音楽の愛と光が人々に幸福をもたらしてくれることを祈って
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛で・・・。
2012年06月23日 (土) | 編集 |
火曜日はこの方↓、病院に行ってきました。
C360_2012-06-15-21-57-47.jpg

2ヶ月おきの輸液が一つと、それと、一時良くなったお腹のハゲがまた進んでしまったもので・・・。
最初はお腹の真ん中辺りが、少し薄~くなっていただけだったし、以前に、注射で治療してもらったところ少し回復したので安心していたのですが、知らず知らずのうちに範囲が広がってきてしまいました。

RIMG0031.jpg
本来、↓の写真のように真っ黒な綺麗な毛並みなんですが、↑の写真は、うすくグレーになってしまっています。
分かりにくいですが、手足の裏側も白くなっています。
CIMG4443.jpg

どうやら、アレルギー性の皮膚炎のようで、毛が自然に抜けている訳ではなく、皮膚が痒いので必要以上に舐めるために毛が薄くなってしまったようです。
病院の先生は、アレルギーの原因は餌ではないかと言っていました。

みいちゃんが食欲がない時に、なんとか何か食べられるものをと色々なものを試し、その時にあるメーカーの餌を結構食べたので今までのものからそちらに変えていました。
ちいこには引き続き今までのものをあげていましたが、みいちゃんがいなくなってしばらくすると、ちいこもそれをあまり食べなくなってきたので、みいちゃんにあげていたものに変えました。
そして、確かにハゲだしたのはその頃からかもしれません。
一応、お医者さんのアドバイスで、Rカナンのシニア用の餌に変えるように言われたのですぐに買いに行き、今はそれをあげています。
治まるといいんだけど・・・。
10日後に再検査です。

RIMG0035.jpg
病院に行くとやはり疲れるみたいで、バタンキューで寝ています。

RIMG0036.jpg
普段は鬼瓦な顔でも、やっぱり寝顔は可愛いです(^^)。
この3ヶ月で500g痩せたのもちょっと気になります。
また血液検査必要だなぁ。
可哀相だけど・・・。
ちいこガンバレよ~!!!

ちなみにこの方↓はいたって元気です♪
RIMG0009.jpg

益々元気に走り回り、程よく食べ、程よく遊び、毛並みも綺麗になってきているし、性格も積極的になってきました。
ももちゃんはウェットフードを全く食べないんですよ。
なんだろう、それって健康によかったりするんだろうか・・・。
う~ん・・・。


半年。
2012年06月07日 (木) | 編集 |
今日7日で、みいちゃんが旅立ってから丁度半年が過ぎました。
いつも通り、最後にずっとみいちゃんに聞かせていた静かな音楽をかけて、お香を焚いてお祈りをして・・・。
これが段々と儀式化してきました。
感想もいつもとほぼ同じ。
普段はもう全く普通に暮らしていますが、この儀式をすると、やっぱりみいちゃんのこといっぱい思い出して、切なくなってウルッとしちゃいます。

RIMG0062_01.jpg
こちらも恒例、ちいことお姉ちゃん。
みいちゃんのお花を選ぶ時、どうしてもピンク系に目がいってしまいます。
ピンクが似合う子なんですが、お鼻がほんのりピンクだからかなぁ。

RIMG0074.jpg
今日はとってもいいお天気だったので、きっとみいちゃんがいたら、こんな日は一日中お外に出ているだろうと、ちょっとベランダに出してあげてみました♪
たまにはマリーと^^

RIMG0080_02.jpg
みいちゃ~ん、お日様ポカポカで気持ちいいでしょう~^^

CIMG5422.jpg
2009年4月9日 11歳のお誕生日の日に

RIMG0096.jpg
直射がきつくなってきたので、みいちゃんとお花をお家に戻したら、この子が陣取ってました(笑)。

あ~、でもみいちゃんに会いたいよ~。
だっこしてナデナデしたいです。
どうしていないんだろう・・・。
みいちゃん、大好きだよ~!!!


