音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18年ぶりの再会
2007年12月18日 (火) | 編集 |
懐かしい人と再会しました。18年ぶりです!
ある素敵な女性Tちゃんなのですが、彼女とは、Tちゃんが高校生くらいのとき最後に会ったきりでした。その後、全くコンタクトがなかったのですが、この5月にめでたく結婚され、今回ご主人と一緒にウィーンに遊びにきたのです。

ここのご家族とは不思議なご縁があります。私の両親は小学校の先生をしていたのですが、Tちゃんのお母さんは私の父の教え子でした。彼女自身が、もう50代後半にもなろうというのに、いまだに、「高雄先生大好き」で、よく実家を訪ねてくれます。父にも母にも、そのような教え子がたくさんいて、当時の生徒がまだずっと慕って遊びに来てくれています。
父は不良先生(!?)だったようで、職員会議をさぼってはよく子供達を山だ、川だといって探検に連れて行っていました。そして会議が終わる頃、校門の影からこっそり帰ってきていたらしいのですが、子供達は、そんな冒険がとっても楽しい思い出になっていたようです。

Tちゃんのお母さんには私が赤ちゃんの頃から可愛がってもらい、一緒に遊んでもらったり動物園に連れて行ってもらったりしたそうです。そして私が物心つく頃には、このお母さんが素敵な恋愛をし、結婚。そして、このTちゃんが生まれた時も知っていますので、赤ちゃんの時からのお付き合いです。このご家族と、私の実家とのお付き合いは、なんと50年以上になります!

今回、Tちゃんには18年も間を開けて会うので、分かるだろうかと不安だったのですが、私の前に現れた彼女はお母さんが若い頃にそっくりで、いきなり時間が戻ったようでした!素敵な女性に変身していてびっくり。

ご主人も素敵な方。アートと、音楽をこよなく愛する方で、ウィーン滞在の2日間で、オペラを観、ウィーンフィルの定期演奏会を聴き、残りの時間はずっと美術館回りだったそうです。彼自身がご自分で画廊を持っていらっしゃるし、昔、高校オケのクラリネット奏者。そしてTちゃんは今、六本木ヒルズの美術館で働き、そして若い頃はずっとバイオリンを習っていた才女。ですからこの二人、とってもお似合いで素敵なんですよ~。気さくなところがまた魅力

主人のHiroさんも来てくれて、4人でお食事に。男性二人はお互いに始めてなのに話に花が咲き、それは楽しい時間を過ごしました。絵の話、音楽の話、どんなに話しても尽きないんです。お互いに、絵画、音楽のプロの話が聞けて、興味津々!私とTちゃんは、思い出話や近況報告。

お食事は、オペラ座の近くにある<バドワイザー>というウィーンレストランへ。えっ!って名前を知ってる方もたくさんいらっしゃいますよね。そう、あのビールのバドワイザーです。実はこのバドワイザーの本家本元はアメリカではないんです!さぁどこでしょう?・・・チェコなんですよ!そして、ウィーンではチェコの本物のバドワイザーが飲めます。私は味比べできるほどの舌はありませんが、やはり本場のバドワイザーのほうが格段美味しいようです。

話がそれてしまいましたが、ここではやはり名物のシュニッツェルを召し上がって頂き、オーストリアのワインやバドワイザーを楽しんで頂きました。私達も久しぶりにここに来たのですが、お味が更に良くなっていました!

この日の夜のオペラは、ワーグナーの<ヴァルキューレ>だったのですが、これ5時間もかかるオペラなので、彼らも、観たかったけれど、さすがに長すぎるわ、ということで止めたそうです。そこで私と主人の思いつき
実は昨年からオペラ座の中にCafeがオープンし、スクリーンでではありますが、その日の出し物をライブで流しているのです!そこでオペラ座Cafeにお誘いしたところ、是非に!ということだったので、早速直行!まだ9時半くらいだったので、最終幕のクライマックスがかかっていました。お茶とケーキをいただき、歓談しながら楽しくオペラ観劇。こういうのもなかなかおつなものです!最後は、舞台裏の片付けまで映し出され、珍しい映像に大喜びされていました。

