思い出したい。
たとえ辛くてもね。
それが、みいちゃんと生きてきた証。
絶対に忘れない。
きっとみんなおんなじだよね。
多頭飼いしていたって、一人一人の子との思い出は全部特別だものね。
2012/05/11(金) 04:46:52 | URL | Megi #-[ 編集]
maririnhahaさん!
どんなに辛くても、思い出したいです。
みいちゃんの最後の頑張った姿をしっかりと胸に刻んでおきたいです。
本当に頑張ってくれて、本当に感謝でいっぱい。
ワンちゃんでもニャンでも、家族として一緒に暮らしてくれた可愛いペットに対する思いは同じですよね^^

床で寝たのは・・・、本当にみいちゃんと一緒にいたかった。
一人で寂しい思いをさせたくなかった。
もしかしたら、一人でいたくてそこに行ってたので余計なお世話だったのかもしれないけど、そうなんですよね、ずっとお顔をみていたかった。
頑張っている姿を目に焼き付けておきたかった。
色んな想いが溢れてきます。
気持ちを分かっていただけて本当に嬉しいです。
本当にありがとうございます。
マリリンちゃんもこんなに優しいお母さんを持って、世界一幸せですね^^
2012/05/11(金) 04:51:55 | URL | Megi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。