え~~~っ!?
2012年05月24日 (木) | 編集 |
今日は、ちょっと怖~~~いお話し♪

日本語の授業で、書き取りの練習をしました。
集めたノートを見ると・・・。


①国のかいぞくに荷物を送ります。

②車がないので、電車で面白いどくろに行きました。

③家内はちかんがありますから、色々な勉強をしています。



わ~~~~~っ、なんだそれ~~~っ!
全部怖いったらありゃしない。

う~ん、そんなに私の発音が悪かったか・・・。

RIMG0039.jpg
みんにゃ~、正解は分かったかにゃぁ。

①国の家族
②面白いところ
③時間がある

でした~(^^)
それにしても、あ~、楽しい♪(←って喜んでる場合じゃないね^^)

永遠の子ネコちゃん♪
2012年05月10日 (木) | 編集 |
ちょっと遅れてしまいましたが・・・、
8日はももちゃんの11歳のお誕生日でした~!!!
ももちゃん、おめでとう~!

ももちゃんが我が家に来たいきさつは、 「8歳!」に書いてありますので、興味のある方は飛んでみてくださいね~^^
小さい時の可愛い写真が見れます♪

最近、ちいこのみならず、ももちゃんもかなりの甘えん坊さんになってきてしまいました^^;
可愛いので嬉しいんですが・・・、ちょっと困ったさんの時も。

ももちゃんは、猫草が大大だ~い好きなのですが、以前にちょっと私が千切って食べさせてあげたところ、それ以来、ネコ草の前に座って、「千切れ!食べさせろ!」と言います・・・
RIMG0004.jpg
「ママ、早くあたちに食べさせなちゃい!」

RIMG0003.jpg
「まだでちか?」
自分で食べる気配なし・・・

それから、みいちゃんがよくお風呂場でごろんりんちょしていたのですが、これを見事にももちゃんが引き継ぎました!
それはいいのですが・・・、ももちゃんは必ず、お尻すりすりをしろ!と言います
バスルームの大きな鏡の前で自分の支度をしていると、鏡になにやら、さ~っと走り抜ける生き物が映ります。
見ると、バスマットの上にももちゃんがスタンバイ・・・。
「あ~、ももちゃん、お尻すりすりねぇ・・・」
どんなに時間がなくても、ちょっとはしてあげないとお許し出ないので・・・。
RIMG0058.jpg
Megi「お嬢様、お加減は如何でございましょうか?」
もも「苦しゅうないでち」
(手より、足でされるほうが好きです)

RIMG0059.jpg
もも「でも、手を抜いたら痛い目に合わせまちからね~」ギロッ(睨)。
Megi「ははぁ~っ、かしこまりましたです~」(恐)

RIMG0061.jpg
「ウフフッ。ママを怖がらせてやったわ♪あたちって魔性の女ねぇ♪」

それから、これもみいちゃんの仕業(?)と思われる行為が。
みいちゃんは、お外に出るのが大好きだったので、よく、ベランダのドアの前で「出せ~!」と叫んでいました。
それを今はももちゃんが・・・
RIMG0130.jpg
「ママ~、早くここを開けなちゃい!あたちはお外に行きたいんでちゅっ!」

RIMG0076.jpg
「やっぱりお外は最高でしね。ラリラリ♪」

昼はいいんですが、夜も・・・。
RIMG0147.jpg
「ブ~、夜はあんまり出してくれないし~。ぐれてやるッ」

これも、みいちゃんがよく要求していたことでした。
みいちゃん、お空からももちゃんに指導してるの???

だって、ここはもうほぼももちゃんの特等席になってきました。
嬉しいんだけどね^^
RIMG0005.jpg
テレビ観賞中?

RIMG0042.jpg
「あたちのお得意ポーズ、スフィンクスじゅわりでし」

誕生日プレゼントは、購入したのは1ヶ月ほど前なんですが、充電式レーザーポインター。
ももちゃんは、とにかく遊ぶのが命。
なのに、すぐにおもちゃに飽きて・・・。
でも、レーザーポイントは今のところ息が長いです(笑)。
RIMG0098.jpg
狙い定めて~。

RIMG0100.jpg
捕まえたっ!
よくジャンプもします^^

遊んであげるほうも動かなくていいので楽です^^

もう11歳だけど、ももちゃんまだまだたくさん走り回って元気いっぱい!
表情といい、仕草といい、行動といい、もう本当に可愛くって、私にとっては永遠の子ネコちゃんです♪
ももちゃん、これからも、もっともっと元気で長く長く一緒に暮らそうね^^
103-0319_IMG.jpg
3ヶ月くらいのももちゃん