話はまだまだ尽きなかったのですが、また来年、ザルツブルクの音楽祭で会いましょう!という夢のような約束をして別れました。

18年間のブランクもうそのようなひと時でした。
人と人のご縁は不思議なものです。人生を豊かにしてくれますね!
大切にしたい人生の一コマでした

Megi

FC2ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
この記事へのコメント
Megiさん 素晴らしいご両親のもとでお育ちになったのですね~
愛と優しさに溢れるMegiさんのお人柄には
暖かい故郷があったのですね(^ ^) 納得です!
Tちゃんさんとは きっと深~い 魂のご縁がおありになるのでしょうね
お話を伺っていて わたしも楽しい気持ちにさせていただきました☆
2007/12/18(火) 10:00:56 | URL | たびたま #MVJDkies[ 編集]
こんにちは。 この1つの記事で、盛りだくさんにいろんなことを教えていただきました。 18年ぶりですか。 よかったですねぇ! その方とは間違いなく、深い縁があるのですね。 そういう存在ってありがたいですね。 

 それから、Megiさんのお父様 素敵な方ですね。 それだけ教え子が慕ってくれる先生 なかなかいません。 正直なところ、私がオープンな子じゃなかったせいか、今でも慕える先生はいないです。 私のことなど、誰も覚えてないんじゃないですかね。 

 もうひとつ思ったのは、海外に住んでいると、日本から知人が来てくれると、とてもうれしいんですよね。 私は期間が短かったので、遊びに来たのは親兄弟だけでしたが、ひとり友達で客室乗務員をしてた子がいて、フライトでカナダに来た際、一緒に2日半ほど遊んでくれました~ お手当てでもらったお金で、回転寿司 ご馳走してもらったのを覚えてます。 私がもてなす側なのにね。

 とにかく、いろんなことを考えさせてくれた記事でした。 ありがとうございます! e-418
2007/12/18(火) 11:09:36 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 編集]
素敵な再開ですわね。
Megiさんといい、ご友人といい、
なんというグローバルな方々なのでしょうね♪

ウイーンをご夫婦で訪れるなんていう方々は、
本当に人生を謳歌していらっしゃると思いますわ。

それに、外国で懐かしい人に再会するなんて、
まるでドラマ1シーンの様で、お話しを伺っていて、
私までも、感動が伝わってきました。
2007/12/18(火) 16:25:40 | URL | napanapa #-[ 編集]
たびたまさん!
Tちゃんとは、彼女が子供(と言っても高校生ですが)の時にしか会っていないので、今回、大人の女性として会ってみて、なんだか似ているところがたくさんあったんです。性格とか雰囲気とか。一緒にいて非常に落ち着くので、何かご縁はあるのでしょうね!

両親は、素敵な先生でした!
娘の私が言うと、自慢話みたいに聞こえるかもしれませんが、よく、私もこんな先生に教わりたい!と思っていました(笑)。

Megi
2007/12/18(火) 17:49:29 | URL | Megi #-[ 編集]
シャイドリーマーさん!
私も恥かしが屋だったので、なかなか先生と仲良くなるなんてことはありませんでした。中学の時、音楽好きの私は、やはり音楽の若い女の先生が大好きで、色々お話をしたいなぁ・・と思いながら、とても勇気がなくって。
でも、他の子が、先生と腕組んで仲良くしているのを見ると羨ましくってね・・・。どうして自分はこんなに暗い性格!と悩んでいた時期もありました。今となっては懐かしい記憶です。

そう、こちらにいると、お客様を迎えるのはとっても嬉しいです!
住んでいると、なかなか観光名所にも行かなかったりするので、一緒に色んな所見れたりするので新発見があったりします。

2年前も両親がきたのですが、数年前に新しくオープンしていた2つの美術館を始めて回り、やっとウィーンの名所を見たのでした。(笑)
シャイドリーマーさんもどうぞいらしてね!e-266

Megi
2007/12/18(火) 17:56:11 | URL | Megi #-[ 編集]
napanapaさん!
そうなんです。このお二人は、本当にグローバルなご夫婦で、一年に6~7回海外に出ているそうです。ご主人が画商なので、彼が扱っている画家の方たちとの交渉や話し合いで、ヨーロッパ、アメリカなどに飛び回っているらしいです。その時は、仕事のほかに2~3日の休暇を交ぜるんだそうです。
今回も仕事はブダペスト、ウィーンは休暇でした。ウィーンだけは初めてだったそうで、美術、音楽好きのお二人はもう堪能しまくって帰られました。時間が足りない!と言いながら・・・。(笑)

マムさんのお嬢さんも、海外飛び回っておられるのでしょう?体力的には大変だと思いますが、世界を見ることができて本当に羨ましいです!!!