RIMG0026_02.jpg

今もとっても可愛いよ~♪
Love


百合の花が咲いたので・・・
2012年05月09日 (水) | 編集 |
アップしました♪

RIMG0027_01.jpg
7日には蕾だった百合が咲きました^^

RIMG0028_01.jpg
ネコと花♪


陽だまりを見ると・・。
2012年05月07日 (月) | 編集 |
今日は5回目のみいちゃんの日。
あの辛かった日からもう5ヶ月かぁ。

mimi7512.jpg

家中にみいちゃんの写真が飾ってあるので、なんとなくいつもみいちゃんと一緒だし、普段は意図して、「みいちゃんがいない」ということは意識しないようにしています。
一瞬でもそう思うと、本当に寂しくなるから。
だから普段の生活は本当に普通に楽しく幸せに暮らしていますが、今日はがっつりみいちゃんとの思い出に浸って、ちょっぴり泣いて、いっぱい色んなこと思い出しました。
この儀式(?)は、私にとってはとっても大切で、みいちゃんとまた深く繋がったような感じがします。
お香を焚いて、音楽をかけて、写真の前でみいちゃんと対話して・・・。

今更ながらずっと気になってたことがあって。
それは、具合が悪くなってから、みいちゃんは固くて冷たい場所を好んで寝ていたこと。
それまでは、暖房にひっついて、ふわふわのソファーの背もたれでしか寝ていなかったのに、急に好きな寝場所が変わってしまいました。

CIMG5122.jpg

これは、病んでいた部分が炎症して熱をもって、それを冷やしたかったのかなぁ・・なんて勝手に思っていますが、他のネコちゃんたちはどうなんだろう。
みいちゃんの闘病中は、色んな方のブログを拝見していましたが、1名の方のネコちゃんがやはり板の間で寝だしたという記事を読んだ記憶があります。
とにかく、寒くないのか、堅くて痛くないのかすごく心配でした。

そんなこんなで、私が寝ている所にみいちゃんを連れてきても、みいちゃんはすぐにいなくなってしまうので、私のほうがストーカーをして、1度は玄関の板の間に、1度はバスルームのタイルの上にタオルケットを敷いて寝ました。
さすがに体いたかったです(笑)。
でも、そうせずにはいられなかったんだよなぁ、あの時は・・・。

それから、最後のほうは、みいちゃんは暗い場所に行くようになったので、慌ててみいちゃんの後を追って電気をつけまくっていましたが、もしかしたら迷惑だったかもなぁ・・・。
あと気になるのは、玄関から外に出たがるようになったこと。
うちはアパートだし、前の廊下が長いので、とにかく好きなことをさせてあげようと思い、出たがったときは出してあげました。
もちろん私も一緒について行きました。
よく、ネコは飼い主に迷惑をかけないように死に場所を探す、と言われますが、みいちゃんもそうだったのかもしれません・・・。
ちょっとウルってしちゃいます。
結局最後は私が抱っこして戻ってきていました。
みいちゃん、何考えてたんだろうなぁ・・・。


最近、こちらも暖かくなり、ポカポカの気持ちの良い日が続いています。
ちいこ、ももちゃんもこんな↓感じです♪

RIMG0178.jpg

RIMG0114.jpg
もも「気持ちいいでちね~♪」

陽だまりを見るとやっぱりみいちゃんを思い出しちゃいます。
みいちゃん、外が大好き、お日様大好きだったから。
きっと今頃は一日中外に出て気持ちよくお昼寝してたんだろうなぁ・・・。
でもきっと今みいちゃんがいる世界はもっと気持ちがいいんだろうね^^

CIMG2123.jpg

楽しく幸せに暮らすんだよ~♪


夢。
2012年04月22日 (日) | 編集 |
明け方に夢。
[READ MORE...]
誰が一番大笑い?
2012年04月16日 (月) | 編集 |
CIMG4585.jpg
みいちゃん「二ャ~ッハッハッハ」

CIMG4477.jpg
ちいこ「ヒャ~ッハッハッハ」

CIMG4680.jpg
ももちゃん「キャ~ッハッハッハ」

みんなで大笑いしてハッピーになりましょう~^^
(ニャンたちのお顔はちょっと怖いけど(笑))

14歳のお誕生日
2012年04月09日 (月) | 編集 |
今日、4月9日は、みいちゃんの14歳のお誕生日です。
みいちゃん、14歳、心からおめでとう~。
RIMG0001_01.jpg
1998年7月 3ヶ月のみいちゃんが初めて我が家にやってきて、初めて撮った写真。
「フ~、長旅疲れたワン。これからこの家で幸せに生きるぞ~!」

*みいちゃんがうちにやって来たいきさつは、3年前お誕生日の日に書いた「11歳!」の記事に書いてあります。

去年の9月、最初の病院で腎不全の診断を受けた時は、先生が誤診していたこともあり、病気でも2~3年は生きられると言われたので、まさか、14歳のお誕生日を迎えられないとは夢にも思っていませんでした。
血液検査の結果を聞いた日は、私たちの結婚記念日で、主人と食事に行く予定にしていたのですが、みいちゃんが、腎不全であること、不治の病であることを聞いて、とてもお祝い事をしている気持ちにはなれず、食事もキャンセルし、結局、家でみいちゃんと一緒に過ごしました。
その後、やっぱり具合が良くないので別の病院に連れて行ってみたら、リンパ腫であることが判明し、非常に重い病気であることが分かったのです。

それでもみいちゃんは、しばらくの間元気でいてくれて、私は「一緒に14歳の誕生日を迎えたい」と一抹の希望をずっと抱いていました。
リンパ腫の検査の日、待合室で隣で楽しそうに話している人たちの横で、私は、キャリーの中でぐったり寝込んでいるみいちゃんを眺めながら、溢れてくる涙を抑えることが出来ませんでした。
なんだか、自分だけが別の世界にいるようでした。
翌日、エコー検査の診断書には、「腎臓に2,6cmの巨大な腫瘍あり。腸管や他の臓器にも転移している可能性あり」と書かれていました。
それを見たときのショックは今でも忘れられません。
大きすぎるので手術はもう不可能。
薬で化学治療をして、延命するしか治療方法はありませんでした。

RIMG0174.jpg
みいちゃんが最低1回は飲んだ薬やサプリメント

みいちゃんは一生懸命頑張ってくれて、病院で、よく先生にほめられました。
「毛並みがいいですね」
「吐いてないってすごいですね」(普通、リンパ腫だとよく吐くそうなのですが、みいちゃんは3ヶ月間に4回しか吐きませんでした)
「口臭もないですね」
「もう、この病院で治療を始めて2ヶ月以上経つけど、すごい元気ね」
「普通は、あとどれくらいって大体分かるんだけど、みいちゃんの場合は、何とも言えないわ」
「こんなに元気なのは、何か他にも治療しているの?」等々。

これは、本当にみいちゃんの不思議。
2,6センチの腫瘍といったら、単純に人間と比較すると26センチの腫瘍です。
そんなに重病の割には、最初は体重もキープしていたし、ベテランの先生たちがこんなに驚くほど症状が出ていなかったことになります。
みいちゃん、やっぱりすごいよ!!!

それでも11月に入り、体重が減りだしてからは段々と元気もなくなり、11月の中旬頃には、「一緒に年越せるんだろうか・・・」という不安が出てきていました。
せめて一緒に年を越したい、そして、2月の私のお誕生日を一緒にお祝いしたい、そして、14歳にさせてあげたい・・・。
こうして少しずつ長い目標を持って、みいちゃんの長生きを願っていました。

その後は、目に見えてみいちゃんは体力が落ち、元気もなくなり、お別れの日は近いのではないかという不安と悲しみに襲われていましたが、以前のブログの記事にも書いたように、全ての執着を離れ、全てを神様の手に委ねることができてからは、少し気持ちは楽になりました。
みいちゃんにはみいちゃんの猫生の計画があり、その計画通りに全てが進んでいくのだろうと思えたからです。
私は、そのみいちゃんの猫生に寄り添わせてもらって、私が出来る限りのことをさせてもらおうと思いました。

CIMG4950.jpg
「あっ、美味しそう・・・」

CIMG4953.jpg
「ガブッ!」
2009年2月14日

みいちゃんはお薬が嫌いだったので、最後は、味の優しい粉薬だけを、ペースト状の薬に混ぜ、私の指から舐めさせていました。
このペースト状の薬だけは好きだったようで、わざわざ体を乗り出して自分から舐めていました。
その姿は本当に可愛かったです。
左手でだっこし、右手で薬をあげていましたが、いつも、そのだっこした左手にみいちゃんの心臓があたり、その鼓動を感じ、「あ~、みいちゃん、生きてるんだ~」といちいち感動していたのを思い出します。
その鼓動は人間よりかなり速く、元気のいいものでした。
あまり速すぎて心配になったほどです。
でも、確実に命を刻んでいたんですよね。
命の尊さをずっと感じていました。
小さい体で本当によく頑張ってくれたと思うと、やっぱり感謝の想いが溢れてきます。