Megi
2007/12/18(火) 18:01:49 | URL | Megi #-[ 編集]
長い間会ってなかった人と会うのってどきどき。。。
でも会ってみると会話が弾んでしまうものですね^^*
megiさんのお父様みたいな先生だと
きっと子供たちも楽しいと思います。羨ましい♪
素敵な時間を過ごせて本当によかったですね。
良いお話ありがとうございました!
2007/12/18(火) 18:48:03 | URL | yuzu #-[ 編集]
18年間のブランクもあっという間に埋まり、しかも初めて会うご主人様たちもが打ち解けて、本当に楽しそうな様子が伝わってきました。
それぞれのお人柄もあるのでしょうね^^

それにしても、Megiさんのご両親、生徒達に好かれ、家まで遊びに来て、それがずっと続いているなんて、本当に理想の先生だったんですね。

探検に連れ出してくれる先生は私も大好きな先生でした。私の周りには自然もいっぱいあるので、比較的そういうことが多かったと思います。小学生ならともかく、高校になってまで連れ出してくださる生物の先生がいました。その先生、学校休んじゃってまで、西表島に探検に行き、その話をうれしそうに生徒達にしてくださったことを今も思い出します。
そういう先生は一生忘れませんね^^
2007/12/18(火) 19:30:19 | URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集]
yuzuさん!
そうなんです。実際に会う前は、どんな話をしようか、話題が持つかしら、ご主人はどんな方なんだろうか、って色々気になってました。
でも、案ずるより生むが安し。お二人ともとっても気さくで、興味があることも同じ、逆に時間が足りないくらいになってしまいました(笑)!
こんな時を大切な思い出としてしまっておきたいと思います!

Megi
2007/12/18(火) 19:55:17 | URL | Megi #-[ 編集]
ふみごんさん!
お陰さまでとっても楽しい時を過ごす事ができました!

ふみごんさんは、たくさん素敵な先生と出会ったのですね。子供時代の思い出は宝物。きっとその宝物をふみごんさんはいっぱい持っているのですね!

今の学校は分りませんが、きっと色々とうるさい決まりもあるのかもしれませんが、そういう型破り先生が少なくなってしまってちょっと寂しい気がします。私たち、いい時代に子供してたのかな。
今の子供も、勉強も大事だけど、楽しい忘れられない思い出をたくさん作ってほしいなと、心から願っています!v-354

Megi
2007/12/18(火) 19:59:28 | URL | Megi #-[ 編集]
18年ぶりの再会が、すばらしい一日だったようでよかったですね。
皆様仰ってますが、Megiさまのご両親も、そして、Megiさまも、素敵な方なんだろうなって、あらためて、思いました。
(これだけ慕われているし、そして今でも友情が続いていると言うことですから)
自分の場合はまだ古い友達でも、10年ぶりとかそういう人はいないですが…
もし、会う機会があったら、がっかりされることのないように、今のうちから自分自身を磨いていたいと思いました。
2007/12/18(火) 20:45:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 編集]
18年のブランクも感じないなんてステキですね。
読んでいて私まで楽しくなってしまいました!

音楽、絵画の話題にビール、ワイン・・・。
そしてオペラ。
Megiさんたちの笑い声が聞こえてくるようです。

そしてMegiさんのお父様は素晴らしい先生だったんですね!
我が家の天使の先生がまさにそんな先生です。
いまどきなかなかお目にかかれませんよね!

2007/12/18(火) 20:48:56 | URL | freedom #qOePTDDY[ 編集]
縁って不思議ですよね~(*^_^*)
Megiさん、素敵な再開をはたしたのですねぇ~♪
文章から楽しい雰囲気が伝わってきますー!
お父さんかっこいいなぁ。
そういう先生だったら私もまちがいなく好きになっちゃうわ!
冒険させてくれるなんて、今どきあまりいないですよね~。
そんなお父様なのだからMegiさんも素敵な女性なのですね♪