CIMG2121.jpg
2007年5月2日 お日様大好きのみいちゃん

そして12月に入り、体重3キロきったり、風邪をひかせてしまったりしてからは、本当に毎日、一日一生の思いでお世話させてもらいました。
12月6日に最後に病院に行き、7日にお空に帰りましたが、あの時の気持ちは今でも忘れません。
一昨日7日は4回目の月命日でしたが、いつもお花を飾り、あの日に流していた優しい瞑想音楽をかけ、お香を焚いてお祈りしています。
最後の夜のみいちゃんの辛さを思うと、まだ涙が出てきてしまいますが、きっと今は天国で元気に走り回っていると信じて、みいちゃんに心配かけないためにも、他の家族たちと元気に暮らそうと思います。

DSC_0015_01.jpg
2011年6月6日 幸せの一こま

みいちゃん、心の中ではずっとずっと一緒だよ。
みいちゃん、本当にありがとう。

わ~い♪
2012年04月03日 (火) | 編集 |
昨日、ちいこの血液検査があり、たった今、その結果を聞きました。

心配していた腎臓の数値も、甲状腺の数値もしっかり正常値の範囲内に!!!!!
わ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!
ホント嬉しい~。

お腹の毛もかなり生えてきました。
chi1.jpg

体重が3週間で200g減ったのは気になるけど、それでも4,9キロ。
ダイエット成功ということで。
えさの量をかなり減らしていたので。

それにしても、このちいこさん、最近異常な甘えようです。
正真正銘「お膝キャット」と化してしまいました。
今までも確かに甘えん坊ではあったけれど、今は、少しでも私のお膝が空いているとすかさずやってきて、スーピー気持ち良さそうに寝てしまいます。
もちろん、現在ただ今もお膝にいらっしゃいます(笑)。

こんな↓写真ばっかり増える・・・。
chi4.jpg
「ママ好き~。おひざふわふわだから~。気持ちいい~!」

chi5.jpg
「忍者クノイチ、立ち寝の術~!」

chi6.jpg
「ママさ~、ちゃんと仕事してる?仕事って、もちろんあたしのなでなでよね~。
はい、さぼらない、さぼらない」

起き上がって下ろそうとすると、その足でまた上がってくる・・・。
あの~、私、何にもできないんですけどぉ・・・。

まぁ、可愛いからいっかぁ~^^

でも、こんなに甘えるのも、やっぱりお姉ちゃん(みいちゃん)がいなくなって寂しいからなんだろうなぁ。
2匹でネコ団子でくっついて寝る、とかそんな仲良しの関係ではなっかたけど、ちいこにとっては、お姉ちゃんが傍にいるだけでよかったんだと思う。

chi7.jpg
「ん~、お姉ちゃん大好き~」

ちいこは生後4週間くらいで捨てられていたんですが、運よく、それを友人が見つけて拾ってきて、我が家にやってきました。
その頃、みいちゃんは2歳で、きっとママみたいに思ってたんだろうなぁ・・・。

私もちいこもまだまだみいちゃんの余韻を引きずってます・・・。

chi8.jpg
みいちゃん「ねぇママ~、ちいこちょっと甘えすぎ~。あたしは一人がいいのにぃ。ブー」
ちいこ「お姉ちゃんと一緒で嬉しいなぁ。ルンルン♪」

目撃っ!
2012年02月29日 (水) | 編集 |
2つ↓の記事で、ももちゃんがみいちゃんの特等席を使い出したと書きましたが、
その後、毎日目撃しています!
どうも昼間や、人がいる時はまだ遠慮しているようですが、ふと気づくとそこにいます。

2月21日
21021.jpg
「フア~、眠いでち~。ちょっとここで寝てみまち。」

21022.jpg
「あ~、お姉ちゃんたら、こんな寝心地いいところでずっと寝てたんでちねぇ・・・。」

2月22日
22022.jpg
おやっ、あそこに誰かが・・・。

22021.jpg
「この場所、あたちの特等席にしたいでしゅ。」

2月23日
23022.jpg
「ほら、あたちのサイズにぴったりだわ~。
スフィンクス姿もこれでばっちり♪」

2月24日
24021.jpg
あれ、また誰かいるぞ・・・。

24022.jpg
「この場所はあたちがお姉ちゃんから譲りうけたでちからね~。
もう誰にも渡ちまちぇん!」


こんな感じで、なんとなく毎日ももちゃん目撃です♪
でも、まだくつろぎタイムには出てきてくれなくて、夜中とか、リビングに誰もいなくなると
ひっそり一人で楽しんでるようです。
ももちゃん、早くいつも出てきてね~!!!


今日のおまけ。

黒子ちゃん(仮名)PC裏に続くもう一つの棲家発見!!!!!!!!!!

chiko.jpg
「フフフ、これで誰もあたしを見つけられまい・・・。
これぞクノイチ、必殺隠れ技!」

一番いい所に・・・。
2012年02月24日 (金) | 編集 |
ある知人の投稿です。

仕事で赤ちゃんの生まれた家に家庭訪問をするのですが、昨日訪問した家には黒猫がいました。
私が座ると寄ってきて、いきなり私の膝にのり、腕にもたれかかって眠ったかと思うと、起き上がって、私の顔をペロペロなめるのです。
飼い主も驚くほどのなつきよう、甘えようです。

「なんて、人なつっこい猫なんだろう~かわいい~(*^_^*)」と感激して、帰宅してからそのことを息子に話しました。

すると、息子が言うのです。
「おかあさん、その子は、去年死んだ黒猫のレオちゃんの生まれ変わりなんだよ!
だから、“ママ、ぼくだよ、ぼくなんだよ、大好きなママに会えてうれしいよ!”と言って、なめてくれてたんだよ」

あ~そうだったのか!!
レオの生まれ変わりちゃんだったのね。
レオが帰天したときは悲しかったけど、元気に生まれ変わってくれていて、うれしいよ。
本当にかわいい子。大好きだよ、レオちゃん。


これを読んで私は本当に嬉しくなりました♪
生まれ変わってくることは信じていましたから、す~っと受け入れることができました。
私が嬉しかったポイントは、ネコちゃんが飼い主さんを覚えていてくれたこと!!!
一緒に暮らした記憶は生まれ変わってきても残っていてくれるんですね^^
こんな朗報はありません♪

この方は非常に知的で愛に溢れた方です。
人のために素晴らしいお仕事をされていて、インドなどで女性のためにボランティア活動をされたり、ご自身の学問を深めるため、イギリスやオーストラリアなどで勉強を続けておられます。
ナインチンゲールを尊敬し、福祉活動を熱心にされています。
こういう素敵な方がおっしゃってるということと、お子さんがインスピレーション的に話していることで、一層の真実味を覚えました。
現在、彼女自身も黒い子ネコちゃんを飼われています^^

mimi4.jpg

みいちゃんもまたこんなチビッ子になって生まれてくるかなぁ・・・。
もしまた生まれてきたら、もちろんまたうちの子になってほしい。
みいちゃんて私の気持ちを全て理解してくれるような不思議な子でした。
どんなに嫌なことがあっても、家に帰ってみいちゃんの顔見てなでなですると、すぐに癒されて・・・。
イイ子だったなぁ、ホントに。
誰よりも誰よりも「みいちゃん」という存在を愛していました。
これだけは自負できます。
他のネコちゃんの飼い主さんのようにね^^

でも、一つだけ申し訳ないと思っていたことがありました。
それは。
みいちゃんはすごい自由な魂の持ち主で、お外が大好きだったんです。
うちに来る前が庭付きのお家にいたこともあったし。
でも家はアパート。

mimi1.jpg
小さい時は、時々こうしてお散歩はしてあげていたけれど、多分みいちゃんは自由に走り回ったり、探検したりしたかったと思う。

mimi2.jpg
こんな木登りしたりね♪

だから・・・
本当に本当にまた家に来て一緒に暮らしてほしいけど・・・
でも、もしももしも、高~い塀でしっかり守られたお庭付きのお家で、すごくすごくい~っぱい愛されて、自由に暮らせる環境が与えられるなら、そんなお家に飼われてほしいとも思う。
私もネコが本当に大好きだけど、他にもネコが大大だ~い好きでいっぱい愛情をかけて可愛がってくれる優しい人はたくさんいるから。
だから、そんな人で、みいちゃんの自由を謳歌させてくれる所があったらそんな所に生まれてほしいとも思う。
あっ、なんかちょっとウルってしちゃった・・・。
うちでも、よそでも、みいちゃんが一番幸せを感じる環境でまた素晴らしい猫生を送れますように・・・。