バドワイザーびっくり!
アメリカだと思ってたーーー!((+_+))
チェコ?う~ん、まったく想定外ですね。。。
チェコの空気の中で味わったら一番おいしんだろうなぁ~!
2007/12/18(火) 22:13:31 | URL | dairu #-[ 編集]
琴里さん!
ありがとうございます!素敵な一日でした!
両親は二人とも、教師として立派な方たちだったととても尊敬しています。父も母も、子供の事を第一に考える素敵な先生でした。
休みの日は生徒はうちに遊びに来たりして、一人っ子の私は、いつもとても楽しいときを経験できたのです。

琴里さんのお友達は、きっと久しぶりに琴里さんに会ったら、とても強く成長されている姿にきっとびっくりされることではないかと私は想像していますよ!
うん、きっとそう!!!

Megi
2007/12/18(火) 23:27:46 | URL | Megi #-[ 編集]
freedomさん!
本当に楽しいひと時でしたよ!
興味が共通で話が通じるというのは、これほど嬉しいことはありませんね!
ご主人のほうは初めてお会いしましたが、そんな感じはまったくしませんでした。不思議です。
天使ちゃんも素敵な先生に巡り会えたのですね!そんなラッキーなことはありませんよね!先生が全てではないけれど、でも先生によって、子供時代の思い出が影響されることも事実ですものね。
これからもたくさん、素敵な先生との出会いがあることを、心よりお祈りしています!

Megi
2007/12/18(火) 23:35:10 | URL | Megi #-[ 編集]
dairuさん!
私は昔っから父親っ子でした。父が大好きでいつもべったり。
私が言うのもなんですが、家の父が苦手って言う人聞いたことないんです。母の友人も、「今日、高雄さんいる?」と聞いて、「いるよ」と返事がくれば、喜び勇んで遊びにくるんです。こんな父を持って、私は本当に幸せって、感じてます!(あっ、もちろん母も。忘れるな、って言われそう(笑)!)

バドワイザーは意外でしょ?そうチェコが発祥の地なんです。私も10年以上前にプラハに行った時に本場で飲みましたが、目茶苦茶美味しかったのを覚えています。その時は、チェコのワインも飲みましたが、ワインがこれがまた超美味しかった!チェコはお酒が安くて美味しい国!という思い出を持ち帰ってきた記憶があります。

今度是非、ヨーロッパで、本物バドワイザーお試しくださいね!

Megi

2007/12/18(火) 23:44:43 | URL | Megi #-[ 編集]
素敵な再会だったんですね。Megiさんのお父さん、、、うちの母の小学校の先生に似ています。いろんな話を聞いて、こんな先生、羨ましいなあって思っていました。

バドワイザーの本家がチェコだったとはびっくりデス。
そして、あたしは「シュニッツェル」に反応してしまいました。

のだめ最新刊で、出てくるのです!
のだめ、千秋とその友達がウイーンを旅するんですが、、、、
そのうちの1人が冬のウイーンの寒さに耐え切れず、、、
盛り上がっていろんな音楽縁の地を観光するみんなに向かって

「トルテ!シュニッツェル!ウイーンにはこんなに素敵なものがいっぱいあるのよ!カフェとかレストランとか、とにかく暖かいところに行きましょうよ」と激怒、、、(笑)みんな聞いてない、、、と言うくだりがあって(笑)
オタクですみません、、、。

ウイーンには、いつか行ってみたいです。
2007/12/19(水) 00:01:17 | URL | なつ #-[ 編集]
なつさん!
へ~、のだめさん達、ウィーンを旅するんですか?
「シュニッツェル」はウィーン一番の名物!とっても有名ですものね。
「トルテ!シュニッツェル!」というのは、のだめちゃんが言うのかしら???

それにしても冬に旅するなんて確かに寒いでしょうね(笑)!そりゃぁ早くカフェにでも入って、温かいウィーンナーコーヒーでも飲んだほうがいいかもね!

のだめさんたちは、ウィーンのどの辺を観光するのかしら。また、お話が進んだら教えてくださいね!

今ちらっと思い出したのですが、一度Yuko2さんにDVDを借りて、ドラマののだめを見たことがあります。その時、一番最初に出てきた国ってチェコじゃありませんでした?有名な指揮者か誰かがそこに住んでるとかいう設定で・・・???

ウイーンには、いつか是非いらして下さい!
ご案内しますよ!

Megi
2007/12/19(水) 02:59:54 | URL | Megi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。