でも、外ネコさんはみいちゃんにはちょっと無理だからね。
お庭はOKだけど、あとは、おうちの中でいっぱいだっことなでなでしてもらえる所だよ。

そして、どこに生まれても、どうかどうか神様、またみいちゃんに会わせて下さいね。
心からお願いします

みいちゃん、今頃次の計画たててる?
今度はどんな衣装かな^^
また元気で幸せに生まれておいでね。
その時は必ずまた会おうね。

うちでもいいからね~!!!!!


同じ場所で・・・。
2012年02月20日 (月) | 編集 |
みいちゃんが好きだった同じ場所で、よく妹たちを見かけます。
RIMG0031.jpg  momo.jpg
ピアノの上や。


mimi2CIMG4367.jpg  RIMG0021_01.jpg
「このパスタ、絶対あたしのものだからね~!」   「ねぇ、なんでドッグフードばっか・・・?」
キッチンのテーブルの上や。


RIMG0096.jpg  choko.jpg
本棚の3階や。


DSC_0003.jpg  CIMG6231.jpg
棚の上の避難所や。


DSC_0014.jpg  RIMG0008.jpg
お風呂場のマットの上や。
他にも色々。

でも、みいちゃんが一番好きだった場所。
病気がひどくなるまで一日の大半を過ごしていた場所。
それは、ソファーの背もたれの上でした。
(病気が進んで体力がなくなってからは、ここにも上がれなくなってしまいました・・・。)

CIMG4076.jpg RIMG0090.jpg
「ごろニャ~ン」                     「何か文句ある?」

CIMG5179.jpg
「ほら、そこ~、ちゃんとこっち見て~っ!」


CIMG4747.jpg
すごいバラバラなスリーショット。

こんな感じでみいちゃんはいつもここにいて、私はみいちゃんをなでなでしながらテレビ見たり。
ここからよく走って私の所まで来てくれたり。
ここで寝ながらみいちゃんはよく、何もないのに一人で幸せそうにゴロゴロいっていました。
(関連記事「ハピ・カッチ~」もしよかったら読んで下さい♪)

ここは、私がいつも座るソファーでもあるんですが、みいちゃんがいなくなってから、この場所にだけはちいこも、ももちゃんも来ることはありませんでした。
なんだかここが空っぽだとすごく変な感じで寂しかったのですが、なんと今日!始めてここでももちゃんが座ってくつろいでいるではありませんか!!!!!

RIMG0019.jpg
「フフフ、ちゅわり心地いいでち」

わ~い♪
いいぞ、いいぞ~!
みいちゃんの跡を継いで、是非この場所の主になってくだされ~。
だって、ママ寂しいから、ねっ♪
ももちゃん、お願い

「ちょうでちゅね~。毎日いっぱいあちょんでくれるなら考えてあげてもいいでしゅよ」

父の愛
2012年02月16日 (木) | 編集 |
実は14日は私の誕生日でした。
特に記事にするつもりもなかったのですが、父から届いたカードがあまりにも嬉しかったのでやはりちょっと記録しておこうかと・・・。

父からは毎年手作りのカードが届くのですが、今年のものは格別に胸が篤くなりました。
こちらです↓。
vater card032
(思い切り名前がでていますが、年のところは隠しました(笑))。

このカードと、私が4歳くらいまでの写真を編集した8ページの冊子を受け取りました。
封筒を開けてこれが目に入ってきた時、ある種の衝撃を受けました。
「あ~、私、愛されて育ってきたんだな」って。
そして、本当に胸がじ~んとしてしまいました。

子供が成長するにつれ、家庭の中って多かれ少なかれ色んな事件が起こって問題が起きたりすると思います。
親に反抗したり抵抗したり、きっと誰でもが葛藤を作ってきたのではないでしょうか。

最近思うのですが、子供にとって(というか私にとっては)親というのは完璧な存在に見えるのではないでしょうか。
特に小さい時は。
それでも、親が悩んでいたり苦しんでいたりする姿を見たり、子供心に理不尽な思いを感じたりすることもあり、この矛盾をどう考えたらいいのか分からなくなることもありました。
でも、自分が大人になって親の年になって感じることは、「不完全な自分」。
親が完璧に見えていた年代になっても、まだまだ色んな悩みがあり問題を抱えていて、それでも一生懸命生きているということ。
だから当時、何か親に不満を感じたり、自分に対して理不尽なことをされたように感じたりしたこともあったけれど、両親は両親なりに手探りで一生懸命頑張っていたんだろうな。
そしてその中で、出来る限りの愛情を一生懸命注いできてくれたんだろうな。
そんなことを思いました。

そして、今年受け取ったカードを見て、本当に愛されて育てていただいたんだなって、すごく感じました。
私は子供がいないので、きっと本当の親の愛は理解しきれないかもしれないけど、本当に無償の深い愛に心から感謝を捧げたいと思います。

ありがとう。


ここからはネコちゃん♪

RIMG0013.jpg
ち「ねぇ、もも、そんな真剣に何してんの?あたしと遊ぼうよ!」

RIMG1115.jpg
も「し~っ、静かにしてくだしゃい。
あたちは今、相対性理論を使って、どうやったら光より早く走って、あの獲物を捕まえられるか研究中なんでちゅ」

RIMG0024.jpg
ち「ちぇ、つまんない。仕方ないからママのお膝で寝よ。Zzzzz」
相変わらず甘えん坊です。

先日また検査に行ってきました。
甲状腺機能亢進症も、白血球が少ないのも、肝臓の値がちょっと高いのも、そんなに問題はないでしょうと言われました。
バンザ~イ♪
あとはちいこの腎臓のために、食餌など気をつけていきたいと思います。
1ヶ月に1回点滴です。
ちいこ、大変だけど頑張ろうね!

同苦同悲
2012年02月09日 (木) | 編集 |
7日はみいちゃんの2回目の月命日でした。
こんな大事な日だったのに、私ったら・・・・・、ダウン!
6日の夜からひどい眩暈に襲われて、今朝まで寝込んでました。

一応、お花だけは主人に買ってきてもらって。
RIMG0014_01.jpg
私だとどうしてもピンク系を選んでしまうのですが、赤も綺麗♪

ずっとベッドに横になりながらみいちゃんのこと考えてました。
みいちゃんもこんなに辛かったのかなって。
・・・っていうか、みいちゃんはこの100倍も1000倍も苦しかったと思います。
私はただの眩暈でしたが、それだけでも、それなりに辛かったです。
1cmでも動こうものなら、もう船酔状態で、世界はグルングルン、なんか吐き気もするし・・・。
トイレに行くのも、壁伝いによろけながら決死の覚悟です。

みいちゃんは、最後の採血の時はほとんど血が出てきませんでした。
色んなところが苦しかったと思いますが、多かれ少なかれ貧血の症状もあったと思います。
だから、家に戻ってもキャリーからも出ずうずくまったままだったし、歩けばよろよろしてたし。
今回は、私なりにみいちゃんの苦しみの一端を経験させてもらった感じでした。

布団の中で、
あの最後の日、病院で出ない血を採られているみいちゃんの表情を思い出したり。
K先生に安楽死を宣告された時の気持ちを思い出したり。
家に戻ってからも元気のないみいちゃんの姿を思い出したり。
夜、私の横で大きないびきをかいてたみいちゃんを思い出したり。
最後、苦しそうに「エッ、エッ」てしてたみいちゃんを思い出したり・・・。

横になりながら色んなことが思い出されてまた涙がポロポロこぼれてきてしまいました。
みいちゃん、本当に一生懸命頑張ってたんだなぁって。
痛くて苦しかっただろうに、最後まで文句も言わずに頑張って生きてくれたんだなぁって。

みいちゃん、本当にありがとう。

みいちゃんに会いたい。
だっこしたい・・・。

いつもお姉ちゃんの傍で何気に参加するちいこさん
RIMG0007_01.jpg
「お姉ちゃんったら、まだ帰ってこないんだよ」

RIMG0010.jpg
もも「あっ、今日はお姉ちゃんの命日だからお花でしゅね~」
ちいこ「それなあに?」
もも「お姉ちゃんは、もうお空に帰って幸せに暮らしてるでちゅよ~」
ちいこ「でも、あたしはお姉ちゃんに甘えたいんだよ~!!!」

8日の日は満月だったようで、夜中に外を見てみたのですが、雲がかかって見えませんでした。
お別れの日の夜、みいちゃんを照らしてくれた満月はやっぱり特別だったんだ・